「平面顔、卒業します!」きゅっと小さい3Dフェイスをゲット♡顔の形別シェーデング講座
2019/08/27
3644 VIEWS

「平面顔、卒業します!」きゅっと小さい3Dフェイスをゲット♡顔の形別シェーデング講座

Photo by:www.instagram.com

せっかくシャーディングをするなら、より効率的に、自分の骨格を活かした入れ方をしなくちゃ☆顔型に合わせたシェーディングの入れ方をご紹介!

シェーディングの効果って??

シェーディングをしていないわ!っていう人のために、まずはシェーディングをするとどんな効果が得られるのかをご紹介します。

シェーディングというのは顔の立体感を生み出すもの

顔の立体感が出せるというのは様々な効果が得られます。まず、高くしたいところを高く見せる、影を作れる、鼻筋を綺麗に見せたり、小顔にしたりと自分のなりたい顔立ちを叶えられるのです。さらに陰影は大人っぽい顔立ちに見せてくれます。子供って全体的にまるっとしていて、それが大人になるにつれて骨格が発達し、大人っぽい顔立ちにしてくれるのです。


→ このようにシェーディングの入れ方次第では自分の理想の顔に近づけられるという効果があります。

シャーディングの入れ方はワンパターンじゃない!

シャーディングビギナーさんは、よく雑誌などで紹介されているように、みんなが同じ決まったところに入れるでしょう。

ノーズシャドウ、あご、頬骨の下、おでこ。これが鉄板の入れ方です。これは基本の形で、間違っているわけではありませんが、シェイディング上級者はより自分の顔と向き合って入れ方を変えるのです。

自分の骨格を把握し、顔型に合わせて、どこにどのように入れるのか、を知っているのがシェイディング上級者。例えば鼻筋の通っている人にはノーズシャドウはいらないし、面長で痩せている人は頬骨の下にはいらない。このように自分に必要なものだけを選んで影を入れていくのが立体的で小顔に見せるコツ!次に顔型別の入れ方を詳しく紹介していきます!

顔型に合わせたシェーディングの入れ方をしよう!

Talk women01

では早速大きく4つに分けてご紹介していきます。

卵型

まず、理想と言われる卵型。卵型は基本の入れ方をしていくのが違和感なく小顔に見せてくれるので、欲張らないのが無難です。


ハート型

ハート型の特徴としては、すっきりとした顎ラインに対し、額や頬骨が比較的広いタイプの顔型です。ですので、顎周りはあまり入れずに、頬骨、額をすっきり見せるようにシェーディングを入れます。


スクエア型

額とエラが張っているのが特徴のスクエア型。もちろん角のある額とエラを中心にシェーディングを入れていきます。気をつけたいのは縦のラインは残しておきたいので、額はこめかみあたりしか入れないのと、顎もあまり影は入れません。


丸型

最後に丸型。全体的に曲線で子供っぽい印象になりがちなので、スッキリと見せるために、細く入れるのがポイント。また、顔の中心をはっきり見せるためにノーズシャドウもしっかり入れるのがオススメ。

自分に合ったシェーディングでメイクの自分を活かしたメイクを!

ただシェーディングを入れていた初心者メイクから卒業して、自分に合った入れ方で、プロメイクに☆そしたらより自然に、効果的に小顔フェイスが手に入れられるはず!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

yurina

EDITOR / yurina

ナチュラルなものを探しに海外へ。
ナチュラルコスメマニア♡
instagram@yrn0414

関連記事一覧