インテリアも心も柔らかく♪「間接照明のあるお部屋」の作り方と嬉しい効果
2019/12/30
1053 VIEWS

インテリアも心も柔らかく♪「間接照明のあるお部屋」の作り方と嬉しい効果

Photo by:www.instagram.com

間接照明はデザインや明るさも豊富で、お家の雰囲気をリフレッシュするのにも最適のアイテム。いまやインテリアに欠かせないおしゃれアイテムのひとつとなっていますが、メリハリのある空間が作れるだけでなく、心理的効果も抜群。それぞれ、どんな効果があるのでしょうか?

そもそも間接照明とは…?

間接照明は、隠した光源から漏れ出る光で空間を照らす照明のことをさします。
明るくしたいところを直接照らすのではなく、お部屋の角や天井などに光を当てて反射させることで空間を明るくするのが特徴です。

Talk women01

反射をうまく使うことで、お部屋全体を均一に照らすこともできます。

間接照明のインテリア効果

Talk women01

次に、間接照明がインテリアにもたらす効果をみていきましょう。

空間を暖かく演出できる

さきほどの繰り返しになりますが、間接照明はお部屋の壁や角、天井などに反射させて使うもの。反射光を取り入れることで、お部屋が明るすぎず、ほどよい明るさで包みこまれます。とくに温かみが欲しい場合は、暖色光を取り入れるとベター♪

よりおしゃれな空間作りに役立つ

間接照明にはファッション性やインテリア性をもたせたデザインも多いのが魅力。お部屋の雰囲気にあうデザインのものを取り入れたら、お部屋がさらに美しくおしゃれに演出されますよ♪こちらのお部屋の場合ミラーをストリングライトで囲むことで、お部屋の大きなアクセントとして活用しています。

Talk women01

逆に、あまりクローズアップさせたくないものがある場合は、あえて間接照明を当てない場所に置いておくのがおすすめ。光が当たらないため、お部屋のなかでも目立たない存在にしておくことができます♪

明るすぎず、上品な雰囲気作りに役立つ

温かみのある光で空間を包み込むだけでなく、空間にワンランク違った趣を与えることができるのも間接照明の魅力。こちらのように、あえて明るい空間で使うことで、空間に奥行きをもたせたり、お部屋の場所によって雰囲気を変えることも可能に。

間接照明による心理的効果

さて、ここまで間接照明が与える空間向けメリットをご紹介してきましたが、心理的にはどのような効果があるのでしょうか?

よりリラックスできるようになる

強い光を直接浴びたり目にしたりするよりも、間接照明のような柔らかく温かい光のある空間にいると、副交感神経が活発になり、よりリラックスできるようになるといわれています。たしかに、バーやホテルの寝室やラウンジなどは、直接的な光ではなく間接照明が多く使われていることが多いですよね。

よりよく眠れるようになる(入眠作用)

間接照明を取り入れるのにとくにおすすめな場所がベッドルーム。
先ほどご紹介したリラックス作用がとくにはたらきやすく、間接照明の温かい光は自然に眠りを誘ってくれるように。普段不眠がちの方や眠りにくさを感じている方はぜひお部屋に間接照明を取り入れてみてくださいね。

Talk women01

ベッドルームなどは、気軽にオン/オフできるLEDキャンドルをベッドサイドに置いておくのも良いですね。

いかにうまく反射させる?間接照明を上手く使った空間集

ここからは、間接照明をうまく生かした素敵な空間をご紹介します♪

壁際のポンポン型ライトを壁側につけて反射させると、ほわんとまあるい明かりに。手前の床置きライトも、明るすぎず空間を邪魔していません。


あえてライトにバスケットをつけて壁際に配置した例。
白い壁に映えるバスケット模様が素敵ですね。電球もオレンジ味のあるカラーリングなので、レザーのチェアや床とうまく調和しています。


あえて高めのスタンドライトを天井に近づけてふんわりと反射。
なんだか壁際にチュールがかかっているような仕上がりになっています。お部屋のクラシックな雰囲気ともぴったりですね。


こちらは変わり種。
太めの枝に電球を取り付けて壁際に立てかけると玄関にもぴったりなライトに。枝の長さや太さ、立てかけ方によって印象も大きく変わりそうです。


ストリングライトの例はさきほどもご紹介しましたが、こちらはミラーだけでなく床のバスケットにも絡ませて明るさも強くなっています。長さに余裕があれば、他のアイテムにもつけてみて床や壁への反射を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

また、ストリングライトといえば、電球の向きも調節しやすいのも大きなメリット。
あえて四方に電球の向きを散らせば、こちらのようにランダムな反射も楽しめますよ。ストリングライトなら、電球一つ一つが小さめなので、特に明るさを低めにしておきたいベッドルームでの使用がおすすめです。

反射光でお部屋の雰囲気を暖かく和らげてみよう

壁やお部屋の角などに反射させて楽しむ間接照明のインテリア・心理的なメリットや、照明の上手な使い方の例を事例とともにご紹介してきました。ライトをそのまま使うのも良いですが、よりリラックスできる空間づくりのために、照明の使い方はぜひ工夫しておきたいところ。「リラックスした空間を作りたいけれど、なんか違和感があるな…」と感じたら、ぜひ間接照明の使い方を工夫してみてはいかがでしょうか♪

照明をもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧