変わるなら今!マンネリメイクを卒業する大人のおしゃれメイク
2019/03/04
2570 VIEWS

変わるなら今!マンネリメイクを卒業する大人のおしゃれメイク

Photo by:www.instagram.com

流行りのファッションは押さえていてもメイクはアップデートしていない人は多いのではないでしょうか。ファンデの質感や眉毛の形、チークの入れ方などできるポイントから変えていくとガラッと旬顔に変身できます♪ファッションとメイクのチグハグを補修して大人のおしゃれメイクに挑戦しましょう♪

ファッションは流行を押さえてるけどメイクは…

今期のトレンドのアイテムは押さえたし、コーデもバッチリ!とファッション意識高めのあなた。ついつい安心してしまいがちですが、ちょっと鏡でメイクを見直す機会を作ってみてください。肌の質感や眉毛の書き方、リップの色、マイライナーの引き方など、もう何年も変えていないという人は多いのではないでしょうか?

自分に似合うメイクであるか、使いやすいか、肌に合うかなどは重要なポイントではありますが、それと同じくらい「今の自分」に似合っているメイクであるかも大切なことです。
アラサー以降の大人女子は、可愛さやあざとさ満点の女子力重視メイクを卒業して、大人のおしゃれ顔メイクに挑戦してみてはいかがでしょうか!

隠しすぎない素肌を感じさせるベースメイクが綺麗!

シミやニキビ跡など、隠したい部分があるからこそ気合いの入ってしまうベースメイク。ですが気合いが入れば入るほど厚塗りになり、不自然なほど隙のないメイクになってしまいます。
大人のメイクほど「素肌の綺麗な人」に見える透明感のあるベースメイクがおしゃれ。

コンプレックスに感じている人も多いそばかすは、チャームポイントになります。目元のクマも、がっつり隠してしまうと立体感が損なわれてしまうとも。大切にしたいのは素肌感、ツヤ、隠しすぎないことです。下地とファンデーションは薄く重ねて、コンシーラーはごく少量におさえて。また、仕上げのパウダーを顔全体につけてしまうとマットになりすぎるので、ツヤ感のあるパウダーを使いましょう。使う範囲は、Tゾーンと目元(アイメイクのヨレ防止のため)のみにすると、ツヤを残せます。

チークはまん丸可愛くよりブワッと滲み出るように

チークというと丸く入れる可愛いイメージや、頰に沿ってシャープに見せる使い方を思い浮かべる人が多いでしょう。ですが、それでは幼い印象になりすぎたり、逆に老け見えしてしまうこともあります。

まずは、黒目から下に降ろしたラインと小鼻と耳の上を繋いだラインが交わるところに、ブラシでササッと乗せます。そしてそれを、ほうれい線と涙袋にかからないように頬にぼかしていきます。また、スポンジに軽くつけたら、それを色を乗せたい部分にポンポンと軽く叩くようにして馴染ませていくのもおすすめの付け方です♪色は可愛いピンクや元気なオレンジよりも、馴染みの良いベージュやローズ系が浮きにくくて◎!

アイメイクは埋めるよりも抜け感を重視して

グラデーションにして目を大きく見せるアイシャドウや、目の印象をくっきりとさせるアイライナーはメイクの必須アイテムのように感じますが、実はそれが大人のメイクを古く見せたり、堅苦しくファッションとのちぐはぐを生んでいることもあります。

アイシャドウのグラデーションは別々の色で濃淡をつけるよりも、一つの色を2〜3回に分けてアイホール、目のキワなどに重ねると印象的なナチュラルアイメイクに仕上がります。また、たまにはくっきりアイライナーをやめて濃い色のアイシャドウをキワに引く、または潔くやめてみるのもおすすめです。その分、アイブロウを濃い目に仕上げたり、リップを濃いめの色にするなど、ポイントを他に移すと抜け感のあるおしゃれ顔に仕上がりますよ!

リップメイクは大胆カラーにも挑戦して

肌と目元で抜け感を出したら、全体を引き締めるためのリップメイクは時間をかけて!いつもヌードカラーや透明感のあるリップオイルなどで控えめにしているという人も、赤やオレンジ、ブラウンなどのパッと目を引くカラーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、年齢を重ねるほどに遠ざけてしまうピンクも怖がらず挑戦してみましょう!チークは肌馴染みの良いものがおすすめなので、リップまでヌードカラーにしてしまうと血行が悪く見え、くすんだ印象になります。ピンクベージュよりは思い切って青みピンクやコーラルピンクなど、明るい色を持ってくるとおしゃれに決まりますよ♡

番外編:大人女子なら香りでも手を抜かない!

道ですれ違った時やカフェで隣になった時、ふわっとさりげなく香る女性には、男女ともにキュンとしてしまいます♡メイクやファッションがおしゃれに決まったら、そこに良い香りをプラスして、さらに理想の大人の女性にランクアップさせましょう!お子さんがいる、また肌に直接アルコール類をつけると荒れやすいという人は、ヘアコロンやボディークリームを活用すると良いですよ♪

余裕という隙でおしゃれ顔にシフトしましょう♪

おしゃれなファッションで決めるとメイクにまで気合いが入ってしまいますが、そこでバッチリ隙をなくしてしまうと、老け見えしてしまう可能性があります。全てを埋めてしまうよりも、ちょっと隙間を開けておくことが、かえっておしゃれに見えるポイントです。はじめはメイクの引き算に勇気がいりますが、素を隠しすぎないことを意識して、隙のある大人メイクにシフトしてはいかがでしょうか♡

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

JOJO

EDITOR / JOJO

2児の男の子のママ。「ママだからこそ綺麗でいたい」をテーマに、リアルなママ目線で美容やファッション情報を発信していきます。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧