高品質とシンプルを極めた『wordrobe.nyc(ワードローブ エヌワイシー)』でつくるノームコアファッション
2019/11/23
633 VIEWS

高品質とシンプルを極めた『wordrobe.nyc(ワードローブ エヌワイシー)』でつくるノームコアファッション

Photo by:www.instagram.com

トレンドを追うのも一つのファッションの楽しみ方ですが、ずっと愛せるベーシックなスタイルもやはり素敵♡そんなベーシックを愛するみなさんのハートを射とめるのが、『wordrobe.nyc』。今一番HOTな新鋭ブランドをご紹介致します!

WARDROBE.NYC(ワードローブ エヌワイシー)

Josh Goot(ジョシュ・グート)と豪『Vogue』誌のファッションディレクター、Christine Centenera(クリスティン・センテネラ)が2017年に立ち上げ、ショッピングの概念を覆した Wardrobe.NYC(ワードローブ・エヌワイシー)。

Christine Centenera(クリスティン・センテネラ)といえば、お洒落スナップの常連でいつだってそのセンスはクールでかつモダン。

そんなChristine Centenera(クリスティン・センテネラ)が、「これさえあれば、ほかの服はいらないくらい着回しがきく」とコメントするほど、末永くお付き合いできるアイテムが揃っています。

また、ブランドの目的として、「消費と生産のサイクルの打破」を掲げています。
何シーズンも着回せる主役アイテムから成る「ストリート」、「スポーツ」、「テーラード」と名づけられたカプセルコレクションを提案し、オーバーサイズコートやクラシックなシャツなど、主にブラックで構成されたミニマルなアイテムが揃うブランドです。

6回もサンプルを作り直したほど形にはこだわって作ったと言うブレザーから、Levi's(リーバイス)のコラボ商品まで、素敵な写真と共にチェックしましょう!

ジャケット

▽Christine Centenera(クリスティン・センテネラ)曰く「自分にとっての"キメ"のジャケットを1着持っているのはとても重要」とのこと。そんな拘りが詰まったジャケットは、無駄のない美しいシルエットに仕上がっています。

Talk women01

長く着れるジャケットを選ぶポイントは、ボーイフレンドジャケット的なマニッシュなデザインや
肩にかけて羽織るような着こなしができるものを選ぶといいですね♡

デニム

▽Levi’s(リーバイス)とのコラボラインナップは、シャツ、ジャケット、パンツ、ミニスカート、ミディスカート。単品でもセットアップとしても使える万能アイテム。

Talk women01

それぞれ単体で使えるし、上下で着たらもっとサマになる♡活躍の機会が多いのは自明のこと。少ないアイテムで何通りも着こなしができるアイテムは貴重なので、とても考えて作られていることが解ります。

トレンチコート

▽ベーシックな装いに欠かせない、トレンチコート。コットンギャバジンから仕立てられた高い品質と、こだわり抜いて作られたシルエットは、袖を通した時さらに感動すること間違いなし。

Talk women01

トレンチコートは流行に左右されないものなので、永い年月着ていけるものをチョイスしたい。そろそろ究極の1枚が欲しい方には必見です♡

レギンス

▽Christine Centenera(クリスティン・センテネラ)はこのレギンスが大のお気に入り。裾のシームにコンシールファスナーを配したデザインが、足長効果絶大。

Talk women01

膝から広がるフレアシルエットで美脚に見せてくれるフレアレギンスパンツは、コーデに取り入れやすい。パンツ感覚で履けるので、コーデの幅も広がります。ちょっと違うレギンスコーデを楽しみたい…そんな方にぜひお勧め♡

流行や他人の価値観に振り回されないスタイルが素敵!

いかがでしたでしょうか?とても素敵なアイテムばかりなのですが、まだまだお取り扱いが少ないのが現状。

洗練×ベーシックな装いが叶うWARDROBE.NYC(ワードローブ エヌワイシー)、ミニマルなファッションが好みの方は、ぜひ覚えておいてくださいね!

WARDROBE.NYCのInstagramをチェック!

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

y-Tizam

EDITOR / y-Tizam

バイヤー兼ライター
海外セレブ・海外ファッションを中心に執筆しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧