その野菜くず、捨てちゃダメ!栄養と旨味がぎゅぎゅ~っと凝縮した「ベジブロス」を作ってみよう♪
GOURMET
2019/06/05

その野菜くず、捨てちゃダメ!栄養と旨味がぎゅぎゅ~っと凝縮した「ベジブロス」を作ってみよう♪

出典:www.instagram.com

野菜くず、食べられるところがないので捨ててしまいがちですよね。だけど実は、野菜くずには栄養がぎっしり詰まっているんです。今回は捨ててしまいがちな野菜くずを使って作れる「ベジブロス」をご紹介。どんなスープが作れるのでしょうか?

お気に入り追加

野菜くずを捨てる=お宝を捨ててる?!

野菜の皮や根、キャベツの外皮などの野菜くず。ついつい捨ててしまいがちですが、実はとんでもないものを捨てているかもしれません。

ベジブロスとは

ベジブロスは、野菜くず(皮やヘタ、タネなど)を煮詰めて作ったスープだし。入れる野菜くずによって色や味わいが変わりますよ。スープ料理や炊飯など、幅広い調理に活用できます。

野菜くずに隠された秘密

生ゴミとして処分してしまいがちな野菜くずですが、実は野菜くずに野菜の栄養の大半が詰まっていると言われているんです。野菜の皮には野菜を外からの刺激から守るべく「フィトケミカル」という成分が豊富。抗酸化作用にすぐれているだけでなく、免疫力向上にも効果が期待できると言われています。

Talk women01

フィトケミカルは植物の細胞内にありますが、煮込むことで細胞外に出てくるのが特徴。煮込んで作るベジブロスは、フィトケミカルのメリットを最大限に享受できるスープなんです♪

ベジブロスの作り方

作り方はとても簡単です♪

準備するもの


・野菜くず…300g〜400gほど


・水…1L


・酒…小さじ1ほど

作り方

野菜くずを鍋に入れ、水と酒を入れて弱火で煮るだけ!

Talk women01

野菜くずは種類が多いほど味わいアップ。圧力鍋を使うと10分ほどで作れますよ♪

もしアクが出てくるようだったら、すくっておきましょう。野菜くずの色が変わってきたら取り出し、漉しながらボウルなどの容器に入れてベジブロスを保存しましょう。ベジブロスに使った野菜くずは捨てます。作ったベジブロスは冷蔵保存で3日以内に消費するようにしましょう。

Talk women01

作りすぎてしまった場合などは、冷凍保存しておくとgood!

ベジブロスに向かない野菜は?

ベジブロス作りに適さない野菜は特にありません。が、ほうれん草や春菊などアクが強い野菜はベジブロスに苦味とえぐみを与えることもありますので、気になる方は避けておいた方が無難かもしれません。

野菜くずに残った農薬が気になる…

ベジブロスを作る上で気になるのが残留農薬。通常は1分ほど野菜を水に浸けておくと除去は可能ですが、どうしても気になる場合は、ボウル一杯の水に小さじ1ほどの重曹を溶かし、1分ほど野菜くずを浸けておくと良いでしょう。1分以上重曹水に浸けておくと、大切な栄養素が重曹水の中に染み出してしまうので、時間はきちんとカウントしておきましょう。

ベジブロスを使うと旨味アップ!おすすめ料理

最後に、ベジブロスを使うと旨味がグッと上がるおすすめの料理をご紹介します♪

野菜スープ

定番は野菜スープ。コンソメスープやポタージュ、ポトフなど、お水を使う代わりにベジブロスを使うと野菜の旨味が存分に感じられる仕上がりに!

2. 鍋

市販の鍋だしも良いですが、せっかくなら作ったベジブロスを鍋のベースにしてみませんか?いつもの鍋料理がより本格的な味わいになるかも。

3. ラーメン

ラーメンスープをベジブロスで作ると不思議と味わいが豊かに。筆者もインスタント麺を作る際の水をベジブロスで代用してみたところ、驚くほど美味しく仕上げることができました♪

4. カレー

ベジブロスはカレーにもぴったり。スパイスの香りをさらに引き立ててくれますよ。

5. 炊き込みご飯

炊飯器にセットするお水をベジブロスに変えるのもおすすめ。ピラフやチャーハンを作る際にも活用できそうですね♪

栄養たっぷり!奇跡のベジブロス、あなたならどんな料理に使う?

エコでおいしく、さらに栄養素も余すところなく摂取できる「ベジブロス」の作り方や魅力をご紹介してきました。ごみになっていた野菜くずも、見方を変えれば栄養たっぷりのスープストックに。みなさんならどう活用しますか?

あなたにオススメの記事はこちら!

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧