2010年~2019年を振り返る!時系列で読み解くメンズファッション・ブランドのトレンド変遷
2020/01/31
3995 VIEWS

2010年~2019年を振り返る!時系列で読み解くメンズファッション・ブランドのトレンド変遷

Photo by:www.instagram.com

様々なトレンドが生まれた、2010年代のファッションの歴史。今回はそんな10年間にクローズアップして、メンズファッションの歴史を振り返って見たいと思います。

Talk men01

新年が始まり早1ヵ月が経とうとしております。2020年は東京オリンピックの開催など、大きな時代の一区切りとなる年になりそうですよね。

今回は、ファッションを愛するSHメンズ読者さまに向け、この10年を振り返り、大きなファッショントピックをご紹介していきたいと思います。ファッションの変遷や歴史を知ることで、もっとお洒落を楽しむことができるはず!それでは早速見て行きましょう!

2010~2012年、原宿系、ジェレミースコットがブームに!

まずは2010年初頭!この時期は原宿系ファッションで親しまれた「ジェレミースコット」が非常に人気が高かったシーズン。
個性的なデザインのアディダスのスニーカーはコレクションする猛者も多く存在し、アバンギャルドな装いがトレンドとなっておりました。現在、ジェラミースコットは「モスキーノ」のデザイナーを務めております!

2012年はトムブラウンやケンゾーが新しいブームを

2012年からはアメトラファッションのトムブラウンが人気爆発!
また、人気セレクトショップ「オープニングセレモニー」が注目を集め、その人気に引っ張られるようにケンゾーのスウェットやキャップが飛ぶように売れていた時代です。
男性が可愛らしくユニークなモチーフを好むようになり、ユニセックスな雰囲気が漂っているのがこの時期の特徴ではないでしょうか?

2013年からはジバンシィやリックオウエンスがストリートに!

ラッパー、エイサップロッキーが日本でも注目を集めはじめ、彼の着ていたジバンシィの大きなTシャツにリックオウエンスのスニーカーの組み合わせは大きな話題を呼びました!
パンツは同じくリックオウエンスのサルエルショーツや、セレブ層には「バルマン」のバイカーデニムが受けていた時代です。
この頃からラグジュアリーストリートの流れが着実に始まってきたのではないかと思います。

2014年~2016年はエディのサンローラン一色!

2000年代を大きく揺るがした、天才メンズウェアデザイナー「エディ・スリマン」がファッション業界でカムバック。
国内外問わず、ありとあらゆるアーティストや著名人がサンローランを着用し、ファッション業界はまさにサンローラン一色となりました!当時の衝撃は本当に凄まじいものがあり、ライダースやテディジャケット、リングブーツなど数々の名作を残しましたが、エディ・スリマンは2016年に惜しまれながらサンローランを去る事となります。

2016~2018年、ヴェトモンやオフホワイトなど新しい風が

ついに2010年代、伝説のブランドのヴェトモンが誕生し、「ヴァージルアブロー」のオフホワイト も世界中で認知をされるようになってきます。
オーバーサイズなパーカーやロングベルトなど、ストリートに新しいトレンドが次々と生まれ、本格的にラグジュアリーストリートブームが到来します!
また、ヴェトモンデザイナーの「デムナ・ヴァザリア」は「バレンシアガ」に。
ヴァージルアブローは「ルイヴィトン」にクリエイティブディレクターとして就任する事となります。

2018~現在 異色コラボやAlyxなど新鋭が続々!

2010年代後半には「ルイヴィトン×シュプリーム」という、ファッションの歴史を揺るがすコラボレーションが誕生します。その他にもストリートカルチャーを持つブランドと、老舗のラグジュアリーブランドのコラボレーションが相次ぎ、新しい時代の到来を感じます。
また、勢いのある「アリクス」や「ヘロンプレストン」など、才能溢れる若手も次々と業界に誕生し、ファッションシーンを沸かせます。
まさに、この10年間の真骨頂となる形で2020年へと歴史は続いて行くのです!

次なる2020年から10年はどんな歴史を刻むのか?

いかがでしたでしょうか?
ちょっぴり懐かしい気持ちもありつつ、お楽しみいただけたのではないかと思います。
2020年秋冬からは注目の「キムジョーンズ」率いる「ディオールオム」と「ステューシー」のコラボレーションなど、注目のトピックスも控えます。
今後の10年間のファッションシーンも様々な歴史が生まれること間違えなし!
ぜひ、これからもファッションを皆様と一緒に大いに楽しんでいければ幸いでございます!

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

mu-min。

EDITOR / mu-min。

メンズファッションを中心に執筆しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧