【Lilyの女を纏う】もしもアラフォー紳士と“ディナーデート”へ行くことになったら…《何を着るのが正解?》
COORDINATE
2019/07/03
1427 VIEWS

【Lilyの女を纏う】もしもアラフォー紳士と“ディナーデート”へ行くことになったら…《何を着るのが正解?》

Photo by:www.instagram.com

『そんなに頑張っているようには見えないのに何故かいつも”上質感漂う女性”』っていますよね。そんな女性が実践する哲学から今回はハイスペックなアラフォー紳士とディナーデートへ行くことになったら?にテーマを置き、アドバイスとサポートをさせて頂きます…♡

●アラフォー世代の殿方と関わることが多いLilyーー。

そんなLilyが『もしもアラフォー紳士とディナーデートへ行くことになったら?』にテーマを置き、いざって時に困らないノウハウを追言させて頂きます。


一流商社マン・青年実業家・社長と、ハイスペックな彼らに“不釣り合いにならない女性の嗜み”をどうぞご堪能ください…♡

■まずは、覚えておいて♡

あなたに“理想の条件”が存在するように、相手にも“条件”が備わっています。
「たかがディナー」。そう思うならそれで結構。しかし、あなたがディナーに行きたいと思えるほどの男性ですよ? 計算高い女はNGですが、相手にも“理想の条件”があると言うことは覚えておいて損はない話です。素敵な彼には常に魅力的な女性が付きまとっていると言うことを是非お忘れなく…♡

その①:相手の“理想”をジャッジ

『可愛い私、綺麗な私ーー。』見せたいあなたは沢山あるでしょう。 しかし、それは相手の求める理想と合っていますか? お相手は人生経験とともに、あらゆる女性を見てきています。ただ可愛い・綺麗が受けるのは『王子様』まで。相手はアラフォー、すでに王様=キングです。“自分の理想だけが届く相手ではない”。という事を熟知し、彼の理想を考えてみましょう。


【例えば】
フェミニンで可愛らしいく一歩引いたような女性が好きなのか、クールで自立し、時には引っ張ってくれるような女性が好きなのか。 きっと男性によってもタイプは人それぞれです。相手の好みのタイプをジャッジすることで、身に付けるアイテムが大幅に変わってきます。


もしもどのタイプか分からなかった場合、Lilyの経験上ですが、キングは後者のクールで自立したような女性を好む傾向があります。逆に王子様は、フェミニンで可愛らしい女性を好みます。勿論、例外はありますが、厳しい男社会を駆け巡ってきたハイスペックなキングです。見た目だけでなく“会話”も噛み合いそうな知的な女性を求めるのが自然の成り行きでしょう。
さらに、上品でフェミニンなスタイルは素敵ですが、ブリブリの可愛い子ちゃんアピールみたいなファッションはやめておいた方が無難です。
アラフォーの彼が“連れ歩いて恥ずかしくない身なり”を考えて寄り添ってあげましょう。

その②:心得ておきたい“ウケとNG”

フェミニンでもクールスタイルでも絶対に心得ておきたいのが、【清潔感・透明感】です。キングはチープなエロさなどは求めていません。極度な露出は控えエロさは、しぐさや声で発揮しましょう。また、化粧が濃いのもNGです。ケバさよりも自然なナチュラルさが清潔感・透明感を出す最大の魅力です。

賢い男性はあらゆることを熟知した結果、“大人の余裕がある女性”が好きです。
いわゆる“エロサバな女性”ですね。
エロさとコンサバを丈夫に纏いましょう…♡

その③:なんだかんだ“ギャップ”がそそられる

ジャケットルックのお堅いファッションーー。
鉄の女かと思いきや、お店に入るとインナーはノースリーブ。自分だけが素肌を直視できる環境下。このギャップ感が殿方を萌えさせます。「安直な考え」そう思っているあなた。意外と男性は単純ですよ♡ここまで男性がリアルに考えているかは別としても、決して過渡ではない露出が、チラリズムを生み官能的で魅力的な女性を演出してくれます。

おすすめファッション♡

上記の流れからおすすめするのは、過渡な露出を控えた上品アイテムです。
“ガチ”過ぎず、『普段からこういう格好なのかな?』と思わせるくらいの上品さがエロサバ女性の極みです。

まずは王道のワンピース

▲このワンピースルックにカーディガンを肩掛け。カラーは黒も素敵ですが、ブルーは肌をより綺麗に見せてくれます。

▲デコルテラインを綺麗に見せてくれるワンピース。胸元には華奢なネックレスを飾ると、より視線を集めやすくなります。丈も短過ぎないひざ下丈が、控えめな女性を演出してくれます。

▲スタイルに自身がある方は、適度にヒップラインが強調するワンピースも素敵です。華奢さをアピールし、同時に控え目な黒が“聞き上手”な女性として余裕さを感じさせます。

ワンピース・ドレスをもっと見る>>>

セットアップ

▲適度なラフさととろみ感が上品さを演出。親近感の湧く柔らかい女性をアピールし、弾む会話が生まれてくれすはず。足元はヒールの高すぎないミュールがおすすめです。

▲通常マーメイドスカートは硬派なイメージです。しかし、ドット柄をあしらったデザインが程よくカジュアルを意識させ、ラフな上品にアップデート♡

▲フレンチスリーブのブラウスに、ボリュームの出過ぎないフレアスカートが甘さを軽減。オードリーヘップバーンを連想させる品のあるキュートさが、年上男性にはウケのいいファッションです。

セットアップをもっと見る>>>

Lily的おすすめアイテム

上品なオトナ女子アイテムが揃うMassimo Dutti(マッシモドゥッティ)。
プチプラと比べて少し値は張りますが、ベーシックで使いやすいデザインが豊富でおすすめです。

▲程よくスリットの入ったワンピース。適度に開いた胸元のVラインと素材のいい黒が肌を綺麗に見せてくれるエレガントスタイルです。

▲ハイネックがシックさを強調するノースリーブトップス。Aラインになったシルエットがボディラインをカバーし、ボトムスにinしても出してもどちらでも使える仕様。また、フレアスカートで合わせると、より一層上品感がアップします。

▲チャイニーズドレス風ワンピース。黒や白ではなく、落ち着いたグリーンが透明感をアップ。涼し気なイメージで着用出来、歩く度なびく足元のスリットが動きを生み華やかさが増します。

Massimo Dutti(マッシモドゥッティ)をもっと見る>>>

いかがでしたか?

もしもアラフォー紳士とディナーデートへい行くことになったら是非、この心得を覚えて行ってくださいね。2度目へのデートに繋がる1歩となりますように…♡

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Lily

EDITOR / Lily

ー 歳を重ねることを楽しむ ー。
My エレガント ルール。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧