【パリの新名所】2017年秋OPEN「イヴ・サンローラン美術館」に行こう!限定アイテムも必見♡
ABROAD
2019/10/13
1413 VIEWS

【パリの新名所】2017年秋OPEN「イヴ・サンローラン美術館」に行こう!限定アイテムも必見♡

Photo by:www.instagram.com

フランスが誇るファッションデザイナー、イヴ・サンローランの貴重なコレクションを展示した美術館「イヴ・サンローラン美術館」が2017年10月、フランス・パリ16区にオープン。ファッションの聖地パリに行ったら一度は訪れてみたい新名所をご紹介いたします。

パリの新名所、イヴ・サンローラン美術館

2017年秋、パリ16区にオープン

言わずと知れたフランスが誇るラグジュアリーブランド「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」。ファッションに詳しくない方でも一度はその名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

2017年10月、パリの凱旋門南西に位置し、おしゃれなブティックやカフェも立ち並ぶパリの閑静な住宅地16区、アルマ橋近くのマルソー通りに「イヴ・サンローラン美術館(Musée Yves Saint Laurent Paris)」がオープンしました。

美術館は以前はデザイナー、イヴ・サンローランのクチュールハウスだった建物をピエール・ベルジェ=イヴ・サンローラン財団が改装したもので、イヴ・サンローラン自らが保存したいと選んだ約3万5千点ほどの貴重なコレクションが展示されています。

Talk women01

シャンゼリゼ通りやエッフェル塔、セーヌ川にもほど近いロケーションにあるので、パリ観光の合間に美術館に立ち寄ってみてはいかがですか?イヴ・サンローランの有名なコレクションや、手書きのデッサンなどを間近で見ることができるので、ファッション好きの方は必見♡

「モード界の帝王」イヴ・サンローラン

イヴ・サンローランのブランドは世界的に有名でも、イヴ・サンローラン氏自身についてはあまり詳しくないという方も実は多いかもしれません。まずは「モード界の帝王」と言われ20世紀のフランスのファッション界をリードしたファッションデザイナー、イヴ・サンローランの功績と人物について簡単にご紹介いたします。

イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)は1936年アルジェリア生まれ。17歳のときにパリのオートクチュール組合が経営する学校に入学。わずか3か月のコース終了後デザインコンクールに応募し、ドレス部門で最優秀賞を受賞しました。

これがきっかけでクリスチャン・ディオールに迎え入れられ、21歳の若さでディオールの後継者に抜擢され、その後フランスのファッション界をけん引するトップデザイナーとして活躍します。

Talk women01

イヴ・サンローランの代表作でもある1966年のスモーキング=タキシード。男性用のタキシードをアレンジして、細身でスタイリッシュな女性用のスーツが生まれました。モデルは女優のカトリーヌ・ドヌーヴ、素敵ですね♡

イヴ・サンローランの作品は、シースルーやサファリ、パンタロンのようにそれまでなかったトレンドを創り出し、2002年のパリコレを最後に引退するまでの40年間、20世紀のファッション界をリードしてきました。

Talk women01

時代は変わっても、イヴ・サンローランのスタイルはトレンドとしてたびたび登場し、歴史に残る作品を残してきた彼の功績は本当に凄いです。ファッションの聖地パリの美術館でオートクチュールの世界をたっぷり堪能しましょう♡

それでは、美術館の中へ

それでは、美術館の中をのぞいてみましょう。大きなシャンデリアのあるエントランスの階段を上っていくとチケットカウンターがあるので、まずはそこでチケットを購入して美術館の中に入ります。

はじめに目に入るのは、かつてオートクチュールのショーにも使われていたラグジュアリーな雰囲気のサロン。当時の写真や記事などが壁に展示され、イヴ・サンローランの歴史や作品制作、ショーまでの過程がわかる映像を観たら展示室に入ります。

展示室に入ると、そこはオートクチュールの世界。サンローラン氏自ら保存したいと選んだ約5,000点ものオートクチュールのほか、プレタポルテやアクセサリー、手書きのデッサンなど財団のコレクションがさまざまな企画ごとに入れ替わり展示されています。

壁にはイヴ・サンローラン手書きの貴重なデッサンも展示され、アイデアの詰まったコレクションボードから当時の作品制作にかける情熱に触れることができます。

反対側の壁にはショーでも使われたアクセサリーがずらりと展示され、圧巻です。

サンローラン氏のアトリエ

美術館のもう一つの見どころは、イヴ・サンローランのアトリエを忠実に再現したフロア。デッサンや生地見本や書籍、雑貨小物などがリアルに置かれ、たった今まで作業をしていたかのようなアトリエデスクは見ているだけで感慨深いものがあります。

美術館限定アイテムも要チェック

出典:www.buyma.com

美術館見学の後のお楽しみと言えば、美術館内のショップ。パリのお土産にここでしか手に入らないグッズを買って帰りたいですよね。こちらは美術館のショップでしか購入できない「Musée YVES SAINT LAURENT Paris」のロゴが入ったおしゃれなトートバッグです♪

アクセス情報

Musée Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン美術館)
・住所:5 avenue Marceau 75116 Paris
・電話:01 44 31 64 00
・開館時間: 火〜木:11:00 - 18:00(最終入館受付:17:15まで)金:11:00 - 21:00(最終入館受付:20:15まで)
・メトロ最寄り駅:9号線 Alma-Marceau 駅 下車(2番出口:Avenue du Président Wilson)RER C線 Pont de l'Alma 駅下車(出口を出てPont de l'Alma(アルマ橋)を渡る)
・入館料:大人 10 euros

Musée Yves Saint Laurent オフィシャルサイト

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

CHIHI

EDITOR / CHIHI

フリーランスWEBライター、2児の母。ヨーロッパ生活の経験を生かして、ライフスタイル全般、ベビー&キッズ、美容を中心に情報をお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧