ベーシックラバーの私が「なんだか今日お洒落だね」と言われるようなった垢抜けスタイルのコツ♡
COORDINATE
2019/05/23
2061 VIEWS

ベーシックラバーの私が「なんだか今日お洒落だね」と言われるようなった垢抜けスタイルのコツ♡

Photo by:www.instagram.com

ベーシックなスタイルだって決して悪くない。しかし、心のどこかで「なんだか垢抜けないような気がする…」。そんな動揺が訪れたあなたに、迷いが晴れる取り入れやすいお洒落ビビットな“一点投入”を伝授♡

ガラっとじゃなくていい、変化は“ほんの少し”でいいんです♡

周りを見渡せばあっちもこっちもお洒落さん。
「きっとファッション関係の仕事なんだわ…」そう、自分に言い聞かせているシンプルな私。しかし、心のどこかで「私もあんなお洒落がしたい」。そう密かに願う女性は少なくないはず。


「もういい大人。トレンドなんていちいち追ってられない」なんて、ツマラナイ事を言わず、普段のアイテム+“一点投入“だけを意識した、ベーシックベースのお洒落な着こなしに挑戦してみませんか?


2019年らしい目を惹く【色やシルエット】にポイントを置きチェックしていきましょう☆☆☆

■まずはクローゼットの中身をおさらい

「普通すぎるかも…」そう認める世の女性の皆さんのクローゼットの中身と言えば、
その①:白・黒・ベージュのモノトーンベーシックカラーが8割
その②:変化球なんてもっての外…。デニムにスカートに、とにかく“普通”なシルエットオンリー。
その③:洗濯のしやすさを重視。異素材への苦手意識が炸裂。
その④:バッグ以外小物アイテムがほぼない。


ではないでしょうか?
この4点をベースにお洒落コーデへのアプローチをスタ―ト‼

①ベーシックコーデを変化させる神アイテム ビビットカラー編

●その①:ベーシックアイテム・ベーシックカラーをベースにビビットカラーを投入!

▲デニムと言う“普通”の選択なのに、なんとも軽やか♪
サングラス、ヒールの小物が効いてるにしても、この軽やかコーディネートのポイントはやっぱり「カラートップス」。シンプルになりがちなデニムコーデを一気に格上げしてくれています♡

■参考アイテム■

爽やかカラーのトップスをもっと見る>>>

▲他のアイテムはモノトーンでベーシックなのに、なんとまぁお洒落♡
これならモノトーン派さんもボトムス以外は、手持ちのアイテムでしっかりカバーできそうですよね♪

■参考アイテム■

ビビットカラーのボトムスをもっと見る>>>

Talk women01

▼ビビットカラーは、顔から遠くなるほど難易度低し♡

▲とにかく初心で、「難易度高い!」と言う方は靴で一点投入を図りましょう♡緻密に計算されたような、洗練度の上がる大人モードスタイルに♪

■参考アイテム■

ビビットカラーの靴をもっと見る>>>

②ベーシックコーデを変化させる神アイテム ボトムス編

●その②:“シルエットと丈”にこだわってみる♡

Talk women01

ボトムスは細め or 太めの両極端で攻めるのが今季っぽい♡

▲フルレングスが多いかも…と思ったあなた。
これからはクロップドがマストですよ♡クロップド丈パンツに変えるだけで、手持ちのトップスが一瞬で見違えります♪

■参考アイテム■

クロップド丈をもっと見る>>>

Talk women01

▼スカートはボリューム or スッキリで攻めるべし♡

▲ボリュームスカートはトップスinがマスト。

▲スッキリシルエットのスカートは、ルーズなトップスで合わせるのが今っぽい雰囲気に。
この上下メリハリのあるシルエットが、よりお洒落さんに見せてくれます♡例え、ベーシックカラー同士をチョイスしても、このメリハリがお洒落鮮度をアップしてくれます。

■参考アイテム■

スカートをもっと見る>>>

③ベーシックコーデを変化させる神アイテム 素材編

●その③:今季っぽい素材感を投入♡

Talk women01

お洒落見えするトレンド素材なら「サテン」が1番おすすめ。

▲一点をサテンに変更するだけでグッと女度がアップ。ベーシックカラーと合わせると豪華さが抑えられ、軽やか上品を手に入れる事が出来ますよ♡

■参考アイテム■

④ベーシックコーデを変化させる神アイテム 小物編

●その④:さり気ない小物使いが奥行きの幅を広げてくれる♡

▲参考写真のほとんどがサングラスやベルトなど、小物を活かしたコーディネートが多い事にお気付きですか? 奇抜なアイテムは永く使えないかも…と不安になり、どうしても手を出せないあなたは、小物一点投入を極めましょう‼

■参考アイテム■
目を惹くカラーバッグや、かごバッグもさらにおすすめ♡

アイウェア・バッグをもっと見る>>>

■いかがでしたか?

ベーシックラバーの私が、垢抜けたのはこんな一工夫ポイントを抑えたから♪自分のコーディネートに「なんだかツマラナイかも」と感じ始めた人は、簡単な一点投入を是非、試してみて下さいね。

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Hina

EDITOR / Hina

紅茶片手に世界を旅する
パリジェンヌ。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧