干物女と呼ばれたのは昔のハナシ★キレイめ女子も納得‼の、手軽で楽ちん《スウェット・コーデ》
COORDINATE
2019/03/14
1676 VIEWS

干物女と呼ばれたのは昔のハナシ★キレイめ女子も納得‼の、手軽で楽ちん《スウェット・コーデ》

Photo by:www.instagram.com

暦の上は春だけど、寒さも残り服選びにお嘆きの人も多いかと。今回はワンマイル・コーデでお馴染みのスウェットを特集します♥スウェット=「女子を捨てた感」だったのは昔のハナシ。誰でも必ず持ってるクローズで、手入れも簡単!今春は大人女子をより綺麗にする必殺アイテムになること間違いナシ☆★

王道#ロングタイトでお家ウェア一発逆転⁉

脱・部屋着を狙うなら、清楚な甘め淡色で決まり。やや腰にかかる丈を選べば、錯覚マジックで気になる腰回りもカバー!無地は印象が薄いので、オーバーサイズトップスにハイウエストを合わせれば、メリハリのある豊かな表情に。

柄物はIラインを死守すると大人顔に。こちらのコーデはヘルシーな印象に格上げしてくれるボーダーをチョイス。メッシーバンでこなれ感も忘れずに。

#ジョガーパンツでゆるっとアスレジャー☆

体育会なノリじゃ無く、ほんのりスポーティーな大人のリラックススタイル☆ゴリゴリ感を消す為に明るめエレガンスか大人シックなワントーンで決めましょう。

上半身はボリューミーに、ボトムはたくして履く等アレンジを効かせたこちらのコーデ。
足元は素足に白スニーカーを合わせ、重たさを払拭しています。重厚アウターやまだまだ出番の多いマフラーも、逆三角のフォルムで軽快な印象に♪

脱♥干物にはロゴや映え色#トレーナー

うららかな春はボリュームのあるスウェットに、ミモレ丈までの花柄やピンク系のプリーツスカートを合わせましょ♫スカートの量感と足首魅せで、トップスの重みを逃がしてあげて。上下の風合いが違うので、ベースカラーが同じだと決まり易い。スウェットはファンキーなロゴや一味違う袖コンシャスを選んでお家ウェア返上♥

キュートさも半端ない‼#ビッグフーディー

花冷えする季節は防寒も得意なフーディーが○。1枚でワンピとして、ミニのフレアスカートやショーパンを合わせれば美脚映え!フードの小顔効果も期待大です。寝巻感を無くす為に、ハリのあるしっかり素材を選びましょう。ロゴやパキッとした色で遊び心を盛り込み、男子のハートをくすぐって★

《干物女》を脱ぎ捨て格上の春へ繰り出そう‼

大味の手抜き感を覚えたスウェットも、コーデ次第でワンランク上の垢抜けスタイルに。《干物女》の呼び名を返上し、軽快な足取りで春の街へ繰り出しましょ♪♪

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

kmrin

EDITOR / kmrin

化粧品メーカーのMDを経験し、色彩のノウハウを勉強。ファッションや美容やライフスタイルで、可愛くなる情報を提案♡他の女子メディアでも執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧