カジュアル上手と主婦っぽいは紙一重!?差が付くポイント教えます✓~冬のありがちコーデ編~
2020/01/23
1802 VIEWS

カジュアル上手と主婦っぽいは紙一重!?差が付くポイント教えます✓~冬のありがちコーデ編~

Photo by:www.instagram.com

カジュアルなアイテムは忙しい女性の強い味方。だけれど、カジュアルコーデはともすれば生活感にあふれてしまったり、疲れた感じに見えるというお悩みがつきもの。今回は、ラクチンなのに手抜きに見えないテクニックをお届けいたします。

巷で流行りのおしゃれに欠かせないのは、いわゆる「抜け感」や「こなれ感」といったカジュアルダウンのテクニック。でも、そのおしゃれが裏目にでて「生活感漂いまくりの人」になってない!?

今回は、ママさんを中心に巷でたくさん見かける組み合わせ
・ダウン×スニーカー
・スウェット×デニム

を、どうやったら垢抜けた印象にチェンジできるのかお伝えします♪

ダウン×スニーカー

寒い季節に重宝するダウンジャケットと、歩きやすいぺたんこ靴やスニーカーの組み合わせ。通勤、お子さんの送り迎え、予定の無い休日などもはや制服のような定番コーデになっている人も多いはず。

ここを変えれば「カジュアル上手」!

①ツヤ系素材は避け、マットなカジュアルダウンにチェンジ

今っぽいのは断然、ミニマルでツヤの少ない素材。ツヤのあるダウンは華やかな印象ですが、コンサバ古臭く見える危険が!顔がダウンの存在感に負け、疲れた印象に見えてしまうことも。


②ダウンの中はワントーンでまとめる

どうせあんまり見えないし~…と、適当にあったものを着ていませんか?
ダウンそのものに迫力があるから、その中は出来るだけすっきり潔くまとめた方が垢抜けてみえるんです。ワントーンでまとめ、Iラインを強調するとなおおしゃれな印象に!


ツヤ系ダウンはこう着る

手持ちのダウンがツヤツヤ系のみという場合は、ダウンの存在感が浮かないよう工夫が要るかも。華奢なアクセサリーをプラスしたり、足元はショートブーツやフラットシューズで女らしい華やかさを意識すると好バランス。

スウェット×デニム

動きやすさでいえば右に出る者なし!リラックスしたい休日はもちろん、子育て中のママさんも嬉しい黄金コンビですよね。ミニマルで素敵な組み合わせですが、子供っぽくなりがちな難しいコーディネイトです。

ここを変えれば「カジュアル上手」!

①スウェットの中にタートルやシャツを仕込んで奥行き演出

スウェットとデニムを着たとき、生活感を加速させているのはずばり「平面的なのっぺり感」。ロンTやタートルネック、シャツをレイヤーすることで奥行きがうまれ、ラクちんなのに凝った印象のスタイルがすぐに完成。寂しい印象を払拭してくれます。

▲元からレイヤーされているようなおしゃれデザインも!


②ルーズ過ぎないサイズ感はマスト

今期トレンドのルーズなスウェットは、デニム合わせの場合は避けたほうが無難!体に自然と沿うジャストサイズで、知的な印象にまとめるが正解です。長さは腰骨より少し長いくらいがベスト。裾や袖のリブも、無いor目立たない物のほうがカッコよく決まります。


ルーズなスウェットはこう着る

ゆるめのスウェットを着る場合は、クラシカルなボトムスでバランスを取れば生活感ゼロ!サテンやベロアのスカートなど、非日常を感じるデザインボトムスがおすすめです。

いかがでしたか?

街でよく見るカジュアルコーデを中心に、生活感を出さないコツをお伝えしました。とはいえ、おしゃれであっても動き辛かったり、快適じゃなければ本末転倒。自分のライフスタイルと相談しながら、カジュアル上手さんを目指しましょう♡

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧