タイムレスな美の哲学を感じて。世界一有名なインテリアデザイナー「イームズ」の家具たち
INTERIOR
2019/04/17
448 VIEWS

タイムレスな美の哲学を感じて。世界一有名なインテリアデザイナー「イームズ」の家具たち

Photo by:www.instagram.com

インテリアを語る上で外せない存在が「チャールズ&レイ・イームズ」。こんなところにも?と私たちが普段生活している中でもイームズが生み出したデザインはいたるところに存在しています。今回はそんなイームズについてご紹介していきます!

「イームズ」とは

イームズ(チャールズ・イームズ)はアメリカのデザイナー、建築家、映像作家。50年代から60年代のミッドセンチュリー時代の第一人者で、妻のレイ・イームズと共に20世紀の工業製品のデザインに大きな影響を与え、代表作「シェルチェア」をはじめ数々の名作を世に生み出しました。

イームズは映画化もされている!

有名なイームズは映画化もされています!ファッション関係者や建築関係者など、幅広く人気のある作品です。ふたりの制作風景や人間的な側面、当時の時代背景など楽しいだけでなく学びも得られ、インテリアに興味がある方は一見の価値アリの映画です!

イームズハウスはLAの有名な観光地に!

そんなイームズ夫妻のアトリエ兼自宅はロサンゼルスにあります。現在ではたくさんの方が訪れる観光地としても知られているとか。イームズがデザインした家の周りはユーカリの木が覆っていて、自宅の中にはイームズの生み出した名作家具がずらりと並んでいます!アメリカのミッドセンチュリー時代を代表する建築の一つです◎

時代を変えた名作「シェルチェア」

木が家具の主流だった時代に、イームズは軽量なファイバーグラスを使った椅子を生み出します。50年代に生まれた代表作「シェルチェア」は、人間の体に合わせて緩やかな局面で作られています。90年代に入ると日本でも人気が爆発し、現在ではインテリアの定番中の定番として親しまれています。

イームズを語る上で欠かせない「ハーマンミラー」

イームズは50年代にハーマンミラー社のオファーを受け、インテリア家具のデザインを行ってきました。ハーマンミラーが有名になったのも、イームズが有名になったのも、双方の関係性無くしてはあり得なかったと思います!現在では様々なメーカーがシェルチェアはじめイームズ製品を販売しておりますが、公式なイームズ製品は「ハーマンミラー」と「ヴィトラ」の2社となっております。

一人暮らしでも取り入れられるイームズ製品

シェルチェアよりも少し大きいサイズの「アームシェルチェア」。その名の通り、腕を置けるようになっているのと、体を包み込むような座面が特徴です!シンプルながら随所にこだわりの造形美が見られ、1つ置くだけでお部屋の雰囲気がガラリと変わります。シェルチェア同様に人気の高い一脚です。

洋服好きにオススメしたい、ハングイットオール。球体状の取っ手にはバッグやハット、コートなどがかけられるようになっています。無造作に使うのがオシャレ見えのコツ◎憧れの洋風インテリアにグッと近づくことができる、優れものアイテムです!

イームズが生み出したテキスタイルを用いたトレイ。ご飯やコーヒータイムに合わせたサイズ展開も嬉しいですね◎くつろぎのひと時をより特別なものに変えてくれるアイテムです!

高さが約25cmと低めに設定されているローテーブルの「ワイヤーベーステーブル」。
同じミッドセンチュリー時代を駆け抜けた「イサム・ノグチ」にもこのテーブルですき焼きを振る舞ったのだとか。組み合わせて大きなテーブルとして使うもよし、部屋の隅に置いて花瓶など飾るもよし、ベッドのサイドテーブルとしても大活躍。狭い一人暮らしのお部屋でも、場所を取らず使える利便性の高いテーブルです!

イームズが旅先から買ってきたお土産をベースに作られた、キュートな「ハウスバード」。家具と言うよりも、置いて楽しむアイテムです。スラリと細い足のデザインがなんともオシャレな雰囲気を醸し出します!TVボードのアクセントや、出窓に飾るだけでも、手軽にイームズのデザインを楽しめますね。

イームズを知れば、インテリアがもっと楽しくなる!

70年以上の時を経ても変わらない、優秀かつ美しいデザインはいかがでしたか?現在の私たちの生活でも馴染みの深いイームズのデザインは、50年代から現在に至るまで、幅広く愛されています。インテリアにもっとこだわりたいとお考えであれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

mu-min。

EDITOR / mu-min。

メンズファッションを中心に執筆しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧