オフィスの冷房対策は「ブランケット」で決まり!季節問わず活用して冷え対策しましょ♪
ZAKKA
2019/08/23
645 VIEWS

オフィスの冷房対策は「ブランケット」で決まり!季節問わず活用して冷え対策しましょ♪

Photo by:www.instagram.com

ブランケットは冬のイメージがあるかもしれませんが、実は夏にもぜひ使っていただきたい防寒アイテム。夏の冷房は思っている以上にお肌や内臓に大きな負担をかけています。おしゃれなブランケットで、デスク周りもかわいく彩りながら冷房対策をしてみませんか?

意外と軽視できない「冷房冷え」

5月も末になると、どのオフィスでもエアコンが使われるようになると思いますが、みなさん「冷え」対策は万全でしょうか?エアコンが原因で体が冷えすぎてしまったり、だるさ、肩こり、肌荒れなどに悩まされる方も増えているようです。

そこで今回おすすめしたいのが「ブランケット」の活用。
冷え対策ですでにカーディガンやストールを活用されている方もいらっしゃるかもしれませんが、季節問わず使えるブランケットは、職場に1つは置いておきたい必須アイテムです。まだお持ちでない方は、これから来る秋冬にも使えるブランケットを用意しておきませんか?

職場で使うブランケットの選び方

Talk women01

ブランケットといっても、自宅で使うものと職場で使うものでは選び方が若干異なってきます。
ここで一度、職場用ブランケットの選び方をチェックしておきましょう。

1. 派手過ぎないもの

職種やオフィスの雰囲気によって一概にはいえませんが、オフィス使いするならなるべく派手でないものを選んでおくと無難ですね。

2. なるべく足首まで覆えるサイズのもの

意外と見落としがちなのが「サイズ」。ひざ掛けとして膝に少しだけかけるのも良いのですが、オフィスで冷えてしまいやすいのが「足首」。特に、制服がスカートの方やパンツスタイルでもパンプスなどを履いていて足首が見えている方には特に足首まで覆えるサイズがおすすめです。

Talk women01

手首、首、足首(三首)には大きな血管が通っています。この3つの首が冷えると体全体が冷えやすくなってしまうんです。

3. 必要な時に肩から羽織えるもの

デスクにエアコンの風が直撃する…という席をお使いの方には、肩から羽織える軽量なものがおすすめ。とくに、肩や首に冷風が直撃するとなると、肩こりや首の痛みを抱えやすくなってしまいます。選ぶ際には、実際に羽織ってみてご自身にとって重いか軽いかを判断してみると良いですね♪

職場でもさりげなくおしゃれを楽しめる♪おすすめブランケット

Talk women01

では、ここからは先ほどご紹介した「選び方」を踏まえながら、おすすめのブランケットをご紹介していきます♪

Urban Outfitters アーバンアウトフィッターズ

出典:www.buyma.com

大人気のアメリカンライフスタイルブランドUrban Outfitters(アーバンアウトフィッターズ)。ポップな雰囲気のアイテムが多い印象のブランドですが、こちらのRosie Tufted Throw Blanket(ロージータフテッド・スローブランケット)のような、シックな配色の無地ブランケットは職場にもぴったり。隅にあしらわれたタッセルが女性らしく優雅ですね。

出典:www.buyma.com

こちらはフリースでできた、軽めでふわふわの質感が楽しめるブランケット・Amped Fleece Fringe Trim Throw(アンプドフリンジトリムスロー)。
もこもこ感がかわいらしいのはもちろん、畳んだブランケットは付属のゴムバンドでバッグのように持ち歩きすることができます。オフィス内だけでなく、自宅に持ち帰って使ってもgood!車通勤の方は冬の通勤時の防寒アイテムとして使うのにも便利ですね。

出典:www.buyma.com

続いてご紹介するのが、Geo Tufted Tassel Throw Blanket(ジオタフテッド・タッセルスローブランケット)。ローズとハニーオレンジの2色展開で、どちらもふんわりとした質感とソフトなカラーリングが魅力的。足首まで隠れるサイズ感も申し分なしです♪

Anthropologie アンソロポロジー

出典:www.buyma.com

Urban Outfitters(アーバンアウトフィッターズ)と並ぶアメリカのライフスタイルブランドといえば、Anthropologie(アンソロポロジー)。フェミニンでロマンチックなアイテムが多めで、女性を中心に人気があるブランドです。

こちらのKantha-Stitched Nevin Throw Blanket(カンタ-スティッチドネヴィンスローブランケット)は、インドのカンタ編みで作られた手編みブランケット。マクラメフリンジと相まってどこかフォークロアな印象に。ニュートラルでユニセックスなカラーと素材感は使う人を選びません。

出典:www.buyma.com

シックなものをお探しなら、Edna Embellished Throw Blanket(エドナ・エンベリッシュトスローブランケット)はいかが?モノトーンとグレーを基調としながらもフェミニンさが漂うブランケットなら、スーツスタイルにも可憐にマッチしますよ♪

Pottery Barn ポッタリーバーン

出典:www.buyma.com

カントリースタイルやシャビーシックなど、王道クラシックデザインの人気ブランドといえば、Pottery Barn(ポッタリーバーン)。派手過ぎず、ママさんやファミリー層からの信頼も厚く、セレブにもファンが多いブランドでもあります。

こちらのFaux Fur Ruched Throw Blankets(フォウファー・ルーシュドスローブランケット)は、フェイクファーを使ったもこもこ質感のブランケット。リアルファーさながらのふわふわ質感と見た目は少しリッチな気分に格上げしてくれます。

出典:www.buyma.com

無数のフリンジがおしゃれなThe Emily & Meritt Loop Fringe Throw(ジ・エミリーアンドメリット・ループフリンジスロー)。
ざっくりとしたニットは通気性もよく、夏場のクーラー対策用にも適しています。どこかフォークロア感がありながらクラシックかつ上品に決まるのは、さすがポッタリーバーンのデザインといったところでしょうか。

Madison Park(マディソンパーク)

出典:www.buyma.com

Madison Park(マディソンパーク)は、ベッドリネンを中心に人気の高いアメリカンブランド。モダンとラグジュアリーが共存するデザインが特徴です。
ベッドリネンブランドだけあり、ブランケットも上質な生地感が目立つものばかり。

こちらのRuched Fur Throw(ルーシュドファースロー)はフェイクファーのブランケットで、表地は毛足長めのフェイクファー、裏地はベルベット仕上げと表裏で生地感が異なるのがポイント。ベルベットで暖かいだけでなく、滑り止めにもなり膝から落ちにくいのも魅力的ですね。

出典:www.buyma.com

Chunky Knit Throw(チャンキーニットスロー)は手編みニットブランケット。
サマーニットのような、ざっくりとしたドライ質感とニュートラルなカラーリングが人気です。ほどよい温もりが楽しめそうですね♪

冷房で肌寒い日はブランケットをお供にお仕事頑張りましょう♪

オフィス使いにぴったりでおしゃれも楽しめる海外人気ブランドのブランケットをご紹介してきました。ブランケットがあれば、夏の冷房冷え対策でなく、秋以降の寒さ対策も可能に。あなたなら、どんなブランケットを選びますか?冷えが気になる時にさっと膝や肩に掛けて、手軽に冷え対策を実践してみましょう♪

ブランケットをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)