ファッショニスタの耳元に注目。「イヤーカフ」にどうしてもハマる理由
2020/01/08
1062 VIEWS

ファッショニスタの耳元に注目。「イヤーカフ」にどうしてもハマる理由

Photo by:www.instagram.com

「ピアスかイヤークリップか」この2択しかなかった耳元のお洒落も、ここ数年で「イヤーカフ」が一新した。筆者はイヤーホールを開けておらず、さらにイヤークリップは長時間つけていると耳たぶが痛くなったりと様々な問題を抱えてきた。そこで「イヤーカフ」のいいとこ取りな魅力をご紹介します。

イヤーカフのいいとこ取りな魅力とは

「耳全体を飾る」という新発想

痛みや重みなどの負担をほぼかけることなく、耳を美しく飾る。そんな新発想のアクセサリーといえば、まさに「イヤーカフ」。ピアスやイヤークリップでは表現できなかった、さらに「耳」本来の形状を上手く使い、今までになかった「耳のお洒落」が楽しめる。自由度の高くなったデザインも面白く、新感覚で大胆なお洒落を楽しんでみよう。

Talk women01

今まさに「イヤーカフ熱」上昇中の筆者が、リアル買いしている優秀ブランドをご紹介します!!

1: ALAN CROCETTI

アンダーグラウンドな薫りが魅力な、パンク顔のジュエリー

サソリのロゴが印象的なイタリア発のジュエリーブランド「ALAN CROCETTI」。
フェミニンでセクシーな雰囲気と、無骨で男っぽい印象とがミックスした、独特な世界観は他にはない魅力を感じる。ユニセックスで使えるデザインなので、カップルで併用、もしくはパートナーへのプレゼントにもぴったり。

Talk women01

イメージビジュアルには、男性モデルを起用した表現が多く、サソリの腕のようなフェミニンな曲線や凹凸を利用したデザインが、大人の色気を感じさせます。一見シンプルですが、よく見ると凝ったシェイプが魅力♡

「ALAN CROCETTI」のアクセサリーをもっと見る

2: Charlotte Chesnais

優しく上品に、耳に寄り添うジュエリー

パリ発のジュエリーブランド「Charlotte Chesnais」。フランス人デザイナーらしい繊細さと大胆さが素敵なブランドです。”女性の身体を美しく魅せるデザイン”をテーマに創作され、思わず1点手にすると、どうしても次が欲しくなってしまう不思議な魅力があります。それは、軽くて着け心地が良く、さらにジュエリー自身の「主張が上品」。どんなスタイルにもナチュラルに馴染む理由だと思います。

Talk women03

日本のセレクトショップでも、少しずつ扱われるようになり知名度上昇中。このブランドの進化から目が離せない!!

「Charlotte Chesnais」のアクセサリーをもっと見る

いかがでしたでしょうか?

Talk women01

今回はシンプルで使いやすく、イヤーカフの種類が豊富なブランドを2つご紹介しました。ピアスやイヤリングでもトラブルは付き物です。イヤーホールのトラブル、重かったり、気づかないうちに落としてしまったり。さらに耳に合わないピアスやイヤリングは、肩こりや目元の疲れの原因にも。そんな悩みから解放されたのは、イヤーカフを使い始めてからでした。

Talk men01

「ただ、耳に引っ掛けるだけ」こんな簡単でいてスタイリッシュに見えるのは、素晴らしいジュエリーの進化です。「落とすのでは?」と心配な方も大丈夫です。耳は意外と複雑な作りをしており、個人差もあるので自分に合った運命のイヤーカフを探してみてください♡

「イヤーカフ」をもっと見る


あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EverydaySunday

EDITOR / EverydaySunday

アムステルダム在住ライター。日本の広告業界でクリエーティブディレクターとして勤務後、現在海外ファッション業界にて活動中。ファッションやアートを軸に、「豊かなライフスタイル」を追求した使える情報を発信していきます。
Lifestyle / Fashion / Art / Food / Design / Business

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧