【BUYMAリアル調査】ほのかな香りにうっとり「香水」人気ランキングTOP10
BODYCARE
2016/07/27

【BUYMAリアル調査】ほのかな香りにうっとり「香水」人気ランキングTOP10

ココ・シャネルが「香水をつけない女性に未来はない」と言い残したように女性を表現するうえで大切な香水。今回は世界中の香水ブランドが豊富にそろう海外通販「BUYMA(バイマ)」で、今"リアルに人気”のあるブランドをランキングでご紹介します。

お気に入り追加

【1位】Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

大人気歌姫のアリアナ・グランデがプロデュースする香水。フルーティーなフローラルの香りに、大人っぽいムスク、さらにアリアナが大好きなマシュマロの香りをプラスした、ガーリーだけど女性らしさも兼ね備えた、まさに「アリアナ自身を表現した」ような香り。どの角度から見てもキラキラ輝く宝石のようなボトルにキーチャームとしても使えるアリアナの大好きな白いファーをデコレート。「アリアナカラー」ラベンダーのパッケージにはキュート & 小悪魔みたいなアリアナのビジュアルをプリントしています。香りはフェミニンなフルーティフローラルに大人っぽいムスクさらに、アリアナが大好きなマシュマロをプラス!アリアナみたいにガーリー & ロマンティック & センシュアルな香りをお楽しみいただけます。

以下は2016年1月発売の最新作フレグランス!日本未発売の限定品です。ボトルデザインは同じで、ポンポンがついてます。今回はボトルカラーはピンク色。香りはアリアナの誘惑的でスウィート、楽しくて、セクシーな性格をイメージしたんだとか。シュガーたっぷりのブラックベリーとジューシーイタリアンベルガモットのフルーティな香りとクリームカシス、マシュマロ、セクシーなバニラの香りで仕上がっていて、甘い香りです。

以下はアリアナ・グランデが、兄のフランキー・グランデと作った、男性でも女性でも使えるユニセックスの香水です。二人のエネルギッシュでセクシーなキャラクターを表現した香りになっています。容器は第1弾と同じかたちですが、ミラーボールのようなシルバーに、ブラックのポンポン付きで可愛いです。カップルでお揃いでつけてもいいですね!こちらも限定商品なのでgetした方はラッキー。

【2位】Victoria's secret

日本でもファンが多いアメリカ発のコスメ・ランジェリーブランド「Victoria's secret(ヴィクトリアズシークレット)」。Victoria's secretの人気の秘密はリーズナブルなプライスとセクシーでキュートなデザイン。ランジェリーのほか、パーカー、パジャマ、コスメ、香水、バッグなどのアイテムを展開しています。

【3位】 Bond No. 9(ボンド ナンバーナイン)

2003年にニューヨークのNOHO地区にあるボンド ストリートの9番地にて誕生。すべての香りがニューヨークの街にインスパイアされて作られ、「MADISON SQUARE PARK」「HAMPTONS」など、各エリアにちなんだ名がつけられているのが特徴。本国では香水の量り売りや、キャンドル、ボディークリーム、ソープなども販売しています。

【4位】TOM FORD(トムフォード)

GUCCI(グッチ)、Saint Laurent(サンローラン)(※当時はYves Saint-Laurent(イヴ・サンローラン))のクリエイティブ・ディレクターとして、 その名を世界に知らしめ、数々の実績を残してきたTom Ford(トム・フォード)。 そんなファッション界のカリスマが2005年に自らの名を冠し立ち上げたのがブランドTOM FORD(トムフォード)です。 セレブ御用達のサングラスには「T」のロゴがスタイリッシュに挿入されており、洗練されたディテールで人々を魅了しています。 アイウエア以外にも、レディース・メンズファッションやフレグランス、メイクアップなど幅広く展開しています。

【5位】Fragonard(フラゴナール)

「Fragonard(フラゴナール)」は、1926年に南仏のグラースで誕生した老舗パフューマリー。一時は日本にも店舗を構えていましたが、残念ながら現在は撤退しております。高品質なフレグランスをお手頃な価格で入手できること、そして商品のかわいらしいデザインが人気を呼び、お土産としても大人気です。

【6位】 Bath & Body Works

低価格でさまざまな香りのボディケアアイテムが楽しめるヴィクトリアシークレットの姉妹ブランド「Bath & Body Works(バスアンドボディーワークス)」。女性を虜にする、香水・ローション・バスグッズにアイテムを特化しています。アメリカでは多数ものショップが展開されながらも、日本未上陸のブランドで低価格でさまざまな香りのアイテムが楽しむことができます。抗菌サニタイザーハンドジェルは小さなお子さんがいるママたちにも支持を得ています。

【7位】MiuMiu(ミュウミュウ)

2015年ついにMiuMiu(ミュウミュウ)初のフレグランス・香水が登場!

ボトルデザインはアイコンバッグ「マテラッセ」をイメージしたもの。フェミニンでクラシカルなブルーと対照的なのは、キャップにあしらわれたクリアな赤いディスク。遊び心あふれるカラーコンビネーションがブランドのシグネチャーを感じさせる。 そしてその対比性は、香りにも現われている。

はじめに香るのは、スズランやジャスミン、ローズなど若々しいフローラルノート。そのフレッシュさとコントラストを描くのは、後に残るウッディで記憶に残る香り。ラストノートに使われているのは、香水に使われるのは珍しいとされるアキガラウッドという香料で、パチョリというハーブから抽出されている。

【8位】Chloe(クロエ)

Chloe(クロエ)らしさあふれる香り、クロエ・ウーマンの創造的で自信に満ちた個性を表現しています。
生まれながらにシックな感性を備え自由な精神を持つ女性にふさわしい、フレッシュでフェミニンな香りです。

【9位】CHANEL(シャネル)

CHANEL(シャネル)は1910年、デザイナーであるココ・シャネルがパリのカルボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子店を開店したのがはじまり。その後、CHANEL (シャネル)は香水「N゜5」がまたたく間に世界の女性を虜にしました。その後も様々なフレグランスが登場し、いつの時代も色あせない永遠に愛される香りを生み出し続けています。

【10位】Jo Malone(ドットールヴラニエス)

天然の香りが魅力のイギリス発高級フレグランスブランド「Jo Malone(ジョーマローン)」。
1994年にイギリス、ロンドンでスタートしたビューティーブランド。コロン、キャンドル、シャワージェル、ボディクリームなど香り高く、高品質なアイテムを数多く展開しています。創始者のJo Malone(ジョーマローン)はもともと1980年代からフェイシャルトリートメントを中心とした仕事していました。その際、各顧客の肌に対応した手作りのトリートメントを使用したことが 話題となり人気を得ました。コロンにおいては、『自分だけの香りを奏でる』というテーマがあり、2つの異なる香りを選んで、それぞれの香りを重ね合わせる『フレグランスコンバイニング』を勧めています。2008年には日本にも初上陸し、話題となったビューティーブランドです。

自分が“心地よい”香水を

出典:jp.pinterest.com

目に見えないけれど身にまとうたびに幸せになれる。そんな香りが見つかるといいですね。

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS

EDITOR / STYLE HAUS

STYLE HAUSの編集スタッフ

おすすめアイテム(PR)

関連記事一覧