目指すは“触れたくなる肌”!美肌さんのスキンケアステップを全公開しちゃいます✓
2019/07/23
2782 VIEWS

目指すは“触れたくなる肌”!美肌さんのスキンケアステップを全公開しちゃいます✓

Photo by:www.instagram.com

「カフェで偶然隣の席に座った人がとっても肌が綺麗でつい見つめてしまった」という経験のある人は多いのではないでしょうか。「どんなケアしてますか?!」なんて声を掛ける勇気はないけれど、やっぱり気になる美肌の秘密。今回は気になる美肌さんがしている毎日ケアのコツをご紹介します♡

そもそも美肌の基準って何?

肌が綺麗というとどんな状態をイメージしますか?ニキビがない、毛穴が見えない、ツヤとハリがある、シミやソバカスがないなど様々なトラブルがないまっさらな肌を思い浮かべますが、スキンケア命の筆者が思う美肌の条件は以下の3つです。

①水分と皮脂のバランスが取れて肌内部から潤っている


肌が健康な状態を保つために必要なのは水分とそれを逃さないように膜を張る皮脂のバランスが整っていることです。どんなに化粧水で肌を満たしても、蒸発しないように保湿アイテムで膜を張らなければすぐに乾いてしまいます。



②透明感があり、均一な肌色である


肌が白くなければ透明感は出せないと思いがちですが、決してそんなことはありません。透明感とは肌の中から潤った状態であれば肌の色を問わずまとうことができます。また、くすみのない肌は紫外線ケアをしたり、体の血行を良くすれば手に入れることができます。



③ニキビや吹き出物のない健康的な肌状態である


女性は体調不良やストレスなどから肌のバランスも崩しがちです。特に生理前などホルモンバランスを崩した時にはニキビや吹き出物など肌トラブルが起こりがちです。こんな時は肌のケアを重視するよりも、悪化させないということに注力し、低刺激のコスメを使用し、十分な保湿を心掛けましょう。

美肌を保つ大人の肌ケアとは?

大人の肌ケアなんてまだまだ必要ないと思っている人、もし20代後半に差しかかっていたら準備を始めましょう!25歳前後から少しずつ肌の潤いと弾力に必要なコラーゲンやエラスチンといった成分が減少し始めます…

美肌へと導くには年齢に適した肌のケアをするということです。なので、肌を若返らせるというよりも、その時に不足し始める栄養を足してあげると考えるとわかりやすいでしょう。

Talk women01

30代に入るとびっくりするほど肌の乾燥が乾燥しやすくなったり、疲れが肌に出やすくなります!20代後半の人はこの頃からしっかり保湿をして潤いをキープするようにすることをおすすめします。また、アラサー世代に差しかかったら迷わずリンクルケア(目元・口元ケア)を取り入れて先どりケアも忘れずにっ!

つい見惚れてしまう美肌さんたちが取り入れているスキンケア方法

肌が綺麗な人に日頃どんなケアをしているか聞くとだいたい2種類の答えが返ってきました。ひとつは「何もしてないよ〜」という謙遜型、ふたつ目は「基本的なことはやるかな。例えば〜」と謙遜しつつも教えてくれる型。共通するのは、両者ともにスキンケアを「当たり前」のようにしているということです。



ここからは肌が綺麗な人がやっている、コツコツ続けられる毎日のスキンケアについてご紹介していきます。美肌は1日にしてならず!面倒くさがり屋さんも頑張ってせめて1週間はコツコツ続けてみれば、その変化に気がつくはずです♡

化粧水を甘くみないで!しっかり潤わせてむっちり肌の土台作りを

お風呂上がりや朝のスキンケアの一番はじめに付けるものといえば化粧水ですが、とりあえずつけるだけでは真の美肌さんにはなれません!
化粧水の役目は肌に水分を与えて潤わせることです。お風呂上がりや洗顔後につっぱり感を感じていなくても、肌の水分はすでに蒸発し始めているんです。それをカバーするためにも化粧水はすぐにつけてあげるようにしましょう!

化粧水のつけかたは人それぞれですが、おすすめはコットンと手の平のダブル使いです。具体的には、



①化粧水でヒタヒタにしたコットンで肌に化粧水を広げます。


②化粧水を肌に押し込むようにしてハンドプッシュします。


③コットンを2枚に裂き、肌に触れていない方を毛穴の気になる部分に貼り付けて2~3分ほど時間を置きます。


④コットンを剥がしたら、改めて化粧水を手にとって、そのまま肌に馴染ませ、ピタピタと手に肌が吸い付くようになったら終了です!

Talk women01

4ステップも踏むなんて面倒くさいと思ってしまいますが、ここでしっかり潤いのある肌にしておくと乾燥対策にもなり、さらに肌が余分な皮脂を分泌しなくなるのでメイク崩れも最小限に抑えることができます。

また、コットンは化粧水をコットン自体が吸い取ってしまうから勿体無いという人もいますが、そんなことはありません。むしろ均一に肌に化粧水を行き渡らせることができるので効率よく無駄のないケアができるのでおすすめです♡

美容液カットなんてとんでもない!肌にもしっかり栄養を♡

スキンケアは肌内部の余分なものを排出することが重要という人もいます。もちろん肌のターンオーバーが狂えば角質が重なって肌はゴワゴワ、くすみの目立つ残念フェイスになってしまいます。ですが、排出メインのケアは年齢を重ねていく肌には不十分です…

そこで取り入れたいのが美容液です。美容液はほとんどのスキンケアブランドから出ているにも関わらず、美容液はお値段が張るからパスという人も多いようですが、そこをカットしていては美肌への道は遠くなります。お肌がショボショボになってからでは手遅れ!

季節やその時の自分の肌の状態に合わせてぴったりの効果のものをチョイスして、元気な肌を保つようにしましょう♡

Talk women01

美容液は顔だけではなく手に残ったものを首やデコルテ、さらに首の後ろにも馴染ませるようにしましょう。首の後ろは髪をアップした時に意外に見られています!予想以上に日焼けをしていたり、くすみが気になる部分でもあるので抜かりなくケアしましょう♪

季節問わずむっちり肌にはオイル美容♡

乾燥肌じゃないからオイルは必要ない、というかオイルなんて冬しか使わないという人は今一度オイルを見直してみてください!オイルは乾燥を防ぐだけではありません。肌のゴワつきを改善したり、メイク前にはツヤを仕込んだりと美肌作りには欠かせない要素を含んでいます。

Talk women01

筆者はオイル大好きでお気に入りのアイテムはストックを切らさないようにするほどです。春〜初秋には日焼けした肌のターンオーバーを正常にするための保湿、秋冬には乾燥予防と乾燥からくる皮脂の過剰分泌で肌荒れしないためにオイルは必須アイテムです。

このように過剰なオイリー肌でない限り、オイルは特に歳を重ねた肌には健康な肌を保つために欠かせないアイテムなんですよ!

ケアの仕上げ、乳液とクリームは季節と肌の状態に応じて使い分け

オイルまで塗ったし、保湿は完璧♡と気を抜かないでくださいっ!化粧水の水分と美容液の栄養、オイルで薄く膜を張ったら、駄目押しのクリームor乳液で最後の蓋をしてください。


乳液とクリームの役割は別物と思っている人もいますが、二つの違いは含まれている水分量の違いです。乳液の方が水分が多いのでさっぱり、クリームの方は水分が少ないのでこっくりとした質感でしっかり保湿したい人におすすめです。

Talk women01

極度の乾燥肌である筆者は朝晩、季節を問わずスキンケアの仕上げはクリームですが、オイリー肌や混合肌の人は乳液が使いやすいでしょう。また、混合肌ならTゾーンなど皮脂の多いところは乳液、頬や口周りなど乾燥しやすいところはクリームなど場所によって使い分けるとさらにしっかりケアできます♡

Talk women01

保湿というとオイリー肌の人には必要ないと思いがちですが、そのオイリー肌は保湿不足によって肌が過剰に皮脂を分泌しているからかも知れません。ですが、乳液でもベタつきそうで心配という人はジェルタイプの保湿アイテムを取り入れてみましょう。

さっぱりなのにしっかり保湿できるので重さを感じず、朝晩のケアどちらでも使用できます。

その手間を惜しまないで!フェイスパックをデイリーアイテムに

フェイスパックは特別な日に備えて取り入れるアイテムだと思っていませんか?肌の綺麗な人はその特別を日常のケアに取り入れています。商品ごとに使用方法は異なりますが、お風呂上がりの乾燥予防にペタッと、または朝の忙しい時間でも家事の合間に取り入れたりと「片手間ケア」として取り入れたりしています。

Talk women01

周囲の美肌さんたちは日常用パックとイベント前のパックを使い分けていました。デイリーケアのパックはドラッグストアに売っている数枚入りでU¥1,000のもの、スペシャルケアの際はお気に入りのコスメブランドのものを使用しているようです。

また、パックをする気力も体力もない、でもケアはしっかりしたいというときはスリーピングパックを取り入れてみてください。いつものケアの最後に塗って眠るだけで翌朝は疲れを感じさせない潤み肌に生まれ変わっていますよ♡

見落としがちなアレをケアすることで美肌に近づける♡

美肌というとどうしても肌のケアだけに集中しがちですが、実は「頭皮」をケアすることが美肌に続く道の一つなんです!

そもそも、人間の皮膚は全て繋がっています。特に顔の皮膚と頭皮は近いところにあり、その頭皮が柔らかく、血行が良い状態であると顔の血色もよくなり、くすみも解消されます!



ですが、頭皮マッサージをするのはいつも時間が取れなくていつの間にはやらなくなってしまうという人は、髪の毛の長さ関係なくしっかりブラッシングしましょう!それだけで頭皮を刺激できるので自然とマッサージになり、さらに頭皮の汚れを取り除くことができるので髪も健康に保つことができます。

今日の機嫌は肌次第!女子は肌が綺麗なだけで自信が持てる♡

朝起きて鏡を見たとき、ツヤのあるふっくらとした肌だったらスキンケアも億劫になりません。そして、その後のメイクも楽しくなり、仕上がりも満足いくはず!そしてそんな日はいつも以上に笑顔が多くなるものです♡

初めはアイテムやステップが増えて面倒に感じても、それを習慣にしてしまえば、どうしたらそれぞれのアイテムの効果を高められるのか分かるようになりますよ。


一度に綺麗な肌を手に入れるのは難しいですが、今回ご紹介した内容を参考に毎日のケアを積み重ねていけば数週間後には「あれ、私肌綺麗じゃない?」と鏡の前で笑顔になれますよ♪

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

JOJO

EDITOR / JOJO

2児の男の子のママ。「ママだからこそ綺麗でいたい」をテーマに、リアルなママ目線で美容やファッション情報を発信していきます。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧