旅の思い出をインテリアに。世界に一つだけの空間を作ってみよう!
2019/11/11
742 VIEWS

旅の思い出をインテリアに。世界に一つだけの空間を作ってみよう!

Photo by:www.instagram.com

旅行に出かけて、色々買ったり写真を撮ったりしたのは良いけれど、どう保管しようかな?と悩んだことがある方は多いのでは?せっかくなら旅の思い出をインテリアに生かしてみませんか?旅の思い出をインテリア化させるのにおすすめの方法をご紹介します♪

旅行から帰ってきたけれど…あれ、これどうしよう?

Talk women02

旅行のその場のテンションで買ったものの、帰宅後使い道がなかった…

Talk men01

写真もたくさん撮ったけど、そのまま保存しておくのもな…。紙のものも多いけど捨てたくもないような。

と感じたことはありませんか?
その場で欲しいと思って買ったけれど、実際には用途が「???」なものも多くありますよね。筆者もこれまで色々な場所に行きましたが、帰宅してから「なんでこれ買ったんだろう…」と感じたことが何度もあります。でも、使い道に悩んで結局引き出しにしまったまま…というのもなんだかもったいないもの。

写真などはついついデジタルデータとして保存してそのまま…ということも多いですが、せっかくならプリントアウトして形として残しておきたいところ。でも、見返すかどうかは微妙?と感じることもありますよね。

Talk women01

でも、なんで買ったんだろうと思ったものも、そのアイテムを見るたびに旅先の思い出が蘇ってくることがありますよね。

Talk men03

なら、旅行先で購入したアイテムや使ったアイテムを、インテリアの一部としてディスプレイアイテムにしてみませんか?

旅先で買ったものをおしゃれにディスプレイする方法

【小物におすすめ】メモリージャー

思い出の小物や、現地で使ったものなど、見るたびに旅の思い出が蘇ってくるものを一つのボトル(ジャー)に入れて保管・ディスプレイしてみませんか?旅行をしても、いつしか記憶は薄れていってしまいますが、現地で印象に残った風景を収めた写真やその時に感じたことを記したメモと一緒にジャーに閉じ込めておくと、大切な旅の思い出をずっと保存しておくことができます♪

旅行ごとに小さなボトルに思い出の小物や写真、メモを入れて一ヶ所で保管しておくと立派な思い出ギャラリーの出来上がり♪メモリージャーに使うボトルやジャーは、なるべくフタが付いたものがおすすめ。ホコリなどが内部に入り込んでしまうのを防いでおきましょう。

【写真・カード類ディスプレイ】フォトボード

ウェルカムボードに使えそうなサイズのボードに旅の思い出写真やチケット、カード類、マップなどをディスプレイするアイデア。こちらのように、インテリアにマッチさせたカラーリングのものを使えば空間にも自然になじみますよ。

Talk women01

スタイリッシュに見せるなら、全てモノクロでプリントするのも素敵です。

Talk women03

複数の写真を好きな形にカットして、一つのボードに組み合わせて貼るコラージュボードもgood!

壁を使ってアレンジするなら、こちらのようなワイヤーボードを使ったアレンジも素敵ですね。クリップでワイヤーに写真やカードを固定していくと、壁に穴がたくさん空いてしまうのも防げます。

フォトフレームをいくつか購入して旅の思い出をディスプレイするアイデアも人気。
写真やチケット、カードなどそれぞれ個別にフレームをつけることで存在感もアップします。

【書籍など】ピクチャーレール

書籍のディスプレイによく利用されるピクチャーレールを、旅先で購入した書籍や使ったマップ、撮影した写真を飾るのも良いですね。ある程度厚みのあるフレームや書籍、マップに最適です。

【写真など】フォトブック

写真をたくさん撮ったけれどスマホの中にあるだけだとなんだか勿体無い気がする…という方には、フォトブックを使った方法がおすすめ。
写真以外にも、チケットや面白いものを買ったレシート、入場券なども自由に貼り付けられます。表紙/裏表紙が立派なものを選べば、そのままインテリアのオブジェとしても使えますね。

Talk women01

まとめてお部屋に置いておけば、来客時の話題作りにもgood!

【小物】専用ミニシェルフ

アクセサリーやミニオブジェなどの小物は、ミニシェルフを使ってディスプレイするのがおすすめ。小さいものだとばらけてしまいがちですが、ミニシェルフに飾っておけば、旅の思い出をなくしてしまうこともありません。

Talk women01

あえて気になったものをメモリージャーに入れ、あとで見返してみるのも楽しいですよ。

大切な旅の思い出を住空間にとりいれよう

楽しい旅行で使ったものや買ったもので使い道に悩むものを、インテリアの一部として楽しむ方法をご紹介してきました。お部屋の一部として楽しむことで、いつでも楽しかった旅行を思い出すことができますね。
また、形として残すことで、自分のこれまでのあゆみを振り返ることも可能に。
「そういえば、あんなもの買ったけど、どうしようかな?」というアイテムがある方は、インテリアにそのアイテムがどう生きるか考えてみてはいかがでしょうか♪

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧