狭くても大丈夫。ランドリーまわりをすっきりさせるアイデア集
2019/05/15
3598 VIEWS

狭くても大丈夫。ランドリーまわりをすっきりさせるアイデア集

Photo by:www.instagram.com

なにかと手狭なランドリースペース。片付きにくく、やきもきしている方も多いのではないでしょうか。今回は、狭めのランドリー空間をさらに広く使えるランドリー周りの収納術やアイデアをご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね!

なかなか片付かない…ランドリー

「ランドリー」の作業効率をあげるには空間の広さのほか、実用性があるかもあげられますが、日本の住宅事情を考えると、なかなか難しいことも多いかと思います。

物理的に狭くても、ものが多くても、すっきりと片付けることができれば、作業効率がもっと上がるはず。今回は、ランドリーエリアの空間をできる限り広く保ち、作業しやすい環境づくりのアイデアをご紹介します♪普段の家事をより効率化させちゃいましょう!

まずは不用品の選別・処分から!

まず考えたいのが、ランドリー周りの不用品の有無。家族の服の数に対してハンガーが多すぎたり、使っていない洗剤や古くなった洗濯ネットなど、もうさよならすべきアイテムがあるかどうかを一度点検しておきましょう。

バスタオルが多いならフェイスタオルの利用を検討

ランドリースペースと脱衣所が同じスペースにある場合、一番収納スペースを占めているものの一つに「バスタオル」があります。畳んで収納されることがほとんどかと思いますが、いくつも積み重ねると収納スペースは当然バスタオルでいっぱいに。

バスタオルによる収納スペースの減少を防止するのにおすすめなのが、フェイスタオルです。フェイスタオルなら、スリムで薄手なので収納スペースを独占しにくいですよ。ヘアに1枚、ボディに1枚使うと全身の水気を取ることができます。ツワモノさんになると、手ぬぐいでまかなっている方もいらっしゃるとか。古いバスタオルを断捨離するのももちろんOKです♪

洗剤は小さな容器に詰め替え

香りが良い海外の柔軟剤や洗濯洗剤を使っている方もいらっしゃるかと思います。ただ、海外のものになると大容量のものも多く、貴重なランドリースペースを占領してしまうものも多いですよね。それなら、別の小さな容器に詰め替えてみましょう。これで洗濯機周りのスペースも確保しやすくなります♪

洗濯機まわりに棚を作れないか考えてみる

洗濯機の上や横など、周辺にデッドスペースはありませんか?収納が足りないなら、このスペースを活用して新たに収納スペースを作っちゃいましょう。

壁面収納ボードを取り付けると、重曹や洗濯バサミといった小物もすっきり片付きます。おしゃれなジャーを使うとバラバラ落ちることもありません。

こちらはインダストリアルなパイプと木板を組み合わせたおしゃれなシェルフ。洗剤や石鹸などの保管に役立ちそうです。

どんなに細いワイヤーハンガーも、増えると意外とかさばりがちなアイテム。ですが、こちらのように棚受けを利用するとハンガー収納のできあがり!

床から天井を繋ぐ長いラダーを自作したお宅。ラダーにバッグを引っかければ、スマートな洗濯カゴの出来上がり!

壁面ボードの取り付けが難しい場合は、にフックを取り付けてハンガーなどをぶら下げて管理するのも◎。

フックにバッグをかけてそこに洗濯物を入れるなどすれば、床に大きなカゴを置かなくてもすみますね。

ものを減らすのが難しいなら「目隠し」もあり

ご家庭によっては、ランドリー周りのものを減らすのが難しい場合もあるかと思います。それなら、突っ張り棒とお気に入りのファブリックを使って目隠ししちゃいましょう。壁に突っ張り棒を取り付けられるスペースに、生活感があるものやストックアイテムをまとめて収納して隠せば空間もすっきり。

ランドリースペースも工夫次第でより広く!

狭くなりがちなランドリースペースをすっきり広く見せるためのアイデアをご紹介してきました。ものを減らすのはもちろん、収納を工夫することで空間がすっきりするだけでなく作業効率もアップしますよ。より快適な空間づくりに、ぜひ一度時間を取って整理してみるのはいかがでしょうか♪

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧