お肌の調子がいまいち?なら「デトックスフード」を取り入れよう♪
GOURMET
2019/05/14

お肌の調子がいまいち?なら「デトックスフード」を取り入れよう♪

出典:www.instagram.com

お肌や体は私たちが食べているものでできていると言っても過言ではありません。お肌の調子も、食べているものの栄養が偏っているとお肌のバランスやキメも乱れてきます。そこで今回はお肌の調子を整えてくれる「デトックスフード」をご紹介。どんなフードを普段の食事に取り入れると良いのでしょうか?

お気に入り追加

お肌の調子が悪い…?一度体内をお掃除してみましょう♪

多忙が続くあまり、気づけばインスタント食品ばかり、お菓子が食事代わり…なんていう状況に陥っている方、高級な基礎化粧品をライン使いしているのにお肌の調子が一向によくならない…という方、いらっしゃいませんか?もしかしたら、体内にたまった毒素がうまく排出されていないのかもしれません。

そこで今回は、腸内をクリーンにしてくれる「デトックス食材」をご紹介。体の中から美肌を目指してみましょう♪

体内で悪さをしがちな物質

腸内に留まって美肌を阻害する主な物質には下記のようなものがあります。

・たばこ
・加工食品
・食品添加物
・石油
・大気の汚れ
・車の排気ガス

…など。大気汚染や排気ガスは防ぎようがありませんが、タバコや加工食品、食品添加物の摂取は意識すれば減らすことが可能ですね。まずは、これらの腸内に留まりやすい物質を摂るのを控えてくるだけでも、体調やお肌のコンディションが少しずつ回復してくるはずですよ。

デトックスに効果が期待できる野菜

まずは野菜から見ていきましょう。

トマト

なんと、トマトの赤色色素「リコピン」にはビタミンEの100倍にもなる抗酸化作用があるといわれています。抗酸化作用は体のサビを取り除くのに最適。お肌のシミ・シワにお悩みの方にはぜひ食べていただきたい野菜です。

食べ方としては、そのまま食べても良いのですが「油で炒めていただく」方法がおすすめ。油と一緒に炒めて摂取することで、リコピンの吸収率が激増しますよ。少し炒めた後に他の食材と一緒にスープにするのもgood!

玉ねぎ

玉ねぎを食べた時に感じる辛味成分「硫化アリル」には体を温める作用があるほか、臓器のはたらきをサポートしてくれるはたらきにも優れています。さらに、血流を促進してくれる作用もあるため、冷え対策にもぴったり。みじん切りにして冷凍しておけば、いろいろな料理に使えますね。

小松菜

小松菜は、野菜のなかでも皮膚や粘膜の健康を守り、抗酸化作用もある「βカロチン」がとても豊富。アクも少なく、あらゆる料理に活用できる葉物野菜ですよね。

βカロチンも、油で炒めることでその栄養価を発揮する栄養素。野菜炒めなどに加えたり、自家製バーガーに挟んでみるなど、いろいろなメニューで活躍しますよ♪

にんじん

小松菜と同じく「βカロチン」が豊富な野菜といえば人参。皮のすぐ下にβカロチンが一番あるとされています。食べる際は皮を薄く剥くか、よく洗ってそのまま調理しましょう。こちらもぜひ油で炒めて召し上がれ♪

アボカド

アボカドはデザートにしてもサラダにしても美味しい野菜。脂質が高めなので食べ過ぎるとダイエットにはよくない…と思いがちですが、アボカドの脂質にはなんと抗酸化力を多くもつ「オレイン酸」がたっぷり。お肌の再生にはもってこいの食材です。さらに、腸内のお掃除に適任な「食物繊維」や、体内の余分な水分を排出する「カリウム」も豊富。まさにスーパーフードといえます♪

ほうれん草

緑黄色野菜の王様とも呼ばれるほうれん草。造血作用が期待できる「葉酸」や「鉄分」が豊富。ビタミンやミネラルも豊富で、お肌の健康維持に大きな役割を果たしてくれますよ。

ほうれん草には栄養が豊富な分、アクも多いのが特徴。ソテーしたりスープにする分は通常のほうれん草を使ってもOKなのですが、生でサラダとして食べたりスムージーにする場合は、サラダ用のほうれん草を使うことをおすすめします。

パクチー(コリアンダー)

エスニック料理ではど定番のパクチー。実はパクチーには最強の解毒作用があるともいわれています。体内の亜鉛などの重金属を取り除く力に優れているほか、整腸作用や消化促進作用もあるんですよ。その強い解毒作用から、パクチーを使ったコスメも発売されているほど。「パクチーのにおい?大丈夫だよ!」という方は、ぜひスープや炒め物に使ってみてくださいね♪

デトックスに効果が期待できるフルーツ

ここからはフルーツを見ていきましょう。

りんごには、抗酸化作用とのある「ペクチン」「ポリフェノール」が豊富。スムージーやデトックスウォーターで使ったことがある方も多いのではないでしょうか。また、ペクチンには水溶性食物繊維も豊富で、腸内のお掃除にもおすすめ。疲労回復効果もあるため、お見舞いや病床フードとしてもおなじみですね。

キウイ

体内の余分な水分を排出する「カリウム」がとっても豊富なキウイ。むくみ解消にもぴったりです。さらに、ビタミンCのはたらきでお肌の老化・サビつきを防止するのにも効果的。ビタミンCには病気などへの免疫も高めてくれるため、体調が気になる時に摂取するのも良いですね。

レモン

レモンに含まれる「クエン酸」には、血流改善効果やエネルギー代謝を活発化させるはたらきが確認されています。体が疲れているなと感じる時は、紅茶などのドリンクやサラダにレモン汁をぎゅっと絞っていただいてみましょう♪

ただし、キウイやレモンなどのビタミンCを多く含む食材には、紫外線を体内に吸収しやすくしてしまう「ソラレン」という物質を含むことがあります。日中の摂取はなるべく避け、夕方以降に摂取するのがおすすめです。

美肌作りは体内から!

お肌の調子を整え、美肌へと導いてくれるデトックス食材をご紹介してきました。どれも飽きずに食べられる定番の野菜・フルーツなので、毎日の調理に活用しやすいのではないでしょうか。お肌のコンディションは基礎化粧品や普段のケアだけでなく、普段食べているものやライフスタイルが現れるもの。食事バランスを見直してみて、お肌をもっときれいに整えてみませんか?

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧