不朽の名品蘇る!GUCCI(グッチ)の『1955 ホースビットバック』
2019/12/25
4013 VIEWS

不朽の名品蘇る!GUCCI(グッチ)の『1955 ホースビットバック』

Photo by:www.instagram.com

多くの人達の心を掴んできたのが、名品と呼ばれるバックたち。名品と呼ばれるだけあって、その魅力は現代へも受け継がれています。時代を超えて愛される不朽のバック。そんな魅力的なバックが蘇るとならば、ぜひともチェックしない訳にはいかないですね♡一緒に魅力を探って行きましょう!

GUCCI 『1955 ホースビット』

2020年リゾートコレクションから、新作 『1955 ホースビット』が発売!こちらは50年代アーカイブをモダンに再解釈したバックで、名品が蘇ったと早くも話題となっているバックです。

1955年に登場したグッチのアーカイブバッグをもとに、クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレがデザインした新作。目を惹くのは、乗馬の世界から取り入れた、ダブルリングとバーから成るホースビットモチーフのハードウェア。グッチのシグネチャーでもある、このモチーフは有名で、なんと60年以上前の誕生当初と同じショルダーで販売しています。

Talk women01

ショルダーバッグのほか、バケットバッグ、ホーボーバッグのような機能を備えたメッセンジャーバッグの3タイプが登場し、多彩に展開されています!

大人気・ショルダー

▽こちらが、一番人気のショルダータイプ。丸みを帯びたスクエアフォルムと、フラップクロージャーでオーセンティックな雰囲気が素敵なバック。上品なレザータイプやGGスプリームキャンバスなど、自分のスタイルにあうものをチョイスしてみて!

▽品があって、クラッシックな佇まいのホースビットバッグは、モノトーンコーデに映える♡日常使いには十分の収納力を備え、機能性も高く、幅広いシーンで活躍しそうなバックです!

▽カジュアルなスタイルにも、相性抜群のGGキャンバスのショルダーバッグ!!世代も年代も問わず、いつ見ても新鮮さを感じられる、レトロシックなデザインが素敵♡

▽レッドトリムが際立つこちらの、1955 ホースビット。他のホースビットに比べると、レディライクなイメージが強いため、スカートなどにも合わせていただくと可愛い♡


NEWデザイン・メッセンジャー

メッセンジャーバッグの特徴は、1950年代のオリジナルと同じホースビットをあしらい、ヴィンテージの雰囲気を表現したNEWデザイン。レザーモデル4色と、GGキャンバス素材を使ったレザートリム付きのモデルをラインナップ!

△レザーストラップを絞るとまた違った雰囲気が楽しめるデザイン!!なんと言ってもクラシカルなデザインが魅力のバッグなので、ヴィンテージライクなコートスタイルと合わせて、とことんレトロな雰囲気を楽しんでみて!


形が可愛い・バケットバッグ

ほど良い硬さの円形ベースの形のバックは、他にはなく、とってもファッショブル!!円形のベースと、ドローストリングクロージャー付きの柔らかなレザートップを組み合わせていて、トレンドもありつつ、クラシカルな要素も高い魅力的なバックとなっています。

△存在感のあるバッグは、シンプルなスタイリングに持ってこい。コーデを簡単に格上げできます♡大人っぽいシンプルなスタイリングにも、バッグだけが浮くことなくぴったりとマッチします!!


不朽の名作♡

いかがでしたか?さずが名品と言われたバック。60年の時を超え復活したとは思えないほどの、洗練されたクラシカルなバックでした。きっと20年後も愛用していきたいと思えるほど!!魅力の詰まったバックですね!この機会に、ぜひチェックしてみて下さいね♡

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

y-Tizam

EDITOR / y-Tizam

バイヤー兼ライター
海外セレブ・海外ファッションを中心に執筆しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧