トップス至上主義から脱却!大人の"品"はボトムス選びで決まる。【買うべきボトム3選】
2020/03/11
2953 VIEWS

トップス至上主義から脱却!大人の"品"はボトムス選びで決まる。【買うべきボトム3選】

Photo by:www.instagram.com

結局いつも同じボトムスになってしまう。アウターやトップスは買うけどボトムスは後回し。意外と多いファッションあるあるですよね。ですが、オシャレ度をUPするためには下半身こそ大事なんです!今回は悩ましい日々のコーディネートを助けるボトムスをご紹介します。

下半身の重要性

洋服はトップスなど上半身に意識がいきがち。もちろん上半身は大事ですが、全体的なコーディネートの軸になるのは下半身です。
1日のコーデを決める時や新たにアイテムを購入する時は、ぜひボトムスから優先して選びましょう。

使えるボトムス3選

ボトムスは最低3本持っていれば日々のコーディネートに困ることはありません。

ブラックのテーパードパンツ

素材はなんでもOK。形は細身のテーパードシルエットを選びましょう。黒パンツはドレスにもカジュアルにも使える便利なアイテム。また、収縮色である黒とテーパードシルエットが相まって美脚効果も狙えます。

グレーのスラックス

こちらも万能なボトムスであるスラックス。大人のオシャレには欠かせない1本です。黒でも良いですが、すでに黒パンツを持っている場合はグレーがおすすめです。
履くだけでドレッシーな雰囲気をプラスしてくれる優秀なアイテムです。

デニム

キングオブカジュアルといっても過言ではないボトムスの代表格。持っていない人はいないかもしれませんが、念のために。
ただし、デニムはカジュアル度MAXアイテム。合わせる洋服はなるべくドレスよりのものを。

おすすめコーディネート

参考までにおすすめのボトムスを使ったコーディネートをご紹介します。

ブラックのテーパードパンツ

グレーのスラックス

ストレートデニム

共通するのは細身のシルエットであること。洋服はシルエット1つでもだいぶ印象が変わります。
裾はスッキリさせて野暮ったいイメージを回避。デニムの場合は足元に革靴を持ってくることでドレス要素をプラスしています。
3人とも落ち着いたイメージの獲得に成功していますよね?

ワードローブの軸になる3本を

しつこいようですが、ボトムスはまず3本揃えましょう。増やしすぎてタンスの肥しにしてしまっては意味がありません。最低限3本あれば、様々な組み合わせを楽しむことができます。
紹介したボトムス達は、いずれも使い勝手は抜群のはず。「持ってないよ」という方はぜひお試しあれ!

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。Twitter: https://twitter.com/ICHI09609068

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧