秋冬大活躍のニットのテイスト別メイク方法【ハイゲージニット編】
2020/01/21
1268 VIEWS

秋冬大活躍のニットのテイスト別メイク方法【ハイゲージニット編】

Photo by:www.instagram.com

秋が深まる頃から3月頃まで着ることができ、ファッションのジャンル、ボトムスのボリューム感問わず取り入れることのできる秋冬のスタメントップスといえばハイゲージニットです。こちらの記事ではユースフルなハイゲージニットに似合うメイクをご紹介します♡

ロングシーズン着られるデイリーニット言えばハイゲージニット!

ローゲージ(ボリュームニット含む)、ミドルゲージニットとそれぞれのコーデに似合うメイクをご紹介してきましたが、ニットの種類の中でも最もロングシーズン着ることができるのがハイゲージニットです。

編み目の密度が高く、前出した2つよりも比較的薄手のものが多いのが特徴で、ウール素材なら10月〜3月、まだ寒いと感じたら4月でも着ることができるので重宝します。



特にタートルネックはシンプルにデニムパンツと合わせてパンプスやヒールブーツと合わせればカジュアルなのにどこか色気を感じさせるデイリーコーデが完成します♡

「マットメイク」を攻略してガールズクラッシュな雰囲気に

Talk women02

ハイゲージニットって何だかんだ言って手持ちニットの中でも一番多い気がする!

Talk women01

特に冬はアウターにダウンコートを着たい時なんかはトップスはコンパクトにしたいからね。何より秋から春先までロングシーズン活躍してくれるのもついつい買ってしまう理由かも。

Talk women02

一番登場回数が多いのに、ハイゲージニットに合うメイクがあるなんて考えもしなかった。

Talk women01

もちろん可愛い系コーデにも取り入れることができるから時と場合によるけど、ハイゲージニットには女性が憧れるような「ガールズクラッシュ」をイメージしたマットメイクがしっくりくるよ!

そしてマットメイクは一歩間違えると一昔前のおば様メイクになるから、ツヤとマットのバランスを上手に取ることが今っぽいメイクにする鍵だよ。

Talk women02

やっと来た、マットメイク!早速教えて〜!!

ベースは毛穴レスなマット肌&ハイライターで自然なツヤをプラス

Talk women01

マットメイクって言うくらいだからベースメイクを毛穴レスな陶器肌に作っていくよ。

Talk women02

私マットメイクは何度も挑戦するんだけど、数時間経つとTゾーンテカテカ、目元と口元はカッサカサになって収集つかなくなっちゃうんだよね…。

Talk women01

それは脂浮き防止に注力し過ぎて油分・水分不足になってるからだよ。確かにマットメイクは肌をつるんとテカリのないようにキープしたいけど、そのためには土台となる肌に必要十分な水分と油分を持たせることが一番大切なんだよ!

Talk women02

マットでもフォギー肌でもベースを綺麗に持たせるポイントは土台になる肌に水分・油分をしっかり補うことなんだね。

上記の会話のとおり、どんな質感のベースメイクに仕上げるにしてもアイテムを重ねていく肌に十分な水分と油分がなければ乾燥だけでなく皮脂による崩れも引き起こしやすくなります。/

マット肌に仕上げる時のスキンケアでは以下3つの手間を加えてあげると乾燥と皮脂による崩れを押さえやすくなります。



①コットンパックで水分をしっかり肌に浸透させる


化粧水は1回パシャパシャ付けたら終わり!ではなく、1回肌に規定量の化粧水を馴染ませたら、大きめのコットンに化粧水をしっかり含ませ、何枚かに分けて剥がし、両頬と額、鼻と鼻の下、顎の5ヶ所に貼って、5~10分ほど放置します。

時間になったらコットンを剥がし、肌がひんやりしていたら肌表面に残った化粧水をハンドプッシュでさらに馴染ませて完了です。



②保湿系美容液で乾燥に負けないむっちり肌に


マットメイクで何よりも気をつけたいのは皮脂崩れ以上に乾燥です。皮脂崩れは余程毛穴落ちしていない限り、ティッシュオフとミストなどで持ち直すことができます。

一方、乾燥による粉吹きやシワが目立つ状態になってしまうと、一度乳液などで部分的にオフしなければ、アイテムを重ねてもさらに酷いことになってしまいます…。


そうならないためにも化粧水で潤わせた肌を保湿しふっくらとした肌に見せる保湿系美容液、もしくはアンプル(高濃度美容液)を取り入れましょう。_



③乾燥が気になる人は保湿クリームにオイルを数滴プラス


秋冬にどうしても避けられない大人の肌悩みと言えば乾燥です。特に毛穴レスなマット肌に乾燥は大敵!口元の粉吹きや笑いジワがくっきり!なんて残念メイクにならないためにスキンケアの最後の保湿にも一工夫加えましょう。


仕上げの保湿は乳液よりもクリームがおすすめです。そして、特に乾燥する人はクリームにお好みのスキンケアオイルを少量プラスしてしっかり手の平で混ぜ、それを顔に馴染ませたら、最後にハンドプッシュで密着させたらスキンケアは完了です。

Talk women01

マット肌メイクで一番怖いのは「肌がしょぼくれて見えること」です!
ハリがあり、ふっくらとした肌だからこそマットな質感のアイテムが健康的で綺麗に映えるのです。

ふっくらハリのある肌のために前述したひと手間を惜しまずやってみてくださいね♪

崩れにくいマット肌は「下地」と「ファンデの塗り分け」が鍵

Talk women01

「マット肌」ってどんなイメージがある?

Talk women02

やっぱり毛穴レスで、ツヤよりもつるんとした質感重視な感じかな。サラッとした感じ?

Talk women01

確かにそう思ってる人は多いと思うけど、それじゃあバブリーメイクになっちゃう。今ドキのツヤ肌にはツヤ感も必要なんだよ。

Talk women02

ツヤとマットってなんだか相反するもののようだけど…どうやって作るの?

上の会話のようにマット肌にツヤを加えると言うのは相反するもののようですが、質感を全て統一してしまうとしつこい印象、動きのない平坦なメイクになり古い印象を与えてしまいます。

今ドキのマット肌にはハイライターやチークアイテムによって程よいツヤを与えてヘルシーさと色っぽさを加えることが大切です!

乾かないマット肌の秘密は保湿力に優れた下地にあり

先のスキンケアについての項目でマット肌には潤いが必要だとお話ししましたが、やはりマット仕上がりのファンデーションを使用すると乾燥を感じやすくはなります。

それを緩和させるためにはメイク下地に保湿効果のあるものを薄くしっかりと馴染ませておくことが大切です。


意外にも下地は使っていない、またはメイク下地は1本で使い分けをしないという人は多いようですが、メイク下地は肌の凹凸をカバーしたり肌トーンを均一にするほか、ファンデーションの付きを良くする働きをするので、ベースメイクの際にはパスしないで欲しい工程なんです。



マット肌を作る際に選びたい下地のテクスチャーは、ファンデーションのテクスチャーにもよりますが、おすすめはクリームタイプもしくは緩すぎない乳液タイプです。


下地は額・両頬・鼻・顎の5ヶ所に置いて指の腹で馴染ませます。この時、下地は両頬>額>顎>鼻の順に乗せる量を分けるようにしましょう。


下地はスポンジやファンデーションブラシよりも指を使った方が肌の体温でアイテムが馴染みやすく密着しやすいですよ!

Talk women01

全てのアイテムに当てはまるわけではありませんが、マット仕上がりのファンデーションはテクスチャーがクリームもしくは固めの乳液タイプが多いです。

下地もファンデーションのテクスチャーに近いものを選ぶと重ねていくアイテムもヨレにくくなります。

厚塗り厳禁!しっかり塗りと薄塗りのエリアを分けよ

ファンデーションは全てのエリアを均一につけるものだと思っていませんか?

それでは皮脂の多く出やすい部分と乾燥しがちな部分、しっかりカバーしたいところとそうではないところで時間が経った時の状態に差が出て、頻繁なメイク直しが必要になってしまいます。



下地を馴染ませたら、目の下・小鼻横の逆三角ゾーンにしっかりめにマット仕上がりのファンデーションを馴染ませ、Tゾーンと額、鼻の下と顎は逆三角形ゾーンにつけたファンデーションの量の3分の1弱の量を馴染ませます。



仕上げパウダーはプレストタイプがおすすめです。大きめで平たいブラシにパウダーを取り、額と両頬、鼻、顎の順でブラシを滑らせるようにして乗せていきます。

Talk women01

プレストタイプの仕上げパウダーを使用する際はかぶきブラシのように丸い形状よりも平たいブラシの方が使いやすいです。また、パウダーを肌に乗せたら軽くハンドプッシュすると程よく馴染みやすなるので試してみてください♪

ツヤ系ブロンザーで引き締まった血色フェイスに♡

Talk women02

言われたとおりにマット肌を作ると、これまでのイメージよりふっくらしたマット肌に仕上がるね!

Talk women01

そうだね。凹凸もツヤもない肌はどんな質感のメイクでも古い印象になるから要注意だよ!

ベースメイクの仕上げは引き締まった印象に見せるだけじゃなく、血色とツヤもプラスするブロンザーを入れていくよ。

ブロンザーというと夏に使用するイメージがありますが、決してそんなことはありません。

今回ご紹介するメイク方法ではツヤのあるブロンザーを使用します。ツヤのあるブロンザーをほんのりCゾーンに掛かる位置から斜めに入れましょう。


Cゾーンから斜めに入れることでハイライトとコントゥアリング、チークの3役を一つのアイテムでカバーすることができます!

Talk women01

マット肌でもブロンザーでツヤをプラスするとコンサバになりすぎず、幅広いファッションにマット肌メイクを取り入れやすくなります。

かなりの色白さんはブラウン・ベージュ系のパールやラメ入りのチークを代用すれば浮きにくいですよ♡

アイメイクはマットベースにツヤアイテムを1点投入!

Talk women01

次はやっとアイメイクだよ!

アイメイクはマット質感をメインにして、ポイントにグリッターを使って立体感と華やかさをプラスするよ♡

Talk women02

え、グリッターってあのギラギラしてるやつ?!マット系にそんな質感の違うアイテム持ってきて大丈夫?

Talk women01

ベースメイクにツヤのあるブロンザーを使ったから、それとの繋がり・統一感が出るから違和感はないから安心して!

もちろんまぶた全体にしたらマット感を隠しちゃうからバランスを入れる範囲と度合いを調整していくよ。

アイシャドウは横割りではなく「縦割り」にグラデーションを作っていきます。では詳しいアイメイク方法についてご紹介していきます!

【使用するアイテム】


◆肌よりもワントーン暗いベージュ(マット)


◆明るめのブラウン(マット)


◆濃いめのブラウン(マット)


◆明るいベージュ(パール)


◆ゴールドグリッターもしくはゴールドラメのアイシャドウ


◆ブラウンのペンシルアイライナー、リキッドアイライナー


◆黒もしくはダークブラウンのボリュームマスカラ



【How to 縦割りアイメイク】


①自身の肌色よりもワントーン暗めのベージュをアイホール全体に乗せます。


②明るいブラウンを目尻側から目のくぼみに沿って影を作るように入れ内側に軽くボカします。


※この影によって目元の彫りを深くし、立体的な目元に仕上がります。


③②で使ったブラウンを使って下まつ毛の際にチップもしくは小さめのブラシでラインを引きます。


※ラインの幅は2~3mm程度、濃さは一度チップやブラシに取ったものを軽くティッシュオフ下くらいが丁度良いです◎


④一番濃いブラウンをブラシに取り、一度目尻に色を乗せたら、それを内側に向かって黒目の上に掛からないくらいの範囲にボカします。


※締め色の入れ方のコツは目の内側に向かって「くの字」を描き、そのままブラシでラインを内側にボカしていくと上手くいきますよ♪


⑤黒目の上にパール系の明るいベージュを乗せ、目頭に向かってボカします。次にアイシャドウは足さず、使っているブラシで④のブラウンとの境目をボカします。


⑥黒目の上にグリッター(ラメアイシャドウでもOK!)をごく少量乗せ、目尻側に広がらないよう馴染ませます。


⑦⑤で使用した明るいベージュを目頭に上下共に3mmほどの「くの字」になるようにチップもしくはブラシで色を乗せます。


⑧ペンシルアイライナーでまつ毛のキワを埋めます。次にリキッドアイライナーでラインを引いていくのですが、その際、下まぶたの目尻からの延長線上に重なるように5mmほどラインを引きます。


※アイラインの跳ね上げが苦手な人は、上記のように下まぶたの目尻から斜め上に引いたラインの延長線上を意識すると左右の角度が揃いやすいですよ!


⑨ビューラーで軽くカールを付けたらボリュームマスカラで根元でブラシをジグザグに動かし、スッとまつ毛をとかすように毛先に流します。ダマにならないよう注意し、これを2~3回ほど繰り返します。

Talk women02

はじめはテクニックが必要なのかと思ったけど、グリッター以外はほぼ手持ちアイテムで出来た!

Talk women01

そうそう、基本の色味のアイシャドウも塗り方次第でいくらでも印象を変えられるんだよ♪

Talk women02

立体感も出るし、彫りが深くなった感じ。表情も引き締まるね!

Talk women01

グリッターは必須ではないけれど、いつものアイシャドウの表情を変えたり、華やかに仕上げたい時には重宝するからおすすめだよ!

リップはクリーミーテクスチャーでむっちりツヤ唇に♡

リップにボリューム感を出したい時はグロス一択になりがちですが、クリーミーな質感のリップスティックを使うと、グロスよりむっちりした色っぽい唇になり、マットリップより女性らしい柔らかさが引き立ちます。

リップブラシで本来のリップラインより2mmほど外側にラインを引いたら、同リップで内側を埋めていきます。


仕上げにリップカラーと同系色のリップオイルを上下の唇の中心に馴染ませたら完成です!

Talk women01

最近多くのコスメブランドからリリースされている注目のリップメイクアイテム「リップオイル」!

付け心地もグロスよりサラッとしているのでグロスが苦手な方にはもちろん、リップスティックの上から重ね付けしてもリップの色がヨレにくいので使い勝手の良いアイテムとしておすすめです♡

ハイゲージニットをメイクでさらに魅力的に着こなそう♪

ハイゲージニットはシンプルなデザインが多かったり、比較的薄手なのでローゲージやミドルゲージのように服そのものが主張することがありません。

ですがその分質感や色を主張したメイクを取り入れやすいというメリットがあります。


マットメイクは乾燥しやすい、老けて見えると避けてきた人も、ご紹介した今どきのマットメイクならバブル期メイクにならず、メリハリのある大人メイクになるので試してみてくださいね♡

あなたにオススメの記事はこちら!

ビューティー記事をもっと見る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

JOJO

EDITOR / JOJO

美容マニアで趣味は美容雑誌を読むこと、コスメ売り場巡り。「こうでなければいけない」を取っ払って純粋に綺麗になることを楽しむ自称美容ライター。
プライベートでは暴れん坊の2人の男の子のワンオペ育児に奮闘中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧