お部屋のゴチャ見えの原因「デジタル機器」をスッキリ片付ける方法8つ
2020/02/07
1020 VIEWS

お部屋のゴチャ見えの原因「デジタル機器」をスッキリ片付ける方法8つ

Photo by:www.instagram.com

無数に広がるコード類やガジェット類、お部屋のおしゃれなインテリアの邪魔になっていませんか?あまりコードやガジェット類が集まるとホコリも気になりがち。今回は、デジタル機器を中心とした片付け方をご紹介。うまく片付ける方法を知って、よりおしゃれなインテリア作りを心がけてみませんか?

あちこちに広がるコード。散らかって見えませんか?

お部屋は片付いているけど、どこか散らかって見える…のは、もしかしたらお部屋のテレビや作業台、PCやコピー機周りなどのコードが原因かもしれません。あちこちにコードがあると、ホコリが目立ちやすくなったり漏電の危険性が増したりと、あまり良いことはありません。

さらに、コードが床に落ちていると、床面積が狭く見えたり、生活感が増して見えてしまうことも。こうした細かいところが、意外と目に入ってしまうものなんですよね。

そこで今回は、散らばりがちなコードをはじめとしたデジタル機器のスマートな片付け方をご紹介。すっきりと片付けて、ご自宅のインテリアをより美しく見せましょう♪

1.【テレビ周り】テレビボード裏側にワイヤーネット取り付け

テレビボード周りに散らばりがちなHDDやテレビ、デッキのコード。床についてホコリまみれになるなら、こちらのようにテレビボード裏にワイヤーネットを取り付けてみてはいかがでしょうか。結束バンドでコード類をまとめてワイヤーに固定すれば、床にコードが散らばることはありません。ただし、コードをまとめすぎると接触が悪くなる可能性もあるので、なるべくゆるめにまとめておくことをおすすめします。

どれがどのケーブルかわからなくなったら、こちらのようにラベリングしておくのも有効。これでお掃除などの際に全てケーブルを抜いた時もスムーズに仕分けができます。

2.【テレビ・PC】画面の圧迫感があるものはカモフラージュ

お部屋の中でテレビの画面が浮いている…と感じる方は少なくないようで、海外でも「いかにテレビの液晶をうまくカモフラージュするか」がインテリア好きの間で話題になることも。こちらは、額縁付きアートで壁の液晶を丸ごとカバーした方。お部屋の雰囲気もアップしそうです。

こちらはカーテンを作って壁のフックにかけた「TV用カーテン」。お部屋の雰囲気にあったファブリックを見つけられたら、お部屋のインテリアもさらに洗練されそうです。

パソコンに関しても同様に、様々なカバーが色々なブランドからリリースされています。おしゃれなカバーがあれば、インテリア映えするだけでなく、持ち歩きの際も気分が上がりそうです♪

Talk women01

デスクトップPCの場合は、スリープ画面をおしゃれなものにしてみる、画面にお気に入りのファブリックをかけるという方法も有効です。

3.【デスク周り】ケーブルは専用スペースを作ろう

デスク周りは、スマホやPCの充電ケーブルに加え、ランプのコードやスピーカーコード、コピー機のコードなど、お家の中でももっともコードが散らかりやすい場所ですよね。デスク周りで使う細々したアイテムのコード類は、使わないときはわかりやすく一ヶ所にまとめておくと管理がしやすいですよ。例えば、こちらはイケアのナイフラックですが、デスク周りの壁に固定すれば、あらゆるコードを一ヶ所にくっつけて管理できます♪床に落ちていないので清潔度も◎。

こちらはクリップで管理したもの。
これなら、デスク周りで使うコード類が絡まずスマートに管理できますね。

4. ケーブル類は引き出しの中に

テレビやデスク周りのコードは、思い切って全て扉や引き出しの中に隠すのもあり。これでコードが外に見えることはありません。

引き出しや扉の中に収納する場合は、使用頻度が高いものは手前に、そうでないものは奥に収納するようにしておけば使用の際に取り出しやすいですよ。

Talk women01

不要になったコードは処分するか誰かに譲るなどして置くとさらにすっきり。

5.【デスク周り】思い切って引き出し内に電源ポートを作る

電源が確保できる場所にあるデスクや収納家具の引き出しや扉内に複数プラグをつけておくと、コードが必要な電子機器を収納したまま充電・使用することが可能に。扉や引き出しの裏板に電源タップ用の穴を開ける必要がありますが、これで作業の効率化ができること間違いなしです。

6. ケーブル・小型ガジェット用にバスケットを置く

延長コードや電源タップ、コードはあえておしゃれな入れ物に入れて隠しちゃう方法も人気。収納したいコード類がフィットするサイズのものを選んでおくと良いですね。フタ付きのものなら、完全にコード類を隠すことができますね。

インテリアにマッチした紙箱を使ってDIYするのも素敵。
コード穴を作ってお好みの場所に置けば、インスタント充電ステーションのできあがりです♪

7. 「コード隠し」を使う

どうしても部屋から部屋へモデムのコードを延ばさないとといけない…というお宅もあるかと思います。長いコードでホコリやつまずきが心配な方には、こちらのようなコード隠しがおすすめ。ホームセンターなどで販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

8. 究極?!クローゼットをワーキングスペースにしちゃう

狭めの住宅や賃貸にお住いの方々の間で密かに人気なのが、クローゼットを丸ごとワーキングスペースにしてしまう方法。デスクを置いて壁面収納をセッティングし、チェアを置いたらできあがり♪扉を外さない場合は、閉める際にチェアだけ除けておけばスムーズに扉を閉めることができます。デスク周りのごちゃごちゃが完全に見えなくなるのは助かりますね。

デジタルアイテムを片付けるだけで、さらに清潔ですっきり♪

意外と管理や片付けに悩むデジタル機器関連グッズの収納方法やカモフラージュ方法をご紹介してきました。今回ご紹介した方法は、大半が格安でトライできるものばかり。お部屋のコード周りのごちゃつきや、デジタル機器周りのホコリなどにお悩みの方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪コードが片付くだけでも、お部屋のインテリアがより素敵に見えるはずです。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧