元リップ開発担当が伝授!マイナス5歳を狙う《若見えリップ》5つの掟✓
MAKEUP
2019/08/12
2313 VIEWS

元リップ開発担当が伝授!マイナス5歳を狙う《若見えリップ》5つの掟✓

Photo by:www.instagram.com

若見えを目指すと成功か残念なことになるか紙一重。頑張ってない風だけれども、きちんと若見えを目指したいところ。一番簡単で5歳若見えするポイントは顔の下半分。歯科医・皮膚科医・心理学者等などと研究してきた某メーカーリップ開発担当がこっそり教えます♡

00.若く見えるリップって?

化粧品業界では顔のどこに変化があれば若く見えるか?また老けて見えるか?ということを常に研究しています。


そこでわかったのは顔下半分がとても重要な要素であること。顔下半分と言えばメイクできるのはリップとその周辺ですがそこだけキチンとメイクすれば-5歳は確実なんですよ♡ぜひ試してみてくださいね。

01.口角の色差がはっきりしている

歳を重ねると唇の色が薄くなり肌の色と同化し色の差がなくなってぼやけてしまいます。特に、口角部分についてはキュッと上がりしっかりと色がついていることがポイント。ここがぼやけると一気に老けて見えてしまうのでリップライナーとコンシーラーを利用して色差が明確になるようにしましょう。

02.上唇:下唇は1:1.5である

上唇:下唇の黄金比は1:1.5と言われ、若々しいリップにはふっくらとした上唇よりもボリュームのある下唇がバランスが取れているといわれています。元々唇の薄い方でも、少しオーバー気味に描いてみるなど1:1.5を意識してみてくださいね。

03.上唇が綺麗なキューピットボーになっている

上唇で重要なポイントはキューピッドボゥ。つまり天使の弓のようなきれいなM字を描いているか。歳をかさねると段々このMが平らになっていきます。海外ではこのM部分がリップメイクの肝で整形する人もいるほど。こちらもペンシルライナーやコンシーラーを利用してMの山部分がわかるようにメイクしてみてくださいね。

04.下唇が綺麗な船型である

下唇については綺麗な船型をしているか、という事がポイントになります。口角に向けて緩やかな曲線を描いていること、口角が鋭角に上がっていることなど、こちらもメイクでつくる事の出来る特徴です。

05.歯に黄ばみがないこと

ヒトではないですが、犬を保護したときに歯を見て何歳かを推定するという方法があるほど歯は年齢に比例して着色していき黄ばみます。自歯を美しく綺麗にすることでぐっと若返りが可能♡海外のデンタルケア製品の中にはフッ素が高濃度のものやホワイトニングに特化したものがたくさんあるので探してみてくださいね。

手持ちのものでまずはトライ♡

いかがでしたか?
私自身リップ開発担当だった中の人ですが、どのようにしたらお客様に綺麗になってもらえるかを専門家に調査するうちにみんなが口を揃えて仰るのがまさにこの5つ。実際にこれらを意識してメイクしていただいたところ印象が変わった、若返ったという回答を得ることができました。


是非顔下半分若返りで全体的な若返りを果たしてみてくださいね。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Kojikoji

EDITOR / Kojikoji

化粧品と温泉好き。

自分の経験が役に立ちます様に。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧