おしゃれで快適な生活空間を作るなら、せめてここにお金&選ぶ時間をかけるべき!
2020/04/07
1822 VIEWS

おしゃれで快適な生活空間を作るなら、せめてここにお金&選ぶ時間をかけるべき!

Photo by:www.instagram.com

インテリアを一新したいけれど、全てにお金をかける予算もないし…とお悩みではありませんか?今回は、インテリアアイテムの中でも特に投資すべきアイテムをご紹介。お金をかけるべきアイテムを知って、ご自宅のインテリアを賢くリニューアルしてみませんか?新生活予定の方も要注目です♪

インテリアアイテムで投資すべきアイテム

新生活や引っ越し、模様替えでインテリアを一新!…したいけれど、全てにお金をかけるのはちょっと…と感じたことがある方はきっと多いはず。理想は全て自分の好きなテイスト・質感のものにしたいけれど予算に上限がある場合がほとんどですよね。そこで今回は「インテリアを一新するときお金をかけるべきアイテム」ご紹介していきます♪

1. 一番は「体に触れるもの」!

Talk women01

一番お金をかけるべきは、やはり体に触れるもの。体に触れている時間が長ければ長いほど、クオリティがものを言います。

ベッド

特に体に触れている時間が長いものといえばベッドをはじめとした寝具。
ベッドにかかわらず、お布団やマットレスも、値段よりも自分が気に入ったものを使うのがベストです。

Talk women01

ベッドは人生の1/3の時間を過ごす場所。自分好みの寝心地よりでないものを選んでしまうと、体に不調が起こりやすくなったり(肩や背中、腰の痛みなど)や睡眠が浅くなってしまうこともあります。なるべく実店舗で寝心地を試してみてから購入してみてください。

Talk men01

ベッド以外にも、枕に投資する人もいます。首の角度や質感など、できる限り時間をかけて自分好みのものを探してみましょう。快適な枕を選ぶことで、いびきが無くなったり、首の痛みが解消した方も多くいらっしゃいます。

ソファ

くつろぎスペースに置きたいソファ。
こちらも、リビングなどで過ごすことが多い方にとっては体に触れている時間が長いアイテムですよね。こちらもベッドと同じく、お好みの質感でない場合はせっかくのくつろぎタイムもくつろぎにくくなってしまいます。人によっては背中やお尻に痛みを感じることもあるかもしれません。

Talk women01

ベッドもソファも、一度買うと買い替えが大変なアイテムでもあります。しっかり寝心地や使い心地を吟味して選びたいですね。

Talk men01

模様替え頻度が高い方は、ファブリックカバーがかけられるものなど、お部屋の雰囲気に柔軟に対応できるソファを選んでおくのがおすすめ。

ダイニングテーブル

体に触れている時間はソファやベッドよりも短いながら、なるべく投資しておきたいのがダイニングテーブル。毎日食事時間に使うだけでなく、ゲストのおもてなし時にも使うアイテムでもあります。安かろう悪かろうではありませんが、あまり安いものを購入してしまうとガタがくるのが早まったり、食事の際に使いにくくなるなどデメリットが増えやすくなってしまいます。

Talk women01

筆者おすすめは天然木のダイニングセット。使えば使うほど質感や風合いが変わってくるだけでなく、お手入れをすればかなり長持ちしますよ。筆者の両親はパイン材のダイニングセットを30年以上使ってます。

Talk men01

初期投資が高い分、大切に扱おうという気持ちも高まりますし、より長く使えるだけでなく安っぽく見えません。高くても、長い目で見るとコスパも抜群なんです。

2. ファブリック

Talk women01

次に外せないのがファブリック系アイテム。面積が広めのアイテムが多い分、吟味して上質な質感のものを選ぶのがおすすめです。ファブリックの素材が良いものであればあるほど、空間がより上質な雰囲気に♪

カーテン

まずはカーテン!
お部屋に大きめの窓がある方にとっては、お部屋の中でもっとも大きなファブリックとなるアイテムです。高い生地である必要はなく、選ぶ際に重要なのは
・自分が求める機能が備わっているか
・お部屋の窓のサイズにぴったりマッチしているか
・お部屋のインテリアにマッチしているか
の3つ。
これらの条件を重視して選んでみてください。

Talk women01

特に重視していただきたいのがサイズ。ファッションと同じで、あまりに長すぎたり短すぎるものはお部屋のダサ見えに繋がってしまいます。

Talk men01

お部屋の日当たりが良すぎるなら「紫外線防止生地」、外の騒音が気になりそうなら「防音生地」を選ぶなど、高機能のものを選んでおくと生活がさらに快適になりますよ。

狭いお部屋でカーテンにお金をかけるのはちょっとな…という方や、お部屋が狭めでカーテンのボリュームがお部屋をさらに狭めてしまいそう…と感じる方は、こちらのようなブラインドもおすすめ。コンパクトにまとまり、お部屋の広さを邪魔しません。

Talk women01

近年は、ナチュラルな雰囲気のある「木製ブラインド」の需要も高まっています。

Talk men01

お掃除の手間を省くなら、ロールスクリーンタイプのカーテンもおすすめです。

ベッドリネン

大きなファブリックといえば、ベッドリネンも当てはまりますね。
高くはなくても、清潔感があり、お部屋の雰囲気にマッチしているベッドリネンさえあれば、ベッドルームがさらにおしゃれに見えてきます。寝るとき以外はほこり防止のベッドカバーをかけているというご家庭なら、ベッドカバーだけ上質なものを選ぶという方法もあり。

Talk women01

ベッドカバーやベッドリネンも、ジャストサイズで選ぶのが絶対。少しでも大きかったり小さく見えたりすると、その空間が一気にチープに見えてしまいます。

【お金の賢い使い方】毎日の生活クオリティを上げる「コンフォート原則」とは

クッションカバー

もしインテリア予算に余裕があれば、クッションカバーへの投資もぜひ考えてみてください。ベッドやソファのクッションカバーを変えてみるだけで、お部屋の雰囲気も大きく変わりますよ。ファーやレザー、キルトなど、季節ごとに使ってみたい素材を思い浮かべてみて選んでみてください。クッションカバーの素材が季節&お部屋にマッチしたものであればあるほど、旬でおしゃれ感度の高いお部屋が出来上がりますよ♪

STYLE HAUSのベッドリネン関連記事をチェックしてみよう!

3. 照明

最後にご紹介するのが照明!
特に間接照明はお部屋の雰囲気を明るさから一気に変えてくれるアイテム。デザインも大事なのですが、一番重視していただきたいのは明るさとライトの色

こちらは白色の光。
あまり温度が感じられず、モダンでひんやりとした印象です。

変わって、こちらは暖色光。
オレンジ味があり、暖かな印象です。
お部屋の印象を温かみのある印象にしたいか、そうでないかで選ぶべきライトの色は大きく変わります。

お部屋の雰囲気をアップさせたい方におすすめなのが、メイン照明だけでなく「間接照明」を使う方法。例えば、こちらのようにお部屋の隅に間接照明を置くと、暗くなりがちなお部屋の隅が明るくなり、さらに空間面積が広がって見えますよ。

間接照明を複数使う場合気をつけたいこと

メイン照明と合わせて間接照明を使う場合は、デザインが違っていても必ずライトの色は統一しておきましょう。暖色光のなかに白色光があるなど、複数の色が一空間で光っているとちぐはぐ感が出やすくなってしまいます。

インテリアも心も柔らかく♪「間接照明のあるお部屋」の作り方と嬉しい効果

予算と熟考が必要なアイテムを知って、快適でおしゃれな生活を!

インテリアを考える時に何にお金をかけるべきか、どんなアイテムに熟考が必要かご紹介してきました。

インテリアアイテムはどれも生活に欠かせないものですが、一番お金を投資すべきアイテムを知っておくだけで、新しいアイテムで生活し始めてから「こんなはずじゃなかった…」という後悔を避けることができるだけでなく、生活クオリティが大幅にアップします。そこにおしゃれさが加わると生活の満足度も大きく変わってくるはず。
生活空間の何にお金をかけるかをしっかり吟味して、生活クオリティをアップさせてみませんか?

Talk women01

おしゃれ家具やインテリア記事もSTYLE HAUSに多くあるので、ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね!

STYLE HAUSのインテリア記事をチェックする♪

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧