【リラックス&センス】だらしなく見えない「休日・ご近所スタイル」を紹介
2019/12/24
3456 VIEWS

【リラックス&センス】だらしなく見えない「休日・ご近所スタイル」を紹介

Photo by:www.instagram.com

休みの日は「休日・ご近所スタイル」でゆったりしたファッションで過ごしたい。けど、だらしなく見えるのは嫌だしオシャレにみられたい。そんなあなたに贈る休日のだらしなく見えないご近所スタイルを紹介します。

リラックスしつつ、オシャレなファッションを楽しみたい!

日常のビジネスやパーティーシーンでは、ジャストサイズ目の衣装が求められるものですが休日はそんな堅苦しいファッションからは解放されたリラックスしていたい。そんな風に思ったことはありませんか?しかし、リラックスしすぎたファッションにするとこんどはダラしない・・なんて見られてしまいがち。本記事では、そんなわがままなニーズに応える、休日のリラックス&センシティブなファッションのポイントをご紹介します。

リラックス&センスのポイントは絶妙なサイズ感

休日のリラックスウェアでだらしないとみられがちなのがオーバーサイズ&ダブルカジュアル。例えば、ビッグサイズのスウェット上下などです。ゆったりサイズはリラックスのポイントですが、緩急がなければいたずらにだらしなくなりがち。例えば、ボトムをジャストサイズ、トップスをアップサイズで着こなすなど上下のサイズ違いを意識することで適度なリラックス感が演出できます。

トップスやアウターで締めるだけでダラしなさは消える。

よれよれのトップスと緩すぎるスウェットパンツやハーフパンツではただダラしないとみられがち。そんなアイテムにも締まりのあるトップアイテムを選ぶことでちょうどいいリラックス感が演出可能です。例えば、写真のようなハーフパンツ、オーバーサイズTのリラックススタイルでも綺麗目のシルエットの良いブルゾンをいれるだけでグっと引き締まって見えます。

今やリラックス感の演出にかかせないジョガーパンツ

動きやすさを持ちながらも、テーパードで細く絞ったシルエットのジョガーパンツは今やリラックス感の演出にマストな存在。こちらも、トップスにニットなど質の良い綺麗目なアイテムを組み合わせることで一気に大人のリラックス感が演出できます。

リラックスのポイントを押さえた今季オススメのアイテムをご紹介

まずはワンポイントとなるアウターアイテムを紹介

こちらはMONCLEARのダウンジャケット。MOCLERのダウンを休日のワンポイントに使うことで大人のリラックス感が演出可能です。全てをハイブランドで固めるのでなく、インナーなどはファストブランドを取り入れることでいやらしくないハイセンスも演出できます。

黒のライダースは男らしさを演出しつつ、固いシルエットからリラックスコーデの締めには最適なアイテム。もちろんライダースにも高いものから安いものまでさまざまありますがワンポイントになる要素なのでオススメは自分のこだわりのシルエットをもつアイテムを起用することです。

こだわりのニットアイテムをご紹介。

アウターを着るほどでもない時や、室内のリラックス演出にはトップスのニットがおすすめ。
ここでポイントとなるのは少しゆとりのあるシルエット。

Massimo Duttiのニットセーター。編み込みのデザインとサイズ感が絶妙な一品です。

トップスとなるアイテムで回りと差をつけたい方にオススメな、Maison Margielのハイネックニット。首元と袖でツートーンになったカラーリングと絶妙な首回りのサイズ感がポイント。実際に合わせた時にニットアイテムのニットの質は確実に回りと差が分かるポイントなのでこだわりのある人は是非こだわって手に入れ欲しいアイテムです。

こちらはハイエンド、しらずとしれたSalvatore Ferragamoのニットセーター。シルエットや編み込みのカラーグラデーションなど細部までこだわった質の高さは間近で見なればわからないものですが実物を見れば他のアイテムとの違いは歴然です。また、Salvatore Ferragamoを前面にだしていないデザインも大人の余裕とシンプルなデザインで勝負するハイブランドの質の高さを示しています。

リラックスのかなめとなるジョガーパンツ

EPTMのジョガーパンツ。細身のデザインですが、少し大きめくらいのニットを合わせる時はこれくらいのシルエットを選んでいきたい。リラックスウェアとしてだけでなく、ストリートモードなどにも合わせていける汎用性の高さが〇。

Ron Hermanのジョガーパンツ。シルエットが絶妙かつ、リラックスの演出に最適な素材の質感がオススメ。気取りすぎない、リラックス感。でもこだわってるんだよってところをさりげなく主張できるアイテムです。

こちらは、セットアップのアイテムですがオススメは上下分けてコーディネートに使うこと。フリースの質感が可愛くシルエットも綺麗なので使いまわしもよく、単一アイテムで組み込むことで適度にリラックスした大人の休日スタイルを演出できます。

いかがだったでしょうか。

休日のリラックスウェアいかかがだったでしょうか。気取り過ぎないリラックス感は、うまく演出すれば大人の余裕の表れでセンスを感じるもの。しかし、一方でこだわりのないアイテムセレクトをしてしまえばただただだらしないとも見られがちです。人と被らないこだわりのワンポイントとなるアイテムを組み込み、魅力的な大人のリラックススタイルを演出してみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事はこちら!

「コーディネート・スタイリング」に関するまとめをもっと見る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

TAKAHIRO

EDITOR / TAKAHIRO

10年間アパレルブランドで勤務の後、LAにファッション留学。現在は、フリーのファッションバイヤーとファッションライターとして精力的に活動中。
Instagram ID:editor_takahiro

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧