おうちが癒し空間に♪リゾートコテージに学ぶ、ヘルシー&リラクシーなお部屋づくりのコツ
2020/04/01
1829 VIEWS

おうちが癒し空間に♪リゾートコテージに学ぶ、ヘルシー&リラクシーなお部屋づくりのコツ

Photo by:www.instagram.com

「ホテルライクなお部屋には憧れるけれど、ちょっと味気ないかな?」「お部屋を癒し空間にしてみたいけれど、理想に近づかない…」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?そんなみなさんにおすすめなのが「リゾートコテージ」風のお部屋。どんなお部屋作りができるのでしょうか♪

非日常感と癒しが得られる「リゾートインテリア」はいかが?

お部屋がなんだか落ち着かない、毎日なんだか疲れが取れない…と感じている方はいらっしゃいませんか?それなら、お部屋を思い切って「癒し空間」にアレンジしてみるのはいかがでしょうか♪

癒しのインテリアには、ホテルインテリアやナチュラルインテリアなど複数のジャンルがありますが、その中でも特におすすめなのが「コテージスタイル」(リゾートスタイル)。リゾートやコテージホテル、ヴィラのような空間を目指したインテリアスタイルです。

Talk women01

自然との繋がりと開放的なインテリアは、私たちにプチラグジュアリー感と癒し、非日常感を与えてくれますよ。今回はリゾートコテージやヴィラのような、癒しとリラックスを重視したインテリア作りのコツをご紹介していきます♪

コテージスタイルのインテリアってどんな空間?

コテージスタイル(リゾートスタイル)とは、その名前の通り、南国などのコテージをイメージしたインテリア。海辺や山の中にあるヴィラのような開放的でくつろげるインテリアは、落ち着きが感じられてリラックスムードも満点です。

また、コテージやヴィラは旅行などホリデーで訪れることも多い場所柄、非日常感をイメージさせるインテリアとしても人気。あまり視覚に入る情報がなく(空間の色味がシンプル)、自然との繋がりが感じられることから、心も体もゆっくり休ませることができるインテリアでもあります。

リゾートを感じる癒し空間「コテージスタイル」空間を作るコツ

インテリアのメインカラーはニュートラルなカラーを

リゾートホテルやコテージのお部屋は、自然との繋がりを感じさせる空間作りがされています。
砂浜のサンドベージュや山のグリーン、海のブルーなど、自然界に存在するベーシックな色味が多めなのも特徴です。なるべくベーシックカラー(ホワイトやベージュ)、ナチュラルなアースカラー(ブラウンやカーキ、ディープブルー)などで空間のカラーを整えてみましょう。

Talk women01

なるべく色味は少なめに抑えるのがポイント。カーテンや床、家具はブラウン系、ちょっとした小物にグリーンやブルーを使うなど、全体の色味に自然を感じるカラーをあしらいつつ、小物にポイントカラーを使うようにすると自然です。

コットンやジュート、ウッドでまとめた空間。
こちらのように、ギリギリまで空間に散りばめる色数を減らしてみると、シンプルでリュクス感ある空間が出来上がります。

小物や家具はナチュラル系素材のものを選ぶ

カラーの次に素材をみていきましょう。
素材も、自然が感じられるものを選ぶと調和のとれた空間をより作りやすくなります。例えば、ウッドや麻やラタンなど。カラーリングもナチュラルなものが多いため、他のインテリアジャンルよりもマッチングが簡単かもしれませんね。

陽の光に美しく生えそうなオフホワイトのローソファにぴったりな無垢材のテーブルにジュートクッション。モダンな雰囲気も醸し出しつつ、ほどよくリゾート感も感じられる空間ですね。窓のようなフレームから見えるビーチのアートも素敵です。

モダンなアイテムがメインの空間でも、こちらのようにウォールアートとしてナチュラルな素材でできたオブジェを飾るとラグジュアリーホテルのような印象に♪空間に使われているカラーにマッチしたものを選べば、インテリアジャンルが違う小物でも自然に空間にマッチさせることができますよ。

ワーキングスペースも、全てウッド系アイテムでまとめるとこんなにのびのびとした空間に。さほど広い空間ではありませんが、素材やカラーが全て統一されているのでごちゃついて見えません。

お部屋のポイントとして大きめの観葉植物をおく

お部屋にぜひ取り入れていきたいのが、観葉植物!
グリーンのある空間を作れば、より本格的な癒しの空間に近づきますよね。
おすすめは大きなサイズのもの。葉っぱが大きめの南国育ちの観葉植物なら、リゾート感もアップ♪

Talk women01

南国生まれの観葉植物には、ヤシやストレリチア、モンステラ、オーガスタなどがあります。

よりリゾートホテル・コテージ感を出すなら、こちらのように等間隔に同じサイズ感の植物を並べてみるのも素敵。ポットカバーもナチュラルな素材のものを選んでみるとさらに雰囲気も上がりますね。

こちらの記事も合わせてチェック!

照明は暖色系がおすすめ

リゾートホテルやコテージのお部屋では、明るくなりすぎないないよう明かりを巧みに活用しています。ウッドなどの自然素材にマッチした暖色系ライトを使った明かりは、特にリラックス効果が高いと人気。ずっとコンビニやスーパー、オフィスにいると強い光で目が疲れてしまいがちですが、逆に明るさが低めの暖色系ライトを使うと目も休ませるることができますよ。

Talk women01

ライトを変えるのも良いですが、現在お使いのランプの電球だけ変えるだけでのお部屋の雰囲気が大きく変わってきますよ。

Talk women03

ナチュラル&リゾートテイストのランプシェードを使ってみると、普段の明かりがまた違った印象になりますよ♪

こちらの記事も合わせてチェック!

お部屋が狭めの場合は「ロースタイル」も◎

リゾートやコテージのインテリアならではの開放感は、その天井の高さや窓の大きさによる要素が高め。ご自宅がもし狭めなら、なるべく低めの家具を選んでおくと良いでしょう。ローテーブルやローソファなどでロースタイルの生活空間を作れば、お部屋の圧迫感でストレスを感じることは無くなります。

こちらはローテーブルやローソファでまとめた、床に重心をおいたインテリア。
ナチュラルな質感のアイテムに加え、背高めの観葉植物が大きなアクセントになっていますね♪

ベッドのヘッドボードのようなドライプラントがたまらないベッドルーム。
モロッコのとあるアパートの一室なのですが、アフリカらしくドライな質感のプラントや敷物が綺麗に空間に馴染んでいますね。低いベッドが、さらに広く開放的な空間を演出しています。

日常に非日常なリゾートの雰囲気を

リゾートコテージやヴィラのインテリアを参考に、ご自宅の癒し空間作りのヒントをご紹介してきました。非日常とリラックス感のある空間でもあるリゾートコテージやヴィラは、帰宅後の時間をよりリラックスしたものにしてくれる要素がたくさん詰まっています。一度にお家の空間を全てリゾートコテージやヴィラ風にするのは難しいかもしれませんが、インテリアの配色や小物選びなどを少し工夫してみてはいかがでしょうか♪

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧