バッグ置き場、決めてますか?意外と定まらないバッグの収納場所をそろそろ決めよう
2019/11/09
2689 VIEWS

バッグ置き場、決めてますか?意外と定まらないバッグの収納場所をそろそろ決めよう

Photo by:www.instagram.com

帰宅してからソファやベッドの上にバッグをすぐ置いちゃう方、いらっしゃいませんか?それからいろいろ移動させ、どこに置いたかわからなくなった!なんてことも起こりがち。そろそろバッグの定位置を決めてみませんか?

意外と悩みどころ?な「バッグ収納」

食器や本、日用品は収納場所があるのに、なぜかバッグはその辺に置きっ放し…ということはありませんか?毎日使うものだし…とそのまま玄関に置いたままという方も多いのではないでしょうか。

でも、いつも使うものがその辺に出ているまま…という状態は、生活動線を邪魔したりいざという時どこに置いたか忘れてしまうこともしばしば。そこで今回は、バッグの置き場所の決め方やメリットを実例と一緒にご紹介します。

バッグ置き場(収納場所)を決めることで期待できるメリット

Talk women01

バッグ置き場や収納場所を決めておくことで得られるメリットは意外と大きいんです。

住空間がすっきり!

バッグを置いていた場所が片付けば、お部屋をより広く使うことができますね。
雑多な印象にも見えないため、お部屋全体がすっきりとして見えます。

出かける前にバッグを探さなくて済む(時間節約)

冒頭でもお話したとおり、バッグを適当な場所に置いていると出かける前に「あれどこに置いたっけ?」とバッグのありかを忘れてしまうこともありますよね。バッグを探す時間は、出かける前の時間を大幅に消費します。とくに、急いでいる時だとなおさらですよね。

バッグの置き場所を決めておけば、貴重な時間の浪費を防げ、出かける前の時間をより有効に使うことができます。

バッグの定位置(収納場所)の決める時に意識したいこと

Talk women02

バッグの置き場所はどう決めれば良いのかな?

…と思った方もいらっしゃるかと思います。
ここからは、バッグの定位置決めをする際に意識しておきたいポイントをご紹介します。

動線を意識する

まずは普段の生活でどう動いているか思い出してみましょう。
たとえば、こちらは洗面台を出たところすぐの場所にシューズとバッグを同じ場所に保管しています。これだけ収納場所と朝支度の場所が近ければ、支度を整えてからすぐにバッグとシューズを選ぶことができますね。
どの位置にバッグ置き場があればスムーズに動けるかシミュレーションしてみましょう!

ライフスタイルから場所決めする

家族との共有スペースに個人のものを置きにくかったり、自室で頻繁にバッグの中身を変えたりメンテナンスするといった場合など、個人のライフスタイルによって置き場所を工夫する必要もあるかと思います。

たとえば、こちらは自室兼ドレッサールーム兼寝室となっている空間。
ここに全てを集約させることで、出かける前も慌てず全ての準備を整えることができますね。狭い空間なら、こちらのように自室のすみっこと壁でバッグを管理しておくと、限られた空間も有効活用可能に。共有スペースにものを持ち込んでしまうこともなくなります。

使用頻度は?

お手持ちのバッグのなかでも、毎日使うものとそうでないものがあるはず。
なら、毎日使うものはよく目につく場所、そうでないものは収納スペースの高い場所にしまっておくなど分類して収納しておけば、バッグが散乱することはありません。普段使うことが多いバッグはウォールディスプレイの一部として収納ディスプレイしておけば管理も楽ですね。

ディスプレイ収納できるかどうか

バッグによっては薄めのものやスリムなものもありますよね。
薄手で軽いもの、スリムなものはあえて壁を利用してディスプレイするのもあり。
壁を利用すれば、どこに何があるか一目瞭然です♪

バッグ収納実例集をみてみよう♪

専用のバッグ収納スペースを作る

バッグの所有数が多い方にとっては理想的とも言える専用スペースの確保。
ウォークインクローゼットタイプの収納スペースがあれば、毎日どのバッグを選ぶか選びやすいですね。

専用のお部屋がなくても、カラーボックスを使って専用スペースを作ることも可能。バッグの幅・奥行きにあったものを置けば、一か所にまとめてディスプレイすることができますね。

Talk women01

カラーボックスでのバッグ管理でほこりが気になる場合は、バッグ付属の布ケースに入れて保管するか、カーテン取り付けで対処することをおすすめします。

シューズボックスに余裕があるなら、空いている場所にバッグをしまう収納方法も導線がコンパクトになって良いですね。バッグに入れるものもこちらで管理しておくと、お出かけ前の準備がよりスピーディーに。

Talk women01

あえて大きめのシューズボックスを用意して、バッグとシューズを一緒に管理するのも◎。

軽いバッグはフックに吊り下げてディスプレイ

キャンバスやPVC、ナイロンといった素材のバッグはとても軽量。
ついつい並べたり積み重ねてしまいがちですが、軽い分壁面ディスプレイ収納にぴったりなんです。フックやラックがあれば、ぜひ活用してみてくださいね。

Talk women01

ご家族がいらっしゃる場合は、誰のバッグをどのフックに掛けるか決めておくと家族のバッグも片付きますね。

レザーやPU素材といったやや重量があるものは、こちらのように専用ラックを使ってクローゼットに掛けておくのもおすすめ。重いものを一番下に収納しておくと、バランスよく収納できますよ。クローゼットに掛けておけば、その日のコーデとあわせてバッグを選ぶこともできますね♪

場所を選ぶのが難しい場合、スペースが狭い場合はこちらのように収納ドアの裏に収納ラックをつけてみるのも良いアイデア。ドアの裏なら、直射日光を避けながらバッグをきれいに保てますね。

保護ケース&ウォールディスプレイ

まるで博物館!なディスプレイ方法。
ほこりも被らず、バッグをオブジェとしてディスプレイすることも可能に。

さりげなく他アイテムと組み合わせてディスプレイ

無造作に積んだトランクの上に乗ったバッグがとても自然なディスプレイ。バッグ以外のアイテムと一緒にディスプレイすると自然に空間に溶け込ませることができますね。

Talk women01

ディスプレイアイテムはバッグの質感かカラーにマッチしたものを合わせておくと◎。

本のサイズにぴったりマッチしたバッグとバッグの質感にマッチしたオブジェを活用したディスプレイ。これだけコンパクトなら、ディスプレイ場所も選びませんね。

自然素材のカゴバッグも、リネンクッションやクロスを合わせればナチュラル空間のできあがり♪素材どうしがうまくマッチしていますね。

バッグにも「おうち」を作ってあげましょう♪

帰宅後に無造作に置いてしまいがちなバッグの収納場所作りを実例とともにご紹介してきました。動線を考えた置き場所の作り方やライフスタイルに沿った場所設定をしておくと、いつものバッグ選びがずっと楽になるはず。いつも置いているバッグが収納位置に帰るだけで、住空間もすっきりと片付きますよ。なんだかお部屋が狭く見える、バッグの定位置が定まらないという場合は、ぜひバッグの定位置を決めてみてくださいね。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧