ハンドクリームにもなるキャンドル?!スウェーデンのキャンドル"Klinta"(クリンタ)
ZAKKA
2019/03/26
492 VIEWS

ハンドクリームにもなるキャンドル?!スウェーデンのキャンドル"Klinta"(クリンタ)

Photo by:www.instagram.com

香り付きのキャンドルや音が鳴るキャンドルはありますが、実は「ハンドクリームとして使えるキャンドル」も実在すること、ご存知でしたか?スウェーデンのフレグランス/スキンケアブランド「クリンタ」のキャンドルなら、アロマも癒しも保湿もできるんです。

癒しのキャンドル、みなさん使っていますか?

古くから、キャンドルはあかりを灯すだけでなく、癒しのアイテムとして愛されてきたアイテム。おうちでのくつろぎタイムに使っている方も、多いのではないでしょうか。実は、最近「ハンドケアもできるキャンドル」が人気なんです。どんなキャンドルなのでしょうか??

スウェーデン発Klinta(クリンタ)のハンドケアキャンドル

最近、数多くのキャンドルのなかでもひときわ目を引いているのが、スウェーデンのフレグランス/スキンケアブランド・Klinta(クリンタ)の「マッサージキャンドル」。

オーガニックソイワックスなど、良質な原料を使ったキャンドルは、地球にもお肌にもやさしいキャンドルです。本国スウェーデンではエステサロンで使われているところも。キャンドル原料の96%が自然原料で作られているのも、エコ大国スウェーデンのキャンドルならでは…といったところでしょうか。

クリンタってどんなブランド?

そもそもクリンタはどのようなブランドなのでしょうか。クリンタは、スウェーデン南部のクリンタという街で生まれたLisaさんと彼女のパートナー・Simonさんによって立ち上げられたフレグランス/スキンケアブランド。環境や社会にやさしいものづくりを心がけているだけでなく、日常で贅沢と幸福を感じられることをモットーに商品企画を進めているのだそうです。

クリンタの香りは、すべて湖や木々、海など自然に影響を受けたものが揃っています。また、キャンドル成分は100%オーガニックのソイワックス(Eco Soya認証)を採用。お肌の調子を整えるビタミンEを豊富に含んでいるため、お肌に塗ることでスキンケア効果も期待できます。さらに、防腐剤などの添加物や動物原料を一切使用していないため、ベジタリアンの方や添加物に反応してしまう方も使いやすいのが魅力です。

まだ日本では馴染みがないブランドではありますが、実は今年の東京ビッグサイトでの見本市「モンタージュ」に出展していたブランド。現在ではオンラインショップでの扱いがメインですが、もしかしたら、日本国内の雑貨店やデパートで見かける日も近いかもしれませんね!

また、クリンタはキャンドルのほかリップクリームやハンドクリーム、ディフューザーなども人気。シンプルで使う人を選ばないパッケージや香りは、多くの人を魅了しています。

マッサージキャンドルはどう使えばいいの?

ここまで読んでくださった方で「キャンドルを肌に塗るってどういうこと?」「どう使うの?」と疑問に思った方も多いかと思います。ここからはクリンタのマッサージキャンドルの使い方をご紹介します♪

1. まずは、キャンドルに火をつけ、しばらく香りと灯りを楽しみましょう♪(10分程度)

2. ソイワックスとオイルが溶けてきたら、火を止め、1〜2分程度待ちます。

3. 少量を指に取り、乾燥が気になるところに伸ばします。お肌に浸透するよう軽くマッサージしてケア完了です♪(もしソイワックスとオイルがまだ熱いようだったらもう少し待ち時間を調整してみてください)

マッサージキャンドルは、ハンドケアだけでなく、ネイルケアにも使えます♪(顔には使えません)とてもよく伸びるソイワックスとオイルを使ったキャンドルなので、まずは少量を指にとってどれだけ伸びるかチェックしてみてください。お肌になじませたあとは、ソイワックスが薄くお肌に膜を張ってくれるので、香りもしばらく楽しめますよ。

クリンタのキャンドル、香りのラインナップは?

クリンタのキャンドルはスキンケア効果だけでなく、香りも高く評価されています。どんな香りがあるのかというと…

・バブル&ピンクグレープフルーツ…グレープフルーツとプラムの爽やかな香り。クリンタNo.1の香りなのだとか。

・レモンバーベナ&ジンジャー…仕事の合間にリフレッシュしたい時に恋しくなる香り。ぴりっとドライな香りに気分が引き締まります♪

・オレンジブロッサム&ラベンダー…フレッシュなオレンジとリラックス効果が高いラベンダーの香り。気分がほっとほぐれる香りです。

・サンダルウッド…お香を思わせる、オリエンタルでスパイシーな香り。甘さも感じられるエキゾチックな香りは、男性にも人気なのだそう。

・コットンフレッシュ…洗いたてのリネンを連想させる、爽やかで清潔感に満ちた香り。この香りに安心感を覚える方も多いかも。クリンタのベストセラーの香りでもあります。

・サクラ…私たち日本人が思い浮かべる桜の香りとは実はちょっと違う香り。ナシやリンゴなどのフルーティーな香りとシナモンやバニラなどの甘い香りをミックスさせた香りになっています。穏やかで心和らぐ香りに癒される方も多いようです。

他にも、国や地域によって日本にはない香りもあるそう。旅行先で見つけたら、ぜひ手にとってみてくださいね♪

癒し&スキンケア効果抜群♪クリンタのキャンドルを使ってみて

環境や社会、人にやさしいスウェーデンの自然派フレグランス/スキンケアブランド・Klinta(クリンタ)のマッサージキャンドルの魅力や、使い方をご紹介してきました。
ありそうでなかったアイデアと「人や環境、社会に優しい」という概念から生まれたキャンドルは、香りとあかりに癒されながらお肌を乾燥からいつでも守れる優秀なアイテム。キャンドル好きの方はもちろん、最近ちょっとお疲れ気味の方、ぜひクリンタのキャンドルを使ってみませんか?

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧