元海外アパレル業界人が厳選!本当に使えるシューズは「厚底チャンキーブーツ」でした。
2019/11/04
1953 VIEWS

元海外アパレル業界人が厳選!本当に使えるシューズは「厚底チャンキーブーツ」でした。

Photo by:www.instagram.com

久々のロングブーツ人気の再来を横目に、もう1つの今年らしいバランスと言えば、ボリューム感のあるショートブーツ。そうです、厚めのソールがクールな「チャンキーブーツ」をお忘れなく。トレンドの流れに関係なく、何年経っても古くならないその素晴らしい魅力をご紹介します。

チャンキーブーツってなに?

Talk women01

[Chunky]とは“ずんぐりした”という意味合いで使われます。“ボリューム感のあるしっかりした安定感のある”ブーツ、つまり「チャンキーブーツ」です。ソールが通常よりも厚めで、スタイリングのバランスも取り良く、とても歩きやすいのが特徴です。

ジップタイプ、ベルトタイプ、サイドゴアタイプ、編上げタイプなどデザインも様々ですが、オススメのチャンキーブーツの条件は、以下の3つです。

① 「履く・脱ぐ」の動作が楽であること
② 長時間のワークタイム(もしくは外歩き)でも疲れないデザイン
③ 合わせやすく、長年活躍してくれそうな素材と色

Talk women03

今期も、お洒落な「チャンキーブーツ」をたくさん見つけました! オススメのブランド別に、コーディネートをチェックしながらご紹介します♡

1: Prada

定番とトレンド感のバランスの良さに、知性さえ感じるブランド

Talk women01

プラダの定番、レースアップのスムースレザー・ブラックブーツは、特に「シルエットの美しさ」が際立ちます。程よいソールの厚みや上品なトゥの形。20年先でもお洒落に履ける要素だけでデザインされています。もちろん、内側に付いたジップで着脱も簡単。「今期、購入するならコレ!」と筆者が思う1足です。

Talk women02

膝下丈の“プリーツスカート”やエレガントな“ブラックドレス”との相性も抜群。カジュアルなスタイリングを上品に仕上げ、エレガントなスタイリングの外しアイテムとしての役割も担う、素晴らしきプラダの威力。筆者命名【無敵のブーツ】。

Talk women01

一方で、こちらはトレンド感満載のチャンキーブーツ。通常よりもしっかりと厚めでストリート感の強いデザインのソールは、今期のプラダのテーマ「モノリス(巨大な塊岩や一枚岩)」を表現するような強さを感じます。

Talk women02

デザイン性の強いドレスにも、華奢なヒールではなく、このモノリスなチャンキーブーツを♡カジュアルとエレガンスの間を、素晴らしいバランスで繋ぎます。ブーツの威力で、一気に今年っぽく垢抜けます。

Talk women01

クリエーティブディレクター、ミウッチャ・プラダの手に掛かれば、定番のサイドゴアブーツも、こんなに斬新に。ストリート&スポーティとモード感が程よくミックスしたセンスの良い1足に。

2: GUCCI

思わずデザイン買い♡ユーモアとセンス溢れるチャンキー

Talk women01

定番のブラックヒールのチャンキーブーツに、毎年違ったモチーフのデザインが加えられます。今期はロゴやキラキラしたストーン、トリコロールカラーのベルトなどで、クラシカルな要素をグッチらしいユーモアで解釈。思わず、デザイン買いしてしまうファンも多いはず。

Talk women03

ブラックレザーのチャンキーブーツですが、太く安定感のあるヒール付きなのでバランスアップ効果も。グッチの世界観が強く表現されているので、ブーツを主役にしたシンプルなスタイリングが素敵です。

Talk women01

シンプルなニットワンピやデニムなどに合わせて、フレンチカジュアルなスタイリングに。とても可愛いです!!

3:Moncler

スキーブランドの技術が生み出した、高機能性おしゃれブーツ

Talk women01

フランス発の老舗スキーウエアブランド、モンクレール。年々面白く変化し続け、一過性のブームに終わらせない魅力を維持し続けています。そんなモンクレールが生み出す、「チャンキーブーツ」はクールなスポーティ路線。雨や雪、寒さに強い素材を使用したデザインは、他のブランドでは真似できない独自の世界観。筆者も、やはりずっと魅了され続けています。

Talk women02

スキーブーツを連想させる「スニーカーブーツ」は、やはりソールは厚めのチャンキースタイル。ダウンジャケットに合わせて、クールにスタイリングしてみたい♡

どのブーツも、“動きやすさ”や耐水性、耐寒性など機能重視型なので履き心地は抜群です。長時間履いていても疲れない仕様なのは、忙しいオトナ女子には嬉しい限り。ビジネスシーンやプライベート問わず使える逸品です。アウターのイメージが強いこともあり、意外にもシューズは人と被ることがないのもポイント。

Talk women03

暖かそうなベージュのスエード素材のチャンキーブーツは、縁の一部が白いムートン素材に。ホワイトやピンク、ブラウン系のスタイリングで色のグラデーションを作ると素敵。

Talk women01

ブラックのダウンジャケットやコートを主役に、足元はもちろんブラックのチャンキーブーツ。統一感のあるスタイリングが素敵です。

ファッショニスタの着こなしをチェック!!

カジュアル派もモード派も、足元は安定のチャンキーブーツで。

Talk women01

ブルックリン・ベッカムとの交際で、注目のファッションアイコンとなった、ハナ・クロス。オフショットでは、Dr.Martensのレースアップブーツを愛用中。ジャケットスタイルも、ブラックのチャンキーブーツでカジュアルダウン。コケティッシュでキュートな印象の彼女にぴったり。

Talk women03

ツィッギーを彷彿させるブロンドのベリーショートが印象的な英国人モデル、Lucan Gillespieはロングヘアを一気に短くし話題をさらいました。20SSのシャネルビューティのイメージキャラクターにも起用されています。妖精のような透明感のある美女♡

Talk women01

ロングヘア時代は、その透明感と儚げな美しさには目を奪われますが、少し控えめな印象。こちらのスタイリングも、エミリオ・プッチのシャツワンピースにレースアップのチャンキーブーツ。彼女の長いブロンドのロングヘアが、さらにピュアな雰囲気を醸成。ラフなようで計算された好バランスな着こなしが可愛いです♡

Talk women02

赤のレースアップのロングブーツも、ホワイトのガーリーなドレスに合わせて難なくクリア。

Talk women01

ベリーショートにして、さらに開花した彼女。求められる演出も異なり、表現の幅が一気に広がりました。キュートでセクシー。アメリカ女優のEdie Sedgwick(イーディ・セジウィック)に似たコケティッシュな魅力を感じます。

Talk women01

こちらはディオールのショーにて。足元はブラックのレースアップ・チャンキー。

いかがでしたでしょうか?

Talk women03

たくさんのブランドから似たブーツが出ていたり、どう選んでいいのか分からなくなってきます。しかし、全てをチェックするのは厳しい。この情報が少しでもみなさんのお買い物に役立つと嬉しく思います。良い1足に出会えますように!!

あなたにオススメの記事はこちら!

「レディース・シューズ」に関するまとめをもっと見る


お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EverydaySunday

EDITOR / EverydaySunday

アムステルダム在住ライター。日本の広告業界でクリエーティブディレクターとして15年勤務後、現在海外ファッション業界にてマーケティングディレクターとして活動中。ファッションやアートを軸に、「豊かなライフスタイル」を追求した使える情報を発信していきます。
Lifestyle / Fashion / Art / Food / Design / Business

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧