この秋《どっちのシャツ》を取り入れる?▶▶捻りを利かせた「スタンダードカラー?」or 使い勝手抜群の「レギュラーカラー」?
TOPS
2019/10/08
3052 VIEWS

この秋《どっちのシャツ》を取り入れる?▶▶捻りを利かせた「スタンダードカラー?」or 使い勝手抜群の「レギュラーカラー」?

Photo by:www.instagram.com

この秋のトレンドは「クラシカル」スタイル。この王道なトラッドスタイルを楽しむため、必須アイテムとして注目されているのがシャツです。ベーシックなアイテムですが、今年はどんなスタイルで楽しむのか今一度、タイプ別にシャツの魅力を見直してみませんか?

あなたはどっち派?シャツ選びで重要な『襟』タイプ

「シャツ」と一言で表現しても、シャツにも様々なスタイルが存在します。その中でも今回は、ベーシックな形の「レギュラーカラー」と立衿の「スタンドカラー」の2種類をご紹介致します。

■レギュラーカラー

シャツの定番中の定番でもあるオーソドックスな襟。
TPOを選ばず着用でき、様々なシーンで使うことができる優れものです。一枚で着ても羽織として使ってもOK。

Talk men01

あらゆるジャケットともマッチするので、特にシンプルなデザインは持っておいて損はありません。

レギュラーカラーの魅力▶▶3選

●1枚でキチンとした印象に
●タイトでもオーバーサイズでも様になる
●ボトムに悩まず愛用出来る

レギュラーカラーの着こなし術

シンプルなスタイリングが好きな人は、無地をチョイス。この時、“普通”にならないよう、ボトムスやシャツのサイズ感にこだわると「地味」見えしません。
逆に柄は、

無地タイプ

柄タイプ

レギュラーカラーシャツをもっと見る>>>

■スタンドカラー

折り返しがなく、襟が立った状態のデザイン。
チャイナ服で使われることが多く、レギュラーカラーよりもカジュアルに着こなせるアイテム。シャツの中でも、ラフなスタイリングを楽しみたい時に有効的◎ 羽織というより1枚で着用するか、ジャケットのインナーに使う方がスマートです。

Talk men01

一番の魅力は、ネクタイを締めなくてもキチンとして見えるスタイル。

スタンドカラーの魅力▶▶3選

●程よいラフさが出る
●全体的にスッキリして見える
●お洒落感度が高く見える

スタンドカラーの着こなし術

スタンドカラーは全体のバランスの”格”となるアイテム。初心者さんはシルエットや色からこだわるって見るのが、取り入れやすくなります。

スタンドカラーシャツをもっと見る>>>

■いかがでしたか?

「シャツ」と一言で言っても、選ぶ襟ぐりで、見え方全然変わるんです。男性はベーシックなアイテムが多いからこそ、シルエットやデザインでこだわりを見せるべき!
今季のトレンド“クラシカル”にも十分マッチするので、是非求めるイメージを想像しながら楽しんでみてくださいね☆

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Hina

EDITOR / Hina

紅茶片手に世界を旅する
パリジェンヌ。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧