【SH編集部発】雰囲気に酔いしれたい♡わたしたちが選ぶ"おしゃれ映画"
2020/02/29
3259 VIEWS

【SH編集部発】雰囲気に酔いしれたい♡わたしたちが選ぶ"おしゃれ映画"

Photo by:www.instagram.com

ストーリーのおもしろさだけでなく、ファッションが楽しめたり、雰囲気のあるおしゃれな映画は見ていて気分が上がりますよね!今回は、編集部がおすすめするおしゃれ映画をお届け!映画の雰囲気に酔いしれちゃいましょう♡

ココ・アヴァン・シャネル(2009)

あらすじ

孤児院育ちの少女が、さまざまな困難に立ち向かいながら、世界的なファッション・デザイナー、ココ・シャネルになるまでを描いた作品。

レビューを見ると、もしかすると好き嫌いが分かれる映画なのかなと思うのですが、私はすごく好きでした。 オドレイ・トトゥの芯のある美しさは見ていてうっとりします。また、男性のファッションを上手く取り入れながら、シャネルらしい要素を加えて新しいファッショントレンドが出来ていく様子が見ていてとても興味深かったです。(編集部 Rie)

ココ・シャネルに憧れて

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007)

あらすじ

ジャズ界の歌姫ノラ・ジョーンズが、フラれて傷心した主人公を演じるマイ・ブルーベリー・ナイツ。彼女を慰めてくれたのはカフェのオーナー、ジェレミーが焼くブルーベリーパイだった。失恋から立ち直れない彼女が、旅をしながら様々な人と関わり合い、傷を癒しながら、生まれ変わっていくストーリー。

気だるいジャズとネオンきらめくスタイリッシュな映像美が、お酒をちびちびやりながら楽しむのにぴったり。おしゃれさもさることながら、バーの店主を演じるジュード・ロウ(まだ髪の毛フサフサ!)の美しさが、本当…素晴らしいんです…。 カウンター越しのキスシーンは、全世界の女子が「ぎゃ~っ」と悶絶すること間違いなし(笑)女子会にもぜひ。(編集部 Aya)

思わずブルーベリーパイが食べたくなる

トレインスポッティング(1996)

あらすじ

スコットランドに住む、マーク・レントン中心にヘロイン中毒の若者たちの日常を描く作品。何度も薬物絶ちを決意し、まっとうな生活を目指すのだが・・

着ている服装はもちろん、音楽も演出もオシャレ!テンポが良く、ミュージックビデオを見るような感覚で見られる映画。(編集部 Mana)

サントラを聞いて余韻にひたりたい

17歳の肖像(2009)

あらすじ

16歳のキャリーマリガン演じるジェニーは、倍以上年の離れたデイヴィッドに出会い恋に落ち、大人の世界に足を踏み入れていく。憧れの大人に目を輝かせるジェニーであったが・・

初めてこの映画を見たのは、おそらくちょうど17歳の頃だったと思いますが、キャリーマリガンのあまりの可愛さにくぎ付けになったのを覚えています。60年代のエレガントなお洋服、インテリア、車や建物などレトロな街並みなど、どれをとっても本当に素敵。この映画を見るとオン眉にしたくなります(笑)

もちろん、ただのおしゃれな映画ではなく、ストーリーもどこかリアルで、背伸びしたいジェニーの気持ちがすごくわかるなと感じました。見る年齢によって、感じ方が変わりそうな映画です。(編集部 Waka)

ジェニーになりきりたい

いかがでしたか?

今回は、幅広いジャンルで雰囲気のある映画を紹介しました。見終わった後は、主人公の真似をして素敵な服を身にまといたくなったり、うっとりする優雅な時間を過ごしたくなるはず♡ぜひ、次回の映画選びの参考にしてみてくださいね!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS

EDITOR / STYLE HAUS

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧