【混合肌・脂性肌にオススメ】PENE GREEN(ペネグリーン)のブルーオイルで皮脂をコントロールしよう♡
2020/03/09
975 VIEWS

【混合肌・脂性肌にオススメ】PENE GREEN(ペネグリーン)のブルーオイルで皮脂をコントロールしよう♡

Photo by:www.instagram.com

韓国のコスメブランド「PENE GREEN(ペネグリーン)」から登場しているブルーオイルが巷で話題に!実はこちら、皮脂をコントロールする効果のある脂性肌向けのオイルなんです♡その効果とは一体!?後半では乾燥肌に向けたレッドオイルもご紹介しています。最後までお見逃しなく!

韓国発コスメブランド『PENE GREEN(ペネグリーン)』

ナチュラルコスメブランド「PENE GREEN(ペネグリーン)」は、真のスキンケアを追求し、全ての肌タイプの人が使えるアイテムを多く揃えています。自然の生命力を用いたスキンケアが特徴で、使用されている成分は全てスキンディープにて高い評価を受けたものだけを使用しています。

Talk women01

スキンディープとは、EWGという非営利団体が運営しているサイトです。化粧品などの危険度を色や点数で評価し、消費者にとって有益な情報を提供してます


“ブルーオイル”とは

Talk women01

「皮脂が気になるのにオイル!?」と疑問に思った方もいるかと思いますが、こちらのブルーオイルは“脂性肌にはオイルが合わない”という概念を覆してくれるものなんです!

〜BOTANIC BLUE OIL〜

スキンケアにおいて保湿を意識する方は多いと思いますが、皮脂のコントロールについて考えたことはあるでしょうか?こちらのブルーオイルは水分・油分バランスを整える事を重視したオイルで、皮脂に悩む方にこそ使って欲しいアイテムと言えます。

ブルーオイルで期待できる「5つの効果」

・皮膚の鎮静
・水分、油分のバランスを整える
・保湿
・肌に栄養を補給する
・皮脂を調整する

以上の5つの効果を期待することができます。乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌してしまっているパターンや、肌が赤く火照っている時にもオススメです。

Talk women01

ペネグリーンの製品は全て“皮膚刺激テスト”をクリアしたものなので安心して使えますね♡心配な方は自身でパッチテストを行い、様子を見ながら使用しましょう。

オイルには天然成分がたっぷり♡

ブルーオイルを構成するのはホホバオイルや椿オイル、ベルガモットオイルを含めた6つの自然由来成分。さらに、パラベンやミネラルオイルなど韓国で注意すべきと言われている20種類以上の成分は全て使用されていません。


ブルーオイルの使い方

①洗顔後、タオルで水分を拭き取ります。
②その日の肌の状態を見ながら2~3滴ほど手に取り、顔全体を包むように手のひら全体で馴染ませていきます。

Talk women01

ブルーオイルを馴染ませてからペネグリーンのマスクパックを使うのもオススメ!栄養の吸収を良くしてより高い効果を得ることができますよ♡

乾燥肌に向けたレッドオイルも!

ブルーオイルとは対照的な、保湿をメインとしたタイプです。肌にエネルギーを与え皮膚のバリアを強化してくれます。乾燥が気になるけど水光肌になりたい!という方にオススメ。全体的にハリを失ったお疲れ気味のお肌にも効果を期待できます。

Talk women01

皮脂が多めで肌のバランスを整えたい方はブルー。乾燥がひどく肌に活力が無いと感じる方はレッドがオススメです◎

ブルーオイル、取り入れてみる??

いかがでしたか?保湿だけがメインと思われがちなオイルのイメージが少しでも変わるきっかけになれれば幸いです。オイル以外にもお肌に優しい様々なスキンケアが販売されているので、気になる方は是非チェックして見てくださいね♡

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

りりー

EDITOR / りりー

コスメをこよなく愛する美容ライター。『ココロがときめく記事』をモットーに、誰でも簡単にできる美容法や最新のコスメ情報をお届けします。
/日本化粧品検定一級/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧