今年こそ冷えにさよなら!新年からトライできる【温活】にチャレンジしてみない?
LIFESTYLE
2019/01/25

今年こそ冷えにさよなら!新年からトライできる【温活】にチャレンジしてみない?

出典:www.instagram.com

体がいつも冷えていて風邪を引きやすい、血行不良でクマができやすい…などなど、冷えに悩まされている方が多いようです。今回は、きょうからすぐに始められる「温活」をご紹介。簡単なものでも毎日継続すれば着実に体の冷えが改善されますよ。

お気に入り追加

冷えは万病の元

夏の間もなんだか手足が冷たい、冬には必ず風邪を引いてしまう…といった方は多いのではないでしょうか。特に現代ではストレスや空調がきいた室内での長時間労働など、さまざまな要因で冷えに悩まされる方が増えています。この「冷え」は「万病の元」といわれており、改善することで新陳代謝をアップさせ、心身を温めていくことが重要視されています。

そこで今回は、忙しい現代に生きる私たちでも簡単に実践できる冷え改善方法をご紹介。冷えに悩んでいるけれどどう改善したら良いのかイマイチよくわからない方、必見です!

体が冷えているときに起こりがちなこと

体が冷えている状態だと、手足の冷えをはじめ、爪が白っぽくなる、トイレが近くなる、肌がくすんだりかさついてしまう…など、できれば遭遇したくない症状が徐々に現れはじめます。こうした現象がすでに現れていたら、あなたの体はもしかしたら冷え始めているのかもしれません。

冷え改善なら生活習慣をちょっと変えてみよう

冷え改善、と聞くとなんだか難しいことをしなくちゃいけないと感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。ですが、日々できることを着実に実践していけば冷えは徐々に改善がみられるように。筆者もこれまでの平熱が35度台でしたが、 一昨年から温活を始めて昨年にはついに36度台まで平熱を上げることができました。どんなことを実践すれば冷えを改善することができるのでしょうか?

1. なるべく常温のもの〜温かいものを食べる/飲む

夏場はアイスや冷たい飲み物を楽しみたい!…というところですが、冷えを改善させるなら、年間を通じてなるべく常温〜温かいものを体内に入れるようにしましょう。こうすることで内臓が冷えることを少なからず防止することができます。

体を温める食品を摂取するとベター

私たちが普段摂取する食品のなかには、体を内側から温めてくれるはたらきをもつ食品もあります。たとえば、にんじんやレンコン、ごぼう、山芋、ニンニク、生姜など、地中に育つ秋冬野菜に体を温める食材が多く存在します。これらを積極的に摂取するのもアリです。

2. 3つの「首」を温める

3つの首とは、「首」「手首」「足首」の3つ。基本的に衣類で暖をとり冷えを改善させるなら下半身がとても重要なのですが、それ以外に重要なのがこの3つの首。比較的露出しやすい3つの首は、風や外気が入り込みやすく冷えやすい場所。この3つの首を温めておくことで体の熱が奪われにくくなります。

首元ならマフラーやスヌード、ネックウォーマーを。

足首ならレッグウォーマー、

手首ならアームウォーマーを使うと◎。

3. 足の先端を温める

足元から冷えを感じる方も多いのではないでしょうか。足を温めることは冷えの改善にはあまり直結しないといわれていますが、足元が冷たい時の「冷えとり」は冷えの進行をストップさせることもできますよ。

1枚ソックスを履くのも良いのですが、おすすめは靴下の複数履き。1枚目は5本指ソックス(絹)、2枚目は5本指ソックス(綿)、3枚目は丸靴下(綿)…と、重ねばきしておくと手軽に足先をぬくぬくにできますよ♪締め付けをきつく感じる場合は、サイズや薄さが違うソックスを組み合わせてみてください。

靴下のほか、ルームシューズを併用するのもgood!

3. 適度なストレッチ・ウォーキングを

あまり筋肉を動かしていない状態(運動不足状態)も冷えを加速させる原因。少しでも良いので、空き時間に軽いストレッチやウォーキングをしてみましょう。ウォーキングといっても何キロも歩く必要はなく、最寄りのコンビニまで徒歩で行く、低層階へはエレベーターではなく階段で…など、ちょっとしたウォーキングでも毎日続ければ比較的無理なく続けられるはずです。筆者も、気が向いた時にラジオ体操をしてみたり、普段車でアクセスしていたところまで自転車を使ってみるなどして対策していました。

4. できるだけ入浴する

多忙な日々が続くとついついシャワーで済ませてしまいがちなバスタイム。手っ取り早く体を温めるならやはり入浴が一番です。おすすめの入り方は、40度以下のお湯に30分程度浸かる方法。この方法なら比較的体に負担がかかりにくいですよ。もし時間がない場合は、41度〜42度程度のお湯に15分浸かるのがgood。湯温が高い分入浴時間を減らすと体の負担を軽減させることができます。

入浴の際に、温浴効果をアップさせるバスソルトやバスボムをプラスするのもgood。お好きな香りに癒されて…

お風呂に入るのが難しい場合は足湯に切り替えてもOK。血行を改善させ、血液やリンパの流れを促進するので、冷え改善だけでなくむくみ対策にも効果的ですよ♪お好みの香りのアロマオイルを数滴垂らしてリラックスするのも良いですね。

5. カフェインの摂取量を減らす

リラックスタイムや仕事タイムに欠かせないコーヒーですが、あまり飲みすぎるとカフェインの作用によって体が冷えやすくなってしまいます。普段飲む量よりも少し少なめを心がけてみましょう。

ちょっとした心がけで冷えを撃退!

冷え改善におすすめの方法をご紹介してきました。日常でできるちょっとしたことを長期間継続することで体を常に温かい状態までもっていくことが可能です。今回ご紹介したポイントを全て実践するのが難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、普段の生活で取り入れられるものからトライしてみて継続してみてくださいね♪

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧