空の上で、絶品グルメに舌つづみ♡「機内食」で選ぶ世界の航空会社《5選》
TRAVEL
2019/04/06
1541 VIEWS

空の上で、絶品グルメに舌つづみ♡「機内食」で選ぶ世界の航空会社《5選》

Photo by:www.instagram.com

飛行機での旅。席の位置や寝られるかどうかも気になりますが、一番気になるのはずばり「機内食」ではないでしょうか。今回は、味に定評がある航空会社をピックアップしてみました。機内食で旅の移動手段を決めてみるのも良いかも??

航空会社、せっかくなら美味で人気の会社を選んでみませんか?

みなさん、機内食といえば「そんなに美味しくないもの」と思っていませんか?最近は航空会社も多く、どの航空会社も機内食で他社との差別化をはかろうと必死。当分搭乗していない方は機内食のおいしさに驚くのではないかというほど、どの航空会社もかなり味やバリエーションに力を入れているんです。

では、ここからは美味しい機内食で評判の航空会社をご紹介。旅行先は決まったけどまだ航空会社は決まっていないという方、機内食に興味がある方はぜひチェックしてみてください♪日本発着便がある航空会社のエコノミークラス機内食を中心にご紹介します。

1. ターキッシュエアラインズ(トルコ)

まずご紹介したいのがトルコのターキッシュエアラインズ。世界三大料理に選ばれているトルコ料理の国だけあり、機内食も絶品!と人気。筆者もヨーロッパを訪れた際に搭乗しましたが、何から何まで美味しくいただけました!

トルコ航空の機内にはシェフも一緒に搭乗していることで有名。世界三大料理の1つとしてその文化を伝えるべく様々な機内食を用意しています。こちらは、トルコの街中でよく見かけるドネルケバブがメインです。トルコ料理は味付けも日本人に馴染み深いものが多くあり、初めての方でも召し上がりやすいはずです。

ターキッシュエアラインのサイトはこちらからどうぞ♪

2. シンガポール航空(シンガポール)

シンガポール航空は、何年も連続で人気エアラインランキングでトップ10入りするほど人気上位の航空会社。細やかなサービスや上質な座席など人気理由も多くありますが、その1つに機内食の美味しさがやはり挙げられます。

シンガポール航空では、機内食を作るにあたり、冷凍食品は一切使用せずに1日5万食も用意しているのだそうです。多民族国家のシンガポールは、ヒンディー食や洋食、アジア食、ベジタリアン食などジャンルがかなり豊富なことも影響しているのかもしれませんね。

ちなみに、それぞれのフードジャンル別に秘伝の味付けがあり、複雑なスパイスの配合も正確な分量で作らないといけないという厳しい基準も。全てはシンガポールの食文化を守るため。なぜシンガポール航空の機内食が美味しくて人気なのかが伺える背景ですね。

シンガポール航空のウェブサイトはこちら♪

3. エミレーツ航空(ドバイ)

中東の大人気エアラインといえばエミレーツ。多国籍クルーによるサービスやラグジュアリーな内装、バブリーすぎるファーストクラスなどなど、いつも話題に事欠きません。

機内食は世界各地で調達した新鮮な素材を使っており、ジャンルも出発地に応じて様々。ちなみに、写真の機内食はシンガポール発ドバイ行きのもの。出発地のマレー料理もとてもおいしそう!

筆者は東京成田ードバイ便を利用したことがありますが、アラブ料理も和食もどちらも美味しかったのをよく覚えています。和食に関してはドバイ出発便でいただきましたが、これまで利用した100便と比較して最高に美味しかったです。味付けも見た目も「日本で作ったの?」と思えたほどピカイチでした♪

エミレーツ航空のウェブサイトはこちら♪

4. タイ航空(タイ)

タイ航空は日本からも便数が多く比較的安く利用できることで人気のエアライン。リゾート旅行などで利用する方も多いのではないでしょうか。

タイ航空では和食や洋食もおいしいのですが、ぜひトライしていただきたいのが本場のタイ料理!機内からすでにタイ気分が味わえるグリーンカレーや、オイスターソース炒めが絶品。筆者はコペンハーゲンーバンコク便でグリーンカレーをいただきました。本格的な辛さで、少し肌寒い機内でもじんわり汗をかくほど。エスニックフード好きさんはもちろん、本場クオリティのタイフードで気分をあげたい方はぜひ利用してみてください!

タイ航空のウェブサイトはこちら♪

5. ルフトハンザ航空(ドイツ)

欧州のなかでももっともビッグな航空会社ともいわれている、ドイツのルフトハンザ航空。定時運航率が高いことで、航空ファンからの信頼度が高い会社なのですが、ビールと洋食がおいしい!と評判な航空会社でもあります。ビールがおいしいのはドイツならではですよね。

洋食のテイストや種類に定評があるルフトハンザですが、日本路線で導入されている和食も日本人乗客に人気なのだそうです。ちなみに、ビールだけでなくワインに合う機内食も多く、飲み物を選ぶのも楽しい!という声も。さらに、ギャレー(CAさんたちが配膳などをするエリア)に行くと、スイスの美味しいチョコレートやケーキなども置いてあるそう。ヨーロッパの美味しいスイーツも楽しめるのは嬉しいですね♪

ルフトハンザ航空のウェブサイトはこちら♪

出発地やローカルメニューを選びたい場合の伝え方

今回は機内食が美味しいと評判の外資系航空会社をピックアップしてきましたが、ここまでご紹介してきた中で「その航空会社の国のお料理や出発地のローカルメニューが食べたいな」と思った方もいらっしゃるかと思います。いつもCAさんが搭乗客に何が食べたいか尋ねる時は「ビーフオアチキン?」などメニューのメイン材料でしか尋ねないことが多いですよね。

そんなときは、

・Which one is ●●?(ウィッチ ワン イズ ●●?)「どちらが●●ですか?」(●●の部分に言語名を)

例)"Which one is Thai?" (どちらがタイ料理ですか?)

と聞いてみるとOKです。たとえば、●●がドイツ料理ならGerman(ジャーマン)、シンガポール料理ならSingaporean(シンガポーリアン)になります。利用前に少し勉強しておいても良いですね。これで、CAさんが"Beef one is Thai"(ビーフのものが●●料理ですよ)と、ローカル食の方を手渡してくれるはずです。

ただし、席が後方だった場合などはすでに選択肢がない場合もしばしばあります。そのときは復路のメニューに期待しておきましょう^^

美味しい空の旅を♪

美味しい機内食が楽しめると評判の航空会社をご紹介してきました。どれも和食・洋食・航空会社の本国メニューが美味しいと人気の会社ばかり。おいしい食事でもっと空の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧