実は男も気にしてる。コーデの力でGETする「小顔」効果
2020/04/09
948 VIEWS

実は男も気にしてる。コーデの力でGETする「小顔」効果

Photo by:www.instagram.com

顔を少しでも小さく見せたいのは女性だけではありません。小顔に見られたい男性だって多いはず。そんな時は日常のコーディネートをちょっとだけ工夫してみましょう!今よりも少しだけ小顔に見せることができるかもしれません。是非参考にしてください。

「目の錯覚」を意識しよう

人間の目は、あらゆる対象を無意識に比較してサイズを捉えているため、比較物の大きさによって対象の印象は変化します。同じサイズであっても比較物が大きければ対象は小さく、比較対象が小さければ対象は大きく見えるのです。

この「目の錯覚」を利用すれば顔の大きさの印象を変えることも可能です。具体的には、顔の周りにボリュームを持たせること。顔周りのボリューム感を強めることで顔を小さく見せることができます。

実践可能なテクニック

小顔効果を期待をできるコーディネートテクニックをいくつかご紹介します。

顔周りに小物を使う

上述の通り、顔の周りのボリュームUPによって小顔効果を期待できます。ツバの広い帽子やストール、フード付きのアウターなどがオススメです。寒い時期にはマフラーもいいでしょう。

トップスは膨張色を選ぶ

黒や寒色系は収縮色であり顔の大きさを強調してしまいます。トップスには白や暖色系の膨張色アイテムを意識的に使いましょう。洋服の膨張効果によって顔の大きさが目立ちづらくなります。

Aラインコーデを意識する

下半身にボリュームを持ってくるコーディネートです。重心を下に置くことによって視線を下げる効果が期待できます。

小顔コーディネートのイメージ

小顔効果が期待できるコーディネートは以下の通り。

ベージュのセットアップによる色の膨張効果と、ストールを巻くことによって首回りのボリュームUPの合わせ技です。

こちらも合わせ技。ツバ広ハットに加えて白シャツによる膨張効果で小顔に見える可能性がグンっとUPします。

太めのパンツとボリューム感のあるスニーカーによって下半身に視線を誘導。またパーカーのフードが首の細さをカバーしているため小顔効果を期待できます。

少しの工夫で小顔効果

普段のコーディネートをちょっと工夫するだけで小顔効果を演出することができます。誰でも簡単に実践できる方法ばかりですので、ぜひ挑戦してみてください!

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧