▶定番よりも新鮮さ◀この冬着たいのは《タウンユースに適した》お洒落なダウンジャケットだ‼
OUTER
2019/10/31
15735 VIEWS

▶定番よりも新鮮さ◀この冬着たいのは《タウンユースに適した》お洒落なダウンジャケットだ‼

Photo by:www.instagram.com

「ダウンが欲しい」しかし、MONCLER(モンクレール) やCANADA GOOSE(カナダグース)の定番ブランドは被り率が高くて嫌…。もっとお洒落なダウンが欲しいと言うあなたに【2019年のおすすめアイテム】をブランド別に厳選しお届けします。

■防寒が優先?お洒落が優先?

いや、どっちも欲しい‼

そんな欲張りな男性に朗報です。
【定番ブランドを懸念する理由≒新鮮さがない】からではないでしょうか?

Talk men02

折角〇十万も出して買うんだし、定番で落ち着く男にはなりたくない。

Talk men01

街中で被った時の気まずさ…と言ったらホント無い。

うん、分かる、分かる。そうですよね。
だって冬は、アウターがメインとなるアイテムですもの。
そりゃあ拘りたくもなる。


そこで今回は【脱・定番型ダウン】を求めるお洒落さんに「お!」となるアイテムを総力を上げてお届けします。

▼ Off-White(オフホワイト)

●「アメリカのストリートブランドらしさ」を十分に発揮している、Off-White(オフホワイト)。
“ストリートの王道”とも言える大衆から受け入れやすいデザインと、野暮ったすぎないラグジュアリーな要素を掛け合わせた『ストリートとカジュアルの中間』ポディションをキープ。


★おすすめPoint★
正直、「流行り過ぎて意外性がない」。と思われるかもしれませんが、パーカーやスウェットの愛用者は多くても、ダウンの愛用者って実は少ないんです。ガチガチのストリート系ファッションは苦手、けれど正統派デザインもピンと来ない。そんな人は一度チェックしてみて下さい。

Off-White(オフホワイト)のダウンをもっと見る>>>

▼BALENCIAGA(バレンシアガ)

●ストリートファッションの立役者でもある、BALENCIAGA(バレンシアガ)
ブランドのアイデンティティが光るダウンは、意外にも控え目なデザイン構成となっています。色やロゴで主張させた分、長めの袖やエビのような丸みのあるシルエットで遊びを効かせ、お洒落欲を掻き立てる一着となっています。


★おすすめPoint★
軽くて・暖かくて・デザイン性◎
膨張したようなオーバーサイズがですが、丈やシルエットがしっかりと計算されているデザインなので、日本人男性でもしっくりくるサイズ感になっています。

BALENCIAGA(バレンシアガ)のダウンをもっと見る>>>

▼ VETEMENTS(ヴェトモン)

●独創的な世界観で話題のVETEMENTS(ヴェトモン)。
斬新なパロディーコラボを次々と発表し常に「ファッションの定義」を覆してきた、アグリーでラグジュアリーなブランド。しかしダウンは控え目に構成。大人っぽいストリートを演出し、着回しの良い一品を選出しています。


★おすすめPoint★
VETEMENTSは直営店の無いブランドです。その為正規取り扱い店(セレクトショップなど)を当たるしか買う方法がないため、被り率がダントツ低いブランドなのです。

VETEMENTS(ヴェトモン)のダウンをもっと見る>>>

▼ RICK OWENS(リックオウエンス)

●光沢のあるナイロン素材が特徴的な、RICK OWENS(リックオウエンス)。
光を反射するような軽やかな作りは、程よくボリュームを抑え、美しいカラーとシルエットを実現。まさにRICK OWENSらしい洗練されたデザインが魅力的。他にはない「おしゃれダウン」を探すあなたには、この冬一番おすすめしたいブランドです。


★おすすめPoint★
「毎年買い替えるモノではないからこそ、永く愛用できるものを」。そう思う程デザイン選びに奮闘するもの。けれどRICK OWENSなら、シンプルなオーバーサイズ。遊び心を忘れないデザインだからこそ飽きずに愛用できるアイテムです。

RICK OWENS(リックオウエンス)のダウンをもっと見る>>>

▼Jil Sander(ジルサンダー)

●都会的エレガントを求める、リアル世代の核心を突いたJil Sander。
ストリートやアウトドア系のデザインはさすがに無骨…。ダウンとは言え、もう少し“品”のあるデザインが欲しい。そんなあなたにはシンプルを極めたJil Sanderのダウンがおすすめです。


★おすすめPoint★
洗練されたデザインを得意とするJil Sander。ビジネス使いとしても愛用できるベーシックなデザインが取り揃い、まさに“タイムレス”なアイテムが人気を集めています。

Jil Sander(ジルサンダー)のダウンをもっと見る>>>

▼Nobis(ノビス)

●カナダグースの元副社長が設立したブランド、Nobis(ノビス)。
まだまだ知名度は低いですが、さすが元副社長。ダウンのクオリティーが凄いと言う噂。なんと羽毛布団を被っているかのような温かさがあり、“-30℃”でも大丈夫だとか。
シンプルなデザインが多く、いかにもなストリート系は避けたいと言う男性におすすめです。


★おすすめPoint★
さすが、元カナダグース。機能面も非の打ちどころがない抜群の実力。暖かいだけでなはく、自宅で洗えるタイプもあり、維持にも使い勝手の良さを提案しています。

Nobis(ノビス)のダウンをもっと見る>>>

▼いかがでしたか?

あえて「定番」を外すのもお洒落の極意。
日常使いをメインとするなら、タウン映えするお洒落なダウンを見つけて見ませんか?
2着目・3着目をお探しの方にもおすすめです☆

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Hina

EDITOR / Hina

紅茶片手に世界を旅する
パリジェンヌ。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧