オンでもオフでも!働く25歳からは「真夏のリネンジャケット」さえあれば。
OUTER
2019/07/23
1100 VIEWS

オンでもオフでも!働く25歳からは「真夏のリネンジャケット」さえあれば。

Photo by:www.instagram.com

真夏も涼しく過ごせる「リネン素材のサマージャケット」が、この夏は手放せなくなりそう。薄着でいるよりも不思議と女っぽく、余裕のあるオーラを与えてくれる優秀アイテムの着こなしを、オン・オフスタイル別にご紹介します。

「カワイイ」だけは、もう卒業。だけど、トゥーマッチな背伸びはわたしらしくない。

そんな境目に丁度位置する、25歳という年齢。今の恋人との関係、新しく入ってくる後輩…ライフステージも少しずつ変わってくるアラサー世代は、ちょっぴり大人、だけど頑張り過ぎないスタイルで挑むべき!そこで、キチンと過ぎず、カジュアル過ぎない「リネンジャケット」をおすすめします。

○o。休日リネンジャケット

夏の休日にジャケットなんて、考えたことも無かった、そんな人も多いはず。しかし真夏の直射日光や、冷たいクーラーの風は容赦なくわたしたちに降り注ぐ季節。カーディガンやシャツに食傷気味なら、迷わずリネンジャケットをチョイスして。見た目にも涼しく、吸湿性に優れたリネンは、さらりとした質感をキープしてくれます。さらりと"着流す"ことで、飾らずこなれた大人の風格が手に入るのです。

プライベートに使いたい!リネンジャケットセレクション

Talk women01

くたっとした柔らかさと、遊びがあるくらいの大きめのサイズ感が、お洒落見えのコツ。手首を見せることがマストなので、袖がまくりやすいか、まくった時に変にもたつかないかチェックしてみて。今年は袖まくり要らずの5~7分丈のジャケットも豊作なので、そちらもおすすめ。

オフスタイルにMUSTな着こなし術をご紹介。

マスト①:デコルテがキレイに見えるインナー

Talk women01

きちんと感のあるジャケットと、ちらりと見えるセンシュアルな素肌。 このギャップこそ、見た人に余韻を残す大人の色気そのものなのです。鎖骨下までざっくりと開いたキャミソールやタンクトップは、1枚で着るよりもジャケットを羽織った方が色っぽくなる魔法のアイテム。トレンドのワンショルダーやニットキャミと合わせ、今年らしい着こなしを楽しんで。

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

マスト②:ボトムスはハンサムサファリを徹底する

Talk women01

乾いた砂漠を連想させるサファリスタイルが、新しい大人カジュアルの定番となりそうな2019年。今まではジャケットにフェミニンなワンピースを合わせていたところ、これからはハーフパンツやワイドパンツでハンサムを徹底するのが今年流です。その代わり、デコルテや手首をしっかり見せ、足元はヌーディなサンダルを合わせるなど、ほのかな女っぽさを漂わせて。

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

○o。お仕事リネンジャケット

最近ではクールビズが浸透し、ビジネスシーンでのドレスコードがややカジュアルになっていますよね。素材感の強いアイテムを敬遠していた方も、まずはさらっと涼しげなリネンからチャレンジしてみましょう。親しみやすく爽やかな印象を与えられるはず。ただし、リネンのサマージャケットは裏地が無いものが多く、シルエットが崩れやすのも事実。シワやほつれには気を配ってください。

お仕事で活躍!リネンジャケットセレクション

Talk women01

カジュアル感が強い分、シルエットはややスリムな襟付きタイプをおすすめします。また、ネイビーやブルーはリネンの素材感が引き立ち、相乗効果で涼やかさもぐーんとアップ。

オンスタイルにMUSTな着こなし術をご紹介。

MUST①:どこかに「濃色」を投入する

Talk women01

ナチュラルな風合いが魅力のリネン。淡い色合いで全身を統一するのもステキなのですが、ビジネスシーンではぼやけた、頼りない印象に。ブラックや濃いカーキといった濃く強いカラーを合わせ、キリリと引き締めましょう。コンサバ過ぎるのが気になるなら、インナーやパンプスなど、部分使いでも十分。全身鏡でカラーバランスをしっかりチェックして。

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

MUST②:シルエットと素材感でエレガントに魅せる

Talk women01

悲しいかな、私たちの憧れる「こなれ感」と「だらしなさ」は実は紙一重。リラクシーなリネンジャケットはシワになりやすく、合わせるアイテムによっては「だらしない」に針が振れるリスクが。ビジネスシーンでは、大人の女らしい上質感を忘れないで。ワンピースやスカートは、やさしくボディにフィットするサイズ感を。パンツであれば、キュプラやレーヨンなど、光沢感のあるエレガントな素材感で勝負しましょう。

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

真夏も脱げない、脱ぎたくないジャケット

これから買い足すなら、Tシャツやワンピースじゃなくて「リネンジャケット」が狙い目!オンにもオフにも使える上、秋まで着られることを考えればコスパ最上級のアイテムです。夏のお買い物の第一候補にいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧