【Lilyの女を纏う】その“ダメージ”持ち越さない。うっかり日焼けの後に行う《アフターケア7選》
BODYCARE
2019/06/24
952 VIEWS

【Lilyの女を纏う】その“ダメージ”持ち越さない。うっかり日焼けの後に行う《アフターケア7選》

Photo by:www.instagram.com

『そんなに頑張っているようには見えないのに何故かいつも”上質感漂う女性”』っていますよね。そんな女性が行っているパーツ美容やこだわりから今日は日焼け後の『アウターケア』についてご紹介して参ります♪

▶▶この夏、あなたはどこへ行きますかーー?

ビーチやバカンス、夏は楽しいことが沢山ですよね♡ しかし、大きなイベントが無くたって女性にとって日々戦う相手と言えば“紫外線”です。


最近では“飲む日焼け止め”や“白玉点滴”など、日焼けを嫌う女性の肌を守る(とされている)アイテムが豊富に出回っています。けれども、これらはすべて“費用”がかかるものです。勿論どんなケアも出費は付きものですが、どこまで信頼していいのかも悩みどころ。


『これらがあるから大丈夫』。と高を括っている女性の皆さん。+αで頼るのはいいですが、本来のシンプルな日焼けケアを忘れてはいけません。
夏直前の今だからこそ、日焼けケアをしっかりおさらいしておきませんか?

【まずは、忘れてはいけないのがタイムリミットーー。】

日焼けをした肌が抱える問題の1つ、それが“時間”です。『今は3泊4日の沖縄旅行中。たくさん焼けたけれど、バカンス中だから帰ったらゆっくりケアしよ~』。と余裕をこいている人、その甘い考えNGですよ‼


日焼けをした肌のタイムリミットは“72時間”。と言われています。
勿論それも早くケアした方が、あとあと肌が全然変わってきます。今回はそれを初級・中級・上級で部類分けしお届けします。

■初級編

初級と言うからには、お家にあるようなお手軽アイテムで簡単にケアできる方法です。
【その①:冷やす】
→→→紫外線を浴びた肌は軽い火傷のような状態です。冷たい水やシャワーをかけ、身体にこもった“熱”を冷ましながらクールダウンしましょう。


【その②:保湿】
→→→紫外線を浴びた肌は潤いを無くし、砂漠のような状態です。化粧水をたーーっぷりかけ保湿しましょう。(一度だけではなく、気になる部分は時間をかけ何度も繰り返します)。


【その③:W保湿】
→→→砂漠状態の肌に水を与えてもすぐ蒸発し、上手く保湿が行き渡りません。その為、蓋をするようにボディークリームや保湿クリームを入念に塗布することを心掛けましょう。

■中級編

初級はいわゆる“当たり前のケア”です。しかし、ここからがあなたの命運を分ける重要なケア方法。食べ物や植物の成分から上手に日焼けケアをしていきましょうーー。

【その④:ビタミンC】
→→→日焼け予防、美しい肌に必要不可欠な栄養素と言えばビタミンCです。ビタミンCは体内に蓄えられないことで有名。その為、食べ物での摂取は勿論、サプリメントやハーブティーなどで意識的に継続しながら、摂取することを意識しましょう。

Talk women01

【Lily的おすすめアイテム&注意喚起】
アセロラジュースや苺は普段から取り入れやすく効果の高いアイテムです。また、ビタミンならいつ摂取してもいいと言う訳ではありません✖
例えば柑橘類は「ソラレン」という光毒性の成分が含まれていて、これらは紫外線の吸収をよくする効能があるとされています。その為、活動する日の午前中に摂取するのは控えましょう。

【その⑤:ビタミン&リコピン】
●ビタミンE…
抗酸化作用が高く、ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。新陳代謝を高めるため焼けた肌には積極的に摂取したい栄養素です。
《大豆や穀物、アーモンドなどのナッツ類に置く含まれています》。


●ビタミンA…抗酸化作用に加え、乾燥肌の予防などにも効果が高いとされている成分です。免疫力も高める高価が期待できるので疲れた身体にも効果的。
《うなぎ・卵、また牛乳やチーズなどの乳製品に置く含まれています》。


●リコピン…夏になるとよく耳にする成分ですよね♪
抗酸化作用が高く、特に紫外線を浴びた時に中和を期待できる成分です。
さらに、メラニン生成を抑える効果も期待でき、美白を意識する人が積極的に取り入れているアイテムです。
《真っ赤な食べものに含まれておりトマトやスイカが代表的です》。

【その⑥:アロエジェルクリーム】

→→→海をよく活用する人はご存知かもしれませんが、アロエには、日焼け後の肌の炎症を鎮める効果があります。ほかにも、アロエに含まれる成分が複合的に作用し、紫外線によるダメージを修復する働きがあります。その為、火傷のように真っ赤に焼けた肌にはアロエジェルクリームがおすすめです。

Talk women01

Lilyにとってバカンスの必需品アイテム。塗るのと塗らなかった時の肌が全然違いますよ。

■上級者編

ここまで来ると自分の努力だけではなく、“専門家”の手を借りるお話です。
しかし、初級・中級とケアしているからこそ、より上級の効果が表れるのをしっかり覚えておきましょう。

【その⑦:高濃度ビタミンC点滴】
そのまんまビタミンCの点滴です。男女問わず疲れた肌や、元気になりたい時に受ける方が多く“いわゆる美容点滴”の代表的な存在です。
正直“美容点滴”は近年様々なものが世に溢れ、一体何がいいのか、身体に害はないのか?と言う心配もあります。しかしこれは成分がビタミンC。日頃口から摂取している成分です。
あくまでLily的見解ですが、よく分からない美容施術を受けるよりも安心して取り入れられる日焼けケアだと思っています。
勿論、受ける際はご自身の体調と合わせて専門家に相談してくださいね♪

■いかがでしたか?

ギンギンにギラつく太陽。思わぬ日焼けはもちろん、バカンスで十分に楽しんだ肌はしっかりとケアして、ダメージを残さないよう心掛けましょう。
この手間で数年後、肌に違いがハッキリと出てきますよ…♡

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Hina

EDITOR / Hina

紅茶片手に世界を旅する
パリジェンヌ。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧