【it|News】噂のプロジェクトが始動!Jil Sander(ジルサンダー)の新ライン『ジル サンダー+』って??
2019/08/28
1728 VIEWS

【it|News】噂のプロジェクトが始動!Jil Sander(ジルサンダー)の新ライン『ジル サンダー+』って??

Photo by:www.instagram.com

今人気上昇中のJil Sander(ジルサンダー)。男女共に愛用者が増えているジルですが、実は2019AWでは新しいラインの『ジル サンダー+』が誕生。さらにはあのMACKINTOSH(マッキントッシュ)ともコラボ‼その気になるNewラインをご紹介します‼

「ジル サンダー+」のインスピレーション源は自然。

●2019-20年秋冬シーズンよりスタートする「ジル サンダー+」。


“都会から抜け出した暮らし”をコンセプトに、ほぼ全てのアイテムをユニセックスで展開。

トレンドに敏感なお洒落層は早くもこの新ラインに大注目‼

Talk women02

これまでのJil Sanderとは何が違うの?

■その①:機能性を考慮したデザイン
→→Jil Sanderは、デザイン性の高いものが多かった印象。けれどその分、現実味の少ないアイテムが多かったのも正直なところ。ジル サンダー+ではそんな“実用性”に考慮したカジュアルなアイテムを展開。


■その②:暖かく柔らかいムード
→→タイムレスandミニマルを極めていたJil Sander。しかしその代償にクールな面持ちが多かったアイテムたち。ジル サンダー+では、着心地の良さが見た目からも伝わる“親近感”をチャージ。


■その結果:

リラクシーで実用性のあるデザインが誕生。

Talk women01

これまで無かった、パジャマやナイトガウンも登場♡

#記念すべきデビューシーズンは“マッキントッシュ”とコラボ‼

『ジル サンダー+』のデビュー作となる2019-20年秋冬シーズンは、日常のあらゆるシーンにマッチするMACKINTOSH(マッキントッシュ)とタッグ。高機能なアウターやアクセサリーを展開される模様。

Talk women01

使用される生地はほぼ全てが【ハイテク素材、もしくは天然素材】。また、環境にも考慮したリサイクルされたカシミア、シルク、ベンタイルコットンなどが採用されています。クラシックを現代風に落とし込んだデザインも益々見ものですね♪

さらにはデニムラインも登場‼

【デニムと言えばここ日本】。
ジル サンダー+では日本で生産したデニムが用いられ、さらには日本最高峰の生地工場から生地を調達。パンツやシャツ、ジャケットなどと言ったラインナップが続々と登場します。

#2019年7月から続々と販売

国内では【表参道とドーバー ストリート マーケット ギンザ】の2店舗のみの取り扱い。
気になる人は完売前に急いで‼

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Hina

EDITOR / Hina

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧