《アフター6》どう過ごす? 充実させる『わたし時間』をプラン別にご紹介♪
LIFESTYLE
2019/07/12
1858 VIEWS

《アフター6》どう過ごす? 充実させる『わたし時間』をプラン別にご紹介♪

Photo by:www.instagram.com

終業後、まっすぐお家に帰ってテレビを観たりお風呂に入って就寝…というのも良いですが、たまにはアフター6を充実させてみませんか?おすすめの過ごし方コースをご紹介します♪

アフター6、何して過ごす?

仕事終わり、皆さんはどう過ごしていますか?
まっすぐ帰宅してそのまま寝ちゃう…という方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくなら短い時間でもできることを楽しんでみませんか?職場と家の往復だけでなく、何か楽しめることを見つけられたら、良いストレス発散にもなりますし、新たな人やものとの出会いも期待できるかもしれません♪

そこで今回は、新たな自分とも出会えるかもしれない、おすすめのアフター6の過ごし方をコース別にご紹介!「特に趣味もないし…」という方も、ぜひ参考になさってみてくださいね。

コース1: 自宅リラクシング&ビューティーコース

まずはインドア派さんにおすすめの過ごし方から♪
おうちで6時から楽しめることを考えてみましょう。

まずはお気に入りの入浴剤で体を癒す

自分を特別な気分にさせてくれるとびきりの入浴剤でアフター6をスタートさせてみませんか?思いっきりリラックスできる香りで、仕事で疲れた体をリフレッシュさせましょう♪

スキンケア・ヘアケア・ボディケアに力を入れてみる

ボディスクラブやマスク、セルフヘッドスパなど、忙しい時にはあまりできないスペシャルケアを重点的に行ってみるのはいかが?「今日はこのケアを重点的にする!」と決めておくのも良いですね。

メイクやヘアの研究・勉強

メイクやヘアといったトレンドは、ウェアと同じくらいすぐに移ろっては変わっていくもの。アフター6の時間を使って勉強してみるのも良い時間の使い方ですね。

思い切って早めに寝る

なにかとやるべきことがあると、就寝時間が深夜を過ぎることもありますよね。睡眠不足は体力や疲労の回復やお肌のコンディションだけでなく、仕事の効率にも大きな影響を与えます。お肌を休ませて美肌に近くためにも、仕事のパフォーマンスをアップさせるためにも、なるべく早めに就寝しましょう。

コース2: おうちでひたすらのんびりコース

アフター6、できれば早めに帰宅してのんびり過ごす…という贅沢な過ごし方も良いのではないでしょうか。普段忙しくしている方なら、きっと良い充電時間になること間違いなしです♪

好きな食べ物を用意!

まずはちょこっと食べられるものを用意。何か食べられるものがあれば、あれこれ動かなくて済みます。何もせずにのんびりすると決めたら、思いっきりのんびりして普段すべきこともあえて全部スキップしちゃいましょう。

好きな映画や音楽をON

その日の気分にマッチした映画や音楽をチョイスして、ちょっとした軽食やお酒を楽しんでひたすらくつろぐのもおすすめ。筆者も、疲れ切って帰宅した時は食べものと映画でパワー充電しています。


映画や音楽などの芸術に触れて心が動かされる(思いっきり泣く、笑うなど)ことで、最高のデトックスができるのもこの過ごし方の魅力。最近感情がそんなに動かされてないな…という方は、鑑賞日を決めて思いっきり映画・音楽を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

とびきりレイジーに過ごすなら、バスタブで半身浴しながら食べ物お酒も映画も持ち込んじゃうのも◎。あなただけの最高の映画館が作れますよ♪

料理の研究

Talk women02

アフター6をのんびり過ごすと決めたけど、やっぱり何かしたい気分…

と感じた時は、ホームパーティーのメニューレパートリーを増やす研究や、普段は作れないようなオーブン料理や海外の料理作りに励んでみるのはいかが?料理で創意工夫をすることで、感性もどんどん磨かれていきますよ♪新たなレシピを試してみるだけでなく、今冷蔵庫にあるもので何が作れるか考えて調理するのも、調理のスキルアップに大きな効果が期待できますね。

コース3: アクティブコース

ここからは、アウトドア派さん向けのコースをご紹介♪
どこに行こうか悩むなら、こんなコースはいかがでしょうか。

ジムに行って体を鍛える!

オフィスワークの型で、運動不足を気にしている方は多いのではないでしょうか。運動不足がきになるなら、アフター6は「アクティブに体を動かす」をテーマに行動するのがおすすめ。たとえば、アフター6にジムやスポーツクラブに行ってひたすら体を動かしましょう(もちろん、無理のない範囲で!)。


激しい運動が苦手な場合は、プールでウォーキングをしてみたり、景色が良いスポットでウォーキング/ランニングを楽しむのも手。

ピラティスでしなやかBODYに

運動だけでなく、体幹を鍛えることで姿勢(猫背)改善やメリハリのある女性らしい体作りの基礎になる「ピラティス」にトライしてみるのも良いですね。


ピラティスは呼吸を整えながら体幹を鍛えるもので、もともとはリハビリ用エクササイズでしたが、得られるメリットが多いことで女性を中心に大人気になったエクササイズの一つです。呼吸や体感が整うことで、自律神経バランスが整ったり、体の歪みが改善されやすくなるなどあらゆるメリットが期待できますよ。

友人を誘ってカラオケに

思いっきりストレスを発散するなら、運動だけでなくカラオケもおすすめ。すでにカラオケに通っている方もいらっしゃるかと思います。一人カラオケも良いですが、せっかくなら気のおけない友人を誘って思いっきりカラオケを楽しむのはいかが?最近のカラオケは食事メニューが充実しているところも多く、カラオケもグルメも楽しみながらアフター6を満喫することもできますね♪

お菓子や調理、ハンドメイドなどなど。教室に通う♪

近年は料理教室や語学系クラスだけでなく、ハンドメイド雑貨・アクセサリーやお菓子、ネイルなど様々な教室が新たなスキルを伸ばしたい方中心に流行っていますよね。せっかくアクティブに動くなら、自分自身のスキルを伸ばすべく教室に通うのも良い選択。あえて自分の得意分野とは全く異なるジャンルの教室に通って自分の新たな一面に出会ってみるのもなかなか有意義ですよね。

コース4: セルフケアコース

最後に、ストレスケアを中心にアフター6を過ごしたい方や日々の疲れを癒しながら自分に向き合ってみたい方におすすめの過ごし方をご紹介します♪

マインドフルネス

マインドフルネスは「雑念を持たず、リラックスして今ある状態からさらに精神を研ぎ澄ませる」状態・状態を目指すことをさします(諸説あります)。


頭の中にある悩みやどうにもならないことを一掃して、今ある状態に集中することで、ストレスなどから心身が解放されやすくなります。また、集中力や直感力、仕事のパフォーマンス向上効果も期待できるため、最近なんだか冴えない…という方はぜひマインドフルネスに挑戦してみてください。

マインドフルネスは主に呼吸に意識をおいた瞑想とも呼ばれています。方法はとても簡単。姿勢を正して(立っていても座っていてもOK)、5分ほど呼吸に集中するだけです。毎日アフター6に行うなど習慣化させると効率よくマインドフルネスができますね。詳細は以下の記事をぜひチェックしてみてください♪

澄み切ったココロに整えましょう♡スキマ時間でできる【マインドフルネス】のすゝめ

ヨガ

ヨガ=ダイエット?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、元々は心と魂、体が繋がった状態を意味し、呼吸や姿勢を瞑想と一緒に組み合わせて心の平安・やすらぎを得ることを目的とされています。


ヨガもマインドフルネスと同じく呼吸法の一種。気をうまくコントロールしながらポーズや呼吸を意識することで、精神の安定やリラックス、ストレスの解消ができるといわれています。ほかにも、冷え改善や便秘解消、肩こり改善などいろいろな効果が期待できますよ。

ヨガはジャンルが多くありますが、現在ではYouTubeなどでもさまざまなポーズが公開されており、自宅でも簡単にできるポーズも多くあります。アフター6の時間を活用して、目的に応じたポーズや方法を学んでみませんか?

塗り絵

Talk women02

大人の塗り絵?塗り絵って子供の遊びじゃないの?

いえ、実は塗り絵には自律神経を整える効果が期待できるほか、塗り絵に集中することで雑念が消え、ストレスが解消される、脳が活性化されるなどの効果が期待できるんです。何かに集中して雑念を取り払ってみたい方、まずは塗り絵から初めてみるのはいかがでしょうか?大人向け塗り絵ブックも多く販売されていますよ♪

アフター6を充実させると人生もさらに充実していくかも…!

アフター6を充実させるのにおすすめしたいアクティビティをコース別にご紹介してきました。いざ終業後に時間ができると何をしようか迷ってしまいがちですが、あらかじめ「今日は●●をするぞ!」と計画しておけば、その日の仕事もより捗るかもしれませんね。お好きなコースで「これは!」というものがあれば、ぜひ実践してみてください♪

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧