スウェット=部屋着はもう古い!スウェットパンツで作る大人カジュアルスタイル
2019/10/31
20546 VIEWS

スウェット=部屋着はもう古い!スウェットパンツで作る大人カジュアルスタイル

Photo by:www.instagram.com

リラックスウェアのイメージが強く、ついつい部屋着みたいに見えてしまう、スウェットパンツ。しかし実は、組み合わせを意識するだけでこなれ感のでるオシャレアイテムに変貌!動きやすさとオシャレを両立させたい、そんなわがままをかなえてくれるスウェットコーデをご紹介します。

トップスを綺麗に合わせることでクリーンな着こなしが可能。

スウェットオンスウェットではカジュアルすぎるコーディネートも、トップスに綺麗めアイテムを組み合わせるだけでシティコーデにすることができます。秋冬の季節であれば、ニットやコート、シャツなどシティユースよりのアイテムと組み合わせればそれだけで、こなれ感の演出が可能です。

シルエットが良ければシンプルな恰好でも活躍!

部屋着のようになってしまいがちなスウェットパンツ。オシャレに着こなすポイントはずばりシルエット!柔らかく伸縮性のある素材だからこそオーバーサイズでなく、タイトなラインで履くことでリラックス&ハイセンスを両立させることができます。綺麗目トップスについても、同様で大切なのはアイテムのシルエットです。

こちらは、ライダースとスウェットの組み合わせ。組み合わせは、カジュアルなアイテムですが、絶妙なシルエットで部屋着感を感じさせません。スウェットパンツは、ストリートカジュアルにおいても活躍できるアイテムなのです。

オススメの美シルエット、スウェットパンツをご紹介!

こちらは、JOHN ELLIOTTの美スウェットパンツ。スキニーでテーパードのかかった美しいシルエットだけでなく、膝の切り替えし、ヒップポケットにジップなど遊び心を忘れません。綺麗目スポーティーにおいてJOHN ELLIOTTはマストチェックなブランドです。

こちらは、RonHermanセレクトのスウェットパンツ。スキニーすぎるのはちょと・・・という人にも嬉しい絶妙なシルエットです。裾のしぼり加減がポイント。

こちらは、FEAR OF GODのスウェットパンツ。裾とポケットのジップがデザインとしても効いています。スウェットの色味も珍しいカラーで印象的。ダークカラーのアウターやニットと合わせて着こなしてほしい一品です。

いかがでしたか?

カジュアルアイテムとしての認知が強く、部屋着のように使われがちなスウェットパンツ。しかしシルエットを意識すれば、動きやすさと、綺麗さを両立させるファッションアイテムでもあります。こだわりのスウェットパンツを着こなして、動けるオシャレで回りと差をつけてみてはいかがでしょうか!

あなたにオススメの記事はこちら

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

TAKAHIRO

EDITOR / TAKAHIRO

10年間アパレルブランドで勤務の後、LAにファッション留学。現在は、フリーのファッションバイヤーとファッションライターとして精力的に活動中。
Instagram ID:editor_takahiro

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧