人の視線は先端に集まる。「ロールアップ」でこなれ感を出すコツとは?
2020/02/23
1099 VIEWS

人の視線は先端に集まる。「ロールアップ」でこなれ感を出すコツとは?

Photo by:www.instagram.com

手首や足首の袖や裾をまくり上げる「ロールアップ」。このテクニックを上手に取り入れることができれば、コーディネートをいい感じにアレンジすることができます。今回はそんなロールアップのコツをご紹介します。

くるぶしを出して軽快さUP

ロールアップといえばまずはパンツ。コーディネートにもよりますが、丈が長く足首に溜まってしまったり、地面についてしまうようなパンツはだらしない印象に。
そんな時は、ロールアップでスッキリ見せましょう!
くるぶしを見せる程度にロールアップすれば全体のバランスが取りやすいですよ。

袖は無造作にまくる

足元だけでなく、手元にだってロールアップは有効です。ジャケットやシャツを羽織る時のまくり方はベーシックな2つおりか、3つおりがオススメ!
ポイントは綺麗におりすぎないこと。クシャッと無造作にたくし上げるくらいがいい感じです!

小物をプラス

ロールアップした手元や足元は寂しくなりがち。腕時計やアクセサリーをプラスすることで、こなれ感をさらにUPしましょう!
足元は、アンクレットや見せ靴下で遊んでみるのもオススメですよ。

目立つ部分こそ気を使おう!

タイトル通り、人の視線は先端に集まるといわれています。
体でいえばそれは手足。
ロールアップの有無によって同じ服装でも印象はガラッと変わります。
油断すると気が回りづらい部分だからこそ、オシャレに魅せることができれば人より一歩進んだコーデが完成しますよ!

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧