澄み切ったココロに整えましょう♡スキマ時間でできる【マインドフルネス】のすゝめ
LIFESTYLE
2019/06/03

澄み切ったココロに整えましょう♡スキマ時間でできる【マインドフルネス】のすゝめ

出典:www.instagram.com

近年某大手企業でも取り入れられていることで話題の「マインドフルネス」。耳にはするけど、正直よくわからない…という方も多いかと思います。今回は、意外と知らないことも多いマインドフルネスの魅力やメリットについてご紹介します。

お気に入り追加

毎日疲れが取れず、パフォーマンスが低下していませんか?

なにかと情報過多で忙しい現代の社会。
毎日何をしているわけでもないのに疲れている方、いらっしゃいませんか?

日々疲労を感じている方に、是非おすすめしたいのが「マインドフルネス」。メリットの大きさから、グーグルやインテル、マッキンゼーなどの世界の名立たる企業や政府機関でも取り入れられており、一躍有名になったリラックス法なんです。

今回は、マインドフルネスの方法や大きなメリットをご紹介。

Talk women01

お金も時間も場所も必要ないため、今日から実践できますよ♪

マインドフルネスって何だろう?

マインドフルネスは「”今” ”ここに” 集中している精神・心のありかた」を意味するワード。雑念を持たず、ただリラックスして今だけに集中して精神を研ぎ澄ませている状態、またはその状態を目指すこともマインドフルネスといえます。

ただ、現代社会に暮らす私たちは、マインドフルネスな状態とはほど遠い状態にあるかと思います。SNSやインターネット、世間の目、悩み、仕事の人間関係、過去、どうでもよいことなど、頭の中は常に雑念でいっぱいですよね。そんな状態が続くと、仕事や作業のパフォーマンスやクオリティも下がり続ける一方です。

マインドフルネスは、そんな雑念でいっぱいの精神状態を改善させよう!というもの。マインドフルネス状態になることで心も体もリラックス状態になり、感覚や感性が磨かれて洗練されていくといわれています。

また、雑念がなくなることで漠然とした不安もなくなり、精神的に自立しやすくなるともいわれています。ある実験でとある小学校でマインドフルネスを取り入れたら、差別やいじめがなくなったという結果も出たほどです。

ちなみに、マインドフルネスは宗教とは関係はありません。が、マインドフルネスと検索するとよくブッダなどの画像が出てくることがあると思います。これは、古くからマインドフルネスに到達するのに利用されていたのが仏教の「禅」や「ヨガ」といった行動のため。

事実、マインドフルネスではこれらの宗教要素を取り去った「瞑想」を利用したものがほとんどで「マインドフル瞑想」という言葉もあります。通常、マインドフルネスでは「瞑想」が活用されることが多いです。

マインドフルネスに期待できる効果・メリット

ここからは、マインドフルネス状態になることで期待できるメリットを見ていきましょう。

1. 集中力が高まる

先ほどもお話したとおり、マインドフルネスで雑念が取り払われることで集中力が格段にアップします。

2. ストレスが次第に解消されていく

考えていることや悩んでいることを一度手放し、ただ観察することでストレスに自分自身が飲み込まれるのを防ぐことも可能に。精神的・肉体的にストレスによって生み出された緊張から解放されます。

3. 直観力や想像力がアップ

呼吸に集中して瞑想することで心が雑念から解放されると、あらゆる感性が研ぎ澄まされます。その過程と結果により、集中力だけでなく想像力が豊かになり、直感も冴え渡るように。

Talk women01

もちろん個人差はありますが、センスが磨かれるのは嬉しいですね♪

4. 快眠・安眠できるようになる

マインドフルネスにより集中力がアップし、感覚がより研ぎ澄まされることで、さらなる想像力や直観力を高めることもできます。思考もクリアになり、新たなアイデアが出るなど、あらゆるメリットも期待できます♪

瞑想で呼吸を整えることで、副交感神経と交感神経のバランスが整います。興奮とリラックスを司る神経のバランスが整うことで、体を緊張状態から離しやすくなり、眠りにつきやすくなるといわれています。

《簡単♪》マインドフルネス瞑想の方法

先ほどお話しましたが、マインドフルネスではよく「瞑想」が活用されています。マインドフルネス瞑想と聞くと難しそうに感じますが、実際はそう難しいものではありません。早速、その方法を見ていきましょう。

1. 姿勢を正す

立っていても座っていてもOK。姿勢を正して肩と顔の力を抜きましょう。目は軽く閉じておくと良いでしょう。

2. 呼吸に集中する

呼吸に集中するのは、雑念を遠ざけるため。吸った息が身体中を流れるのを意識します。

この基本2ステップができればOK。初めは5分くらいでも良いかと思います。慣れたら時間を伸ばしてみるなど、慣れやその日の気分、ストレス度合いなどでマインドフル瞑想時間を決めてみましょう。

マインドフルネスでリラックス&モチベーションアップ♪

心身をクリアにするための「マインドフルネス」の魅力やメリット、マインドフルネス瞑想の方法などをご紹介してきました。一日数分からトライできるので、ストレスを感じた時や眠りにくい時、疲れていてパフォーマンスが低下していると感じた時にトライしてみてはいかがでしょうか♪

|あなたにオススメの記事はこちら!

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧