お酒ニガテでも美味しく飲めちゃう、お洒落カクテル「サングリア」をお家で作っちゃおう!
2019/04/05
432 VIEWS

お酒ニガテでも美味しく飲めちゃう、お洒落カクテル「サングリア」をお家で作っちゃおう!

Photo by:www.instagram.com

女性に人気のカクテルといえば、sangría(サングリア)。お酒が苦手な方でもジュース感覚で飲みやすく、フルーツたっぷりなので見た目も可愛いですよね。フルーツによって味も変わるので可能性は無限大!今回はそんなサングリアのレシピを紹介します♡

①ワイン選び

(今回は赤ワインで作るサングリアを紹介します)

赤ワインで作るサングリアにピッタリなワインは2種類あります。
1つ目はGarnacha(ガルナッチャもしくはGrenache『グルナッシュ』とも呼びます)。
スペインでとれるぶどうを使ったワインで、やわらかな舌触りが特徴です。ちょっとアルコール度数は高めで、肉厚な果実味と、まったりとした低めの酸味を感じることができます。

2つ目はワインでは定番のPinot Noir(ピノ ノワール)
他の赤ワインと比べると、淡い赤色をしたピノ。ピノの特徴はサクランボやベリーのように香りが柔らかく、味はちょっと酸味が強いですが、赤ワインのなかでは渋みの少ない、とても飲みやすいワインです。

Talk women01

サングリアにはこの渋み(タンニン)の少ないガルナッチャとピノ ルワールがおすすめです!

②トッピングするフルーツ

Talk women01

ここでサングリアの味が決まります!

まず絶対入れて欲しいのはオレンジとレモン!
オレンジの半分は、果汁を絞って入れます。もう半分は薄くスライスしてそのまま入れます。レモンの量はお好みで、絞って入れて下さい。

そしてここから季節や好みによってお好きなフルーツを足してください。
例えば暖かい季節なら、ストロベリーやピーチ。
寒い季節ならアップルやペアーなど。
ベリー系を入れると甘さが増して、ワインのアルコール感も減り、お酒が苦手な方はさらに飲みやすくなります。甘いのが苦手な方は柑橘系を入れてあげると、香りも味もさっぱりとしてくどくない味になりますよ。

Talk women01

お好みでシナモンスティック、ミントなどのハーブを入れても美味しいですよ!

③隠し味 その1

ワインにフルーツを足したところで完成!にもなりますが、本場スペインのサングリアにはちょっぴり隠し味に「ブランデー」が入ってます。量はほんの少しで大丈夫です。ブランデーを入れることにより、よりコクがでて香りもさらに増し、味にパンチを与えてくれます。

Talk women01

ブランデーが苦手な方は、クラブソーダを代わりに入れてあげてもいいですね!炭酸のシュワシュワがまたパンチを与えてくれます。

④隠し味 その2

フルーツを入れたあとに、もう少し甘みが欲しいかな?って時は「メープルシロップ」を入れてみてください。
これがまた美味しいんです!メープルシロップは香りももちろんいいですが、ハチミツや白砂糖などに比べて、水と混ざりやすく、飲んだ後にカップの底に砂糖がたまってるってことがありません。本当にスプーン1,2杯で十分です。香り、コク、甘さ、この3つが揃った魔法のお砂糖です。

いかがでしたか?

お花見やホームパーティーなど、暖かくなってくるとお酒を飲む機会も増えてきますよね。サングリアはフルーツたっぷりでビタミンも摂取でき、女子にはピッタリなお酒です。ぜひこの季節に作ってみてはいかがでしょうか?

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

melody

EDITOR / melody

日本では元美容部員。カナダ バンクーバーに移住して4年。カナダのビューティーカレッジでディプロマ取得後、ただ今新米主婦としてゆる~く美味しくヘルシーダイエットに日々奮闘中!スーパーフードマニアとしてヘルシーなライフスタイル情報を中心にお届けしていきます!

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧