「楽ちんスタイルなんて言わせない!」マルチに活躍する“大人のリラクシー”コーデ★
WOMEN
2019/05/21
1313 VIEWS

「楽ちんスタイルなんて言わせない!」マルチに活躍する“大人のリラクシー”コーデ★

Photo by:www.instagram.com

歳を重ねるごとに窮屈なお洋服は着たくなくなりますよね。しかし「いつも楽なスタイルばかりしている人」というイメージが定着されるのも嫌…。そんな悩めるオトナ女子にお洒落でデイリー使えるリラックスアイテムをご紹介します☆

30代ってまだまだ現役。トレンドだって追っていたいし、お洒落だってしたい!
しかし、そんな気持ちとは裏腹に、買い物先でもお家でも、ついつい手は楽チンアイテムに伸びがち…。

Talk women01

そんな太った訳でもないのになんで…?

それは、これまでのあなたの“経験”がそうさせているのかも。


例えば、
・身動きが取りづらい服は肩が凝る。
・デニムは座るとしんどい。
・重ね着はトイレが大変…。


思わず笑ってしまいそうな項目ですが、実際これを無視して頑張った日ってやっぱりなんだか疲れているんです。
筆者なんてデニムは今じゃ、“覚悟がいるアイテム”に格上げ。
そんな風に疎遠になり始めているアイテムに若干焦りを感じつつも、今更ウブなあの頃に戻れないのも事実。
それなら楽チンにはけして見えない、お洒落な大人のリラクシースタイルを貫こうと決心!


ストレスを与えないおすすめのアイテムご紹介致します。

#リラクシーアイテム代表格の▶▶ワンピース

●体型カバーも出来、忙しい朝にコーディネートを考える手間のかからないお助かりアイテム。1枚で女性らしさとキチンとしている感が装え、多くの女性が愛してやまないワンピース。しかし、見え方によっては“楽”をしているように見えるのが難点。
その問題をアイテムで解消していきましょう。

▲やっぱり大人の女性は“色”で遊ばないと♡
奇抜な色も、リラクシーなアイテムだと通ないい女感がUp。明るい色は肌を綺麗に見せてくれる効果もあるので、より素敵な女性として際立ちますよ。

▲今季トレンドのワンショルダー型ワンピース。
この出すとこ出して、隠すところ隠す!賢いワンピースデザインがいい具合のリラックス感を演出♡
1枚で着ても、レギンスやワイドパンツと合わせてもお洒落。

▲今季トレンドでもある、段フリルがポイントのクラシックなバルーンワンピース。
シンプルなワンカラーながらも、細やかなディティールが目を惹き1枚でも存在感たっぷり♡大人のデートにも最適です。

▲背中が大胆に開いた大人のワイドジャンプスーツ。
開放感満載で、楽チンとは無縁に感じさせるアイテム。リゾートだけでなく、タウンユース使いで颯爽と歩いていると圧巻のカッコよさ。 さすがに1枚じゃ…と言う人はTシャツやタンクをレイヤードしても可愛いですよ♪

リラクシーなワンピース・サロペットをもっと見る>>>

#ディテールで大人っぽさを体現する▶▶トップス。

●トップスにリラックス?そう疑問を感じる方も居るかもしれませんが、ただ着ました風のトップスはナンセンス。
出すとこ出していたり、シルエットにこだわってみたり、“さり気ない計算”が大人リラクシーには必要不可欠です☆

▲フロントのファスナーで胸元の開き具合を好きに調節。
ありそうでなかった斬新さのあるアイテムに、夏の日差しに映える、パキっとしたイエローが目を惹くアイテムです。

▲リネン混みのカットソー。
長めの袖がルーズな印象を与え、見た目からリラックス感漂うトップス。ハイウエストのボトムスで合わるのが可愛いですが、お洒落上級者さんはサロペットで合わせるのも素敵♪

▲柔らかでリラックスフィットなシルク素材のブラウス。
ラッフルディテールがとてもフェミニンで、脱楽チンコーデのお助け役になります。また合わせるボトムスによって、カジュアルにもエレガントにも着回しできます。肌にストレスを与えないシルク素材がさらに、着心地を求める大人の女性におすすめしたいアイテムです。

リラクシーなトップスをもっと見る>>>

#イマジネーションを掻き立ててくれる▶▶ボトムス

●これからの季節、ぜひ取り入れたいのがリラクシー×目を惹くビビットカラーのボトム。トップスはシンプルでもお洒落に見え、尚且つ立体感が生まれるので気になるヒップ周りのカバーにも最適。

▲リネンワイドレッグパンツ。
優しいカラーとリネン混の軽やかな素材がベストマッチなパンツ。リラックスした印象でデイリーに使いやすいデザイン。さらにストレートシルエットで美脚効果も絶大!“美脚効果”があるだけで、脱楽ちんスタイルできちゃいます。

▲サテンスリットマキシスカート。
ピンクと言えど、光沢感のある上品な色合いにスリットと言う贅沢な組み合わせがキュンとするスカート。ブリブリな可愛さが苦手な筆者ですが、これは可愛い!と思わずポチ。ピンクへの先入観が変わったアイテムです。

▲程よくフィット感のあるリラックスパンツ。
ベージュって地味。そう感じる人も多いかもしれませんが、実は黒や白よりも着こなしが難しい色。特に普段、身に付けない人だと濃いめのベージュは難易度が高く感じる事も。
しかし、その分纏うと大人上品に見えるんです! なので例え、楽ちんスタイルでも「かっこいいな~」なーんて筆者は見ちゃいます。

▲カジュアルなリラックスパンツ。
「え、こんなの履いたら余計パジャマっぽく見えない⁈」。そんな不安を感じてしまうあなた。ここは“メリハリ”を利用しましょう♪ 例えば、ボトムが思いっきりルーズなら、トップスはタイト目のスッキリシルエットや、適度に肌を露出。このギャップがお洒落に見せてくれるポイント。野暮ったく見える組み合わせはNGですよ。

リラックスボトムをもっと見る>>>

#もう「楽ちんスタイル」とは呼ばせない♡

大人のリラクシースタイルはいかがでしたか?
色で遊ぶと例え楽なスタイルでもお洒落に見えてくれますよね。しかし、やっぱり色には抵抗がある…と言う方は、モノトーン≒シルエットにこだわる。の方程式をぜひ覚えていてくださいね♪

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Hina

EDITOR / Hina

紅茶片手に世界を旅する
パリジェンヌ。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧