《ゲイの精神科医Tomyのお悩み相談室 #4》Q.人見知りを治したい。どうすればいいの?
2019/10/31
1147 VIEWS

《ゲイの精神科医Tomyのお悩み相談室 #4》Q.人見知りを治したい。どうすればいいの?

Photo by:連載コラム:ゲイの精神科医Tomyのお悩み相談室

仕事や人間関係、恋愛などのお悩みを抱えるSTYLE HAUSガールズへ。ゲイの精神科医Tomyが、自分自身の経験を生かしたとっておきのアドバイスを伝授!フワッと心がラクになる、そんなエールをお届けします。

今夜のお悩み:人見知りを治したい。

Talk women02

私は一見そうは見えないようなのですが、実は人見知りです。他人と話すと警戒したり、悪く思われないか心配になってしまいます。どうしたらいいでしょう?

Tomy先生のメッセージ

「対人恐怖」に近いのかもしれないわね。
対人恐怖は、もともと日本文化独特の神経症で、思春期に多いと言われてきたのよ。「自分が恥ずかしい迷惑な存在ではないか」と気にするがあまり、人の目を避けたり、過度に緊張したりしてしまうような病態です。


しかし、20年ぐらい前から「別に日本に限らず、他の国にもあるよ」という話が出てきました。この場合は、他人の前に立つと、過度に不安、動悸などの身体症状が出現し、その機会を避けてしまう状態で、「不安障害」の一種としてとらえられるようになったのね。この考え方だと「社会不安障害」という病名になります。


治療法だけれど、あまりに症状がひどい場合は、抗うつ薬や抗不安薬など、薬物療法も視野に入ってくるわ。日常生活に影響が出るなら精神科受診も視野に入れてくださいね。


で、一般的な人見知りの対応法だけど、基本的には若い時の方が症状がひどい。歳とともに場数を踏めば改善されていきます。なので「あまり気にしない」のもひとつの方法。


あとは、一度に多人数と接触せず、自分の話しやすそうな人と、こまめにコミュニケーションして慣らしていく。そして仲良くなった人を経由して、友達の友達は友達。という流れでつながっていけばいいと思うわ。あとは、

はっきり言われない限り、嫌われてると思い込まない。

こんな感じかしらね。

Tomy先生 PROFILE

ゲイの精神科医Tomy
現役の精神科医でコラムニスト。ゲイとしてのアイデンティティに悩み、乗り越えた経験を生かしながら、読者さんのお悩み解決へ導くべく活動中。オネエ口調で発信するTwitterのアドバイス投稿や、読者からの相談に乗るブログ「ゲイの精神科医Tomyのドタバタ夫婦日記」が話題に。

Official Blog「ゲイの精神科医Tomyのドタバタ夫婦日記」

Official Twitter


《ゲイの精神科医Tomyのお悩み相談室》一覧はコチラ!

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ゲイの精神科医Tomy

EDITOR / ゲイの精神科医Tomy

現役の精神科医でコラムニスト。ゲイとしてのアイデンティティに悩み、乗り越えた経験を生かしながら、読者さんのお悩み解決へ導くべく活動中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧