脱・片付けられない女!きれいなお部屋をキープする「ちょこっと」テクニック
2019/09/25
2385 VIEWS

脱・片付けられない女!きれいなお部屋をキープする「ちょこっと」テクニック

Photo by:www.instagram.com

忙しい日々が続くと困ってしまうものの一つに「お部屋の清潔さ」があります。気づけばたまってしまうほこりや散らかった小物など、散らかりすぎるとお掃除も億劫に。そこで今回は、お掃除を頻繁にしなくても済む「お部屋をいつもきれいに保つ方法」をご紹介します♪

またお部屋が散らかってる!でも…掃除する時間がない(泣)

わかります!忙しい時期に限ってお部屋が散らかったりしますよね。
でも、お部屋が散らかったままだと、いろいろな弊害出てしまいがち。そこで今回は、どんなに忙しくても、お掃除のやる気がなくてもお部屋をきれいに保てるコツをご紹介♪簡単なことを徹底するだけで、お部屋をきれいにキープできますよ。

きれいなお部屋をキープすることで得られる意外なメリット

Talk women01

お部屋がきれいだと、意外なメリットがついてきます。どんなメリットがあるのでしょうか?

お金がたまる

掃除すること=お金がたまることに直結するわけではありませんが、きれいなお部屋に住んでいる方はお金がたまりやすいといわれているんです。というのも、お部屋がきれいだと何がなくて何が足りているかすぐわかるため。これで無駄な買い物が減り、お金をキープすることに繋がっているという説です。

Talk women01

お部屋がきれいに片付いた状態が続けば、ものを増やしたくなる心理も減るといわれていますよ。

気持ちに余裕ができる

「お部屋は自分の心を映すもの」とはよく言われていますよね。あまり整理されておらず、ものに囲まれた部屋にいると、気持ちもふさがりがちになったり、イライラしてしまう方も多いかと思います。でも、お部屋がすっきりと片付いていたら、気持ちにも余裕が出て前向きになるともいわれています♪

Talk women01

片付けをしてお部屋がきれいになる=気持ちに余裕がでる説には「片付けをすることで達成感が得られる」ことがベースになっています。

Talk men03

片付けが終わって達成感を得ることが小さな成功体験に繋がり、自分の気持ちが前向きになる!という考え方ですね。

Talk women03

整理整頓で気持ちがリフレッシュされるのも、気持ちに余裕が生まれる理由の一つとも言えそう。

仕事など作業がはかどる

これは言わずもがななお話ですが、普段調理をするキッチンや仕事をするワークスペースなど、普段の作業をする場所がクリーンに保たれていたら、作業効率は雲泥の差に。いつも整理整頓されている場所なら、新たなアイデアに出会えたり、常に気持ちがリフレッシュされた状態で作業・仕事に集中できるはずです。

掃除があまり必要ないお部屋を作るためのコツ

Talk women01

ここまで、お部屋がきれいに片付くことに期待できるメリットをご紹介してきました。ここからは、掃除回数をどう減らし、きれいなお部屋をキープできるのかを見ていきましょう。

ものを増やさない

まずは、ものをむやみに増やさないよう心がけてみましょう。不要なものやセール品を買うと、持ち物に無駄が出たり、不用品がさらに増えてしまうことに繋がってしまいます。無駄なものがなければ、お部屋も片付けやすくなり、片付けにかかる時間も節約できますね。

ものが増えたら増やした分だけ不要なものを捨てる

ただ、どうしても必要なものを購入しなければならないタイミングもありますよね。そんな時は、新たに購入したものの数だけ、今ある不要なものを手放していきましょう。こうすることで、収納スペースがもので溢れることがなくなり、お部屋が必要以上に散らかることも少なくなってきますよ。

朝起きたらベッド周りだけでもお掃除する

どうしてもほこりがたまりがちなエリアといえばベッドルーム。
ファブリックアイテムが多いお部屋なので、どうしても線維系の汚れやほこりが多くなっちゃいますよね。

日々のほこりやちりが舞い上がり、床やベッドに下りてくるタイミングは夜間といわれています。そこでおすすめなのが、起床後のタイミングでベッド周りを軽く掃除すること。

起床後すぐに換気し、粘着テープ付コロコロスティックなどを使ってベッドのほこりやラグのゴミを片付けておくと、フレッシュなベッドルームをキープでき、快眠度もアップするはずですよ♪

出したものは必ず元の場所へ

当たり前のことに思えて意外とできていないことが多いのが「出したものを元の場所に戻す」こと。特に、毎日の作業スペース(とくにキッチンやPC周り)となると「明日も使うし、このままで…」という気持ちに甘えてそのままにしてしまいがちですよね。

一旦出したものをずっと置いたままにしておくと、たとえ小さな場所でもその場所が「ものをおく専用スペース」と化し、ものがどんどん山積みになってしまうことも。「とりあえず」で、ものを置いたままにしたくなる気持ちはグッと我慢して、出したものは元の場所に戻しておきましょう。

Talk women01

戻す場所をアイテムごとに改めて設定し直すのもおすすめ。このプロセスで、意外と不要なものが出てきたりするんです。

空き時間にちょこっと掃除する習慣をつける

空き時間といえば、TVのコマーシャルの間や夕食後すぐのタイミング、お湯を沸かしている時など。このちょっとした時間を活用して、窓拭きや出したものの片付け、洗濯物をまとめるなど、できることをしてみるだけでも、お部屋の清潔度が大幅アップしますよ。

Talk women01

この「空き時間のちょこっと掃除」が習慣化されれば、お掃除が苦痛でなくなります。むしろ「なんでこんなところにこんなものが?!片付けなくちゃ!」と自然に体が掃除モードに入ることも。

Talk men03

ちょこっと掃除が習慣化されることで、ものが整頓されていない状態に違和感をもつようになることも。自然と散らかさなくなる習慣づくりも同時にできますね。

キッチン周りの汚れはその日のうちに除去!

Talk women01

拭き掃除を徹底するだけでも、キッチンの清潔さをキープできますよ。

キッチンの汚れは、毎日掃除していても意外に汚れが蓄積されがちな場所。
ちょっとの油はねや汁物の汚れなどは、その日のうちに全て拭き取っておきましょう。
少しでも油分を含んだ汚れを見落としてしまうと、油分にほこりがつきやすくなってしまうなど、汚れが新たな汚れを増やしてしまいます。汚れによっては時間が経つと落ちにくくなるものもある(油分や濃い調味料のシミなど)ので、その日の汚れはその日のうちに除去しておきましょう。

Talk men03

その日の油汚れでしつこいものは、濡れタオルに食器用中性洗剤をなじませると汚れ落ちも良いです♪

毎日の「ちょこっと」の積み重ねできれいなお部屋をキープ!

少ないお掃除回数でもきれいなお部屋をキープできるコツ・方法をご紹介してきました。ポイントは「毎日ちょこっと、コツコツと」。すきま時間や毎日のちょっとした習慣づけで、お部屋のきれいさが格段にアップしていきます。まずは、ものを増やさず、毎日の空き時間でできる整理整頓から始めてみましょう。一ヶ月後のお部屋がとてもきれいにバージョンアップされているはずですよ♪

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧