足元から色香を引き立てる:The Row(ザ・ロウ)の可憐なるシューズたち
2019/08/02
2170 VIEWS

足元から色香を引き立てる:The Row(ザ・ロウ)の可憐なるシューズたち

Photo by:www.instagram.com

ネクストCELINE(セリーヌ)と噂される、オルセン姉妹が手がけるベーシック・ラグジュアリーブランド、The Row(ザ・ロウ)。中でも女らしさで群を抜くのが、数々の洗練シューズたち。今回は、足元から女っぷりを上げる厳選シューズをご紹介します。

The Row(ザ・ロウ)ってどんなブランド?

幼少期より子役として活躍していたオルセン姉妹が2007年に設立した、ベーシック・ラグジュアリーブランド。ミニマリズムとモダンさを究極にまで突き詰めた洗練デザインで話題を呼び、2012年と2017年にはCFDAの "Womenswear Designer of the Year"を受賞。NEXTセリーヌとして期待される注目株です。

Talk women01

上質な素材と、こだわり抜いたディテール…まさに「エフォートレス・シック」を体現したようなクリエイションが光ります。

中でも、女らしさで群を抜くのが、数々の洗練シューズたち。おしゃれの格を左右する重要アイテム「靴」からThe Rowの世界に足を踏み入れてみませんか?

"Bare"サンダル

"Bare"は、The Rowのアイコン的シューズ。華奢なストラップが、脚を美しく見せるヌーディな一足です。シンプルだからこそ女っぽいという、ある意味の「矛盾」がわたしたちを虜にするデザイン。低めのキトゥンヒールとアンクルストラップで、安定感のある履き心地が叶います。

▲▲▲
歩くたびにちらりと見える素肌に、Bareサンダルを。紅いペディキュアが薫り立つようなセンシュアルな足元が完成。エレガントで上品なのに、思わずどきっとしてしまいそうな装いに。

▲▲▲
真夏の肌見せをおしゃれに格上げするなら、華奢なサンダルがマストです。なんてことないモノトーンのコーディネイトが、一気にヌーディでミニマルな雰囲気に。

▲▲▲
華やぎ感の強い総柄ワンピに、大人の落ち着きと余裕を与えて。歳を重ねてトゥーマッチになったお洋服も、このサンダルで現役復活も夢じゃない。

カラバリも素敵です

"Coco"ミュール

ラブリーなイメージのリボンモチーフだって、The Rowの手にかかれば大人顔にシフトチェンジ。美しい曲線を描くポインテッドトゥと、セクシーなキトゥンヒールにレザーのリボンがちょこんと加わって、可愛げのあるレディそのもの。きちんとしなきゃ、と肩肘をはった大人をちょっぴりリラックスさせてくれるルックスです。

▲▲▲
仕立ての良いトレンチやパンツに合わせるなら、やっぱりシャープなハイヒールと思っていませんか?あえてリボンモチーフのローヒールを合わせることで、女っぽい柔らかさが生まれるのです。

▲▲▲
デニムとの相性が良いのが、The Rowのシューズの強み。シルエットが洗練されているから、絶対に野暮ったくならず、かつリラックス感のあるデニムスタイルが叶います。

秋色カラーも勢ぞろい

まさに探してた、こんなシューズ!

The Rowのアイテムに共通しているのは、完璧な美シルエットなのに、どこか"隙"があること。そして、最高にモダンなのに、親しみやすく、遊び心があること。…それって、わたしたちが考える「女っぷり」そのものじゃありませんか?今年の足元おしゃれは、大本命「The Row」を指名買いして、女度を上げていきましょう。

The Rowのシューズをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧