お手洗いが狭くて窮屈。広く快適に保ちながらおしゃれ感もアップさせる方法
2019/12/01
1050 VIEWS

お手洗いが狭くて窮屈。広く快適に保ちながらおしゃれ感もアップさせる方法

Photo by:www.instagram.com

どの住宅でもあるある…な「お手洗い狭い問題」。特に一人暮らしの賃貸物件だと小ささも感じやすいのではないでしょうか。今回は、狭めのお手洗いスペースをより広く快適に、さらにおしゃれに活用するためのコツをご紹介します!

お手洗いが狭くて…

狭くて使いづらいお手洗いスペースにお悩みではありませんか?
かといって増築も難しいところ。そこで今回は、お手洗いの広さと快適さを叶えるオーガナイズ方法をご紹介。毎日使う場所だからこそ、できればおしゃれに演出もしてみたいところですよね。おしゃれな実例もピックアップしながら、おしゃれな空間演出のコツもみていきましょう♪

今日からできる!快適で広々したお手洗い作りのコツ

まずは、今からできる「広々見せ」の方法からご紹介していきます♪

床にものを置かない

掃除ブラシやペーパー類など、ついつい床のすみに置いてしまいますよね。いろいろと床に置いていると、当然床の面積が狭く見えてしまいがち。床以外に収納場所があれば、床ではなくそこに収納できそうか考えてみましょう。

Talk women01

床に置いているものが少なくなる=床面積が広く見えるという視覚効果ですね。

コードは床につけないようにする

温水便座用の電源コードは、床にタッチしている状態と浮いている状態では実は見た目が大きく変わります。床にタッチしている状態だとそこが狭く見えがちですが、浮かせると狭く見えにくくなるんです♪巾木などにコードを固定しておけば、広く見えるだけでなくお掃除も簡単に。

カバーやマットは必要か考えてみる

便座カバーや床マットは当たり前のように使っていますが、果たして必要なのでしょうか?意外となくても大丈夫かも?と感じられたら、それらもまとめて取っ払ってしまうのも手。洗濯回数・量も減り、家事が楽になるメリットも得られます。

どうしてもものが多い場合は収納場所を作る

さきほど、狭いお手洗いスペースを広く見せる方法として「床にものを置かない」方法を挙げました。ただし、お手洗いで使うものは人それぞれですし、人によっては「床からものをなくすと収納場所に困る!」という方もきっと多いかと思います。その場合は、お手洗いの収納を増やしてみるのがおすすめ。

たとえば、こちらのように壁面に収納ラックを取り付けてみるのはいかが?これなら、床面積を気にせずペーパーなどを収納することができますね。

壁全体に棚板を取り付けておけば、ストック品も管理しやすいですね。
目隠しにバスケットを使うのもgood!

また、壁面にディスプレイをかねてシェルフを取り付ける場合は、なるべく高い場所がおすすめ。
位置が高い場所のほうが、掃除の時の水しぶきや汚れがつきにくいため、ディスプレイアイテムをきれいに保つことができます♪

マネしたい!おしゃれなお手洗い空間

ここからは、ぜひ取り入れてみたい、世界の素敵なお手洗いインテリアをご紹介します♪

こちらはシックな壁紙を取り入れたお手洗い。
アクセントとして取り入れると、いつものお手洗いがさらに素敵な空間になりそうですね♪

Talk women01

壁紙のなかには、お手洗いにぴったりな「抗菌機能」「防汚・消臭機能」などが備わったものも。クロスメーカーによっていろいろな機能が備わった壁紙があるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

お手洗いスペースの幅にマッチした棚板があれば、こちらのように気分が落ち着くグリーンなどもディスプレイ可能に。棚板はおしゃれなブラケット(棚受け)があれば、空間のアクセントにもなりますね。

Talk women01

グリーンの水やりが難しい場合は、エアプラントやフェイクグリーンでも良いですね。

とてもミニマルなお手洗い。
トイレットペーパーホルダーも最低限のものにしておくと便器周りがとてもすっきりして見えます。シンプルすぎるかな?と感じる場合は、カラフルなタオルを使うとほどよいアクセントに。

デコラティブなミラーを取り入れて空間を一新させる方法もあり。
壁面に取り付けるため広さを邪魔しません。こちらのように、空間のカラーリングに合ったものを取り入れれば失敗がありません♪

アートを散りばめるのも良いアイデア。
また、壁やフレームを全てオフホワイトで統一しているため、ホワイトならではの膨張効果で広く見えているのもポイントですね。

お手洗いのインテリア作りでは、照明を変えて雰囲気チェンジをはかる方も多いんです。
こちらのように吊り下げ型のライトを使うと、左右の壁がそれぞれ光に反射して空間がより広く見えることも。デコラティブなものを使うとゴージャスな印象にも変化させることができますね。

Talk women01

ただし、あまり大きなライトを低く吊り下げてしまうとと逆効果。圧迫感を感じやすくなってしまうため、なるべく小サイズ〜ミドルサイズのライトを高い位置で吊り下げておくのがおすすめです。

お手洗いをおしゃれで広々としたクリーンな空間にカスタマイズ♪

狭さが気になりがちなお手洗いをおしゃれに広々、快適に改善するためのコツをご紹介してきました。お手洗いは、毎日使う場所だからこそこだわりたい場所ですが、なかなか手が回らないもの。でも、今回ご紹介したポイントのように今日からできる改善ポイントも多くあります。時間のある時に、ぜひお手洗いの環境改善をしてみてはいかがでしょうか♪きっと大きなリフレッシュになるはずですよ。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧